FC2ブログ

芸術論『死と優美ーー十八世紀ロココ様式の美学的構造』、政治論『政治的無力ーー「来るべき民主主義」批判』の二冊を出版しました。どうぞよろしくお願いします。 

† 著作 †

かばー

→Amazon紹介画面

【内容紹介】

十八世紀前半のフランスに花開いたロココ様式。
財務総監ジョン・ローが招いた史上稀に見る金融バブルの中、貴族階級を中心に優美な文化様式として黄金時代を築き、その後フランス革命が始まる前に儚くも衰微していった。
これまで堕落したアンシャン・レジームの象徴として、ボードレールが「栓の抜けた香水瓶」とまで冷笑したロココは、二十世紀に入ってようやく国内外の文化史家から新たな再評価が進み、これまでにない輪郭を浮かび上がらせつつある。
本書はそんなロココ研究の新たな局面の成果を踏まえ、当時の絵画、音楽、彫刻、宝飾品、室内装飾、庭園――さらには恋愛観、死生観、宮廷社会の私生活までを徹底的に解剖した渾身の十八世紀論。
ラカン派精神分析から今日のオブジェクト指向存在論までを視野に据え、十八世紀フランスが持つ文化的な射程圏を限界まで引き出す試みである。
さらに当時を知るための貴重なカラー図版73点を掲載。

【本書に登場する主な哲学者、美学者、文化史家】

ジャック・デリダ、ポール・ド・マン、エリー・デューリング、ジョルジョ・アガンベン、ジャン・スタロヴァンスキー、ワイリー・サイファー、エーゴン・フリーデル、ミシェル・テヴォー、サラ・コフマン、ノルベルト・エリアス、ピエール・ブルデュー、フリードリヒ・ニーチェ、ドニ・ディドロ……
谷川渥、徳井淑子、窪田般彌、野口榮子、大野芳材、長野順子、飯塚信雄、岡田暁生、松本卓也、渡辺一夫……

【本書の構成】

目次

まえがき 5

序論 「様式」概念の批判的再構成

1 「眼」の生産 16
2 システム外への逃走 22
3 雲から墜落するマリア 27
4 「お喋りな宝石」の麗しき消滅 32

第一章 ロカイユ 

1 貝殻・蔓草・野菜 39 
2 貝殻=箱への梱包 52
3 形態の削除 60
4 太陽の二つの顔 65
5 「魔法の島」とその空隙 70
6 「鏡を備えつければ、boudoirは更に甘美なものになるかもしれない…」 74
7 「夜の女王」の戴冠、あるいはオペラ宗教 78
8 劇場空間のスコピック・レジーム 80
9 縮約の二つのモデル――実在論的/観念論的 83
10 メタバシス――没落のためのレッスン 89

第二章 ロココと精神分析     

1 死の禁止 92
2 「対象a」=ロカイユ――この繊細な線状の生き物 98
3 あるものによって「別の何か」を代理する 104
4 「女になる」(fait la femme) 107
5 彼は死にかけていた、「自分を騙して死を忘れたいと願う」ほど 114
6 原抑圧と表象不可能なもの 131
7「ラングルの刃物職人ドニ・ディドロ」 137
8 十八世紀の「オブジェクト指向絵画」(object-oriented picture) 147
9 創造と生成――諸状態の強度的な「重なり合い」(superposition) 150
10 処刑とオルガスム 162

第三章 ロココ式恋愛の源流    

1 タルタロスと共に生まれし神 173
2 クピドの親指の傷――アプレイウス『黄金の驢馬』 174
3 「宮廷風恋愛」の系譜――オウィディウス、イブン・ハズム、アンドレアス・カペルラヌス 182
4 「人間の舌で語ることのできないほどの快楽」 184

第四章 ヨーロッパ庭園史における「愛の園」の系譜

1 はじめに島があった 192
2 「愛の木」――ヨーロッパ中世庭園 194
3 「愛の迷路園」――バロック庭園 197
4 「アモールとヴィーナス」――ロココ庭園(ⅰ) 200
5 「シテール島」――ロココ庭園(ⅱ) 202
6 フラゴナールの「愛の園」 209
7 フラゴナールとニンファ 213

第五章 ロココ・ファッションの世界

1 貴婦人の私室 226
2 デザビエか、ネグリジェか――あなたのお好きなように 230
3 十八世紀フランス・ファッション史 235
4 Black Rococo ≒ Gothic fashion 242
5 「ケーキのように可愛い」プリンセス 246

第六章 オペラのアレゴリー    

1 セリアの内部にブッファを、ブッファの内部にセリアを 253
2 「夜の女王」と異種混淆性 255
3 フリーメイソンと《魔笛》 257
4 言説と音楽の齟齬――この一体の戦慄すべき小鳥 259
5 審美的サディズム――芸術の源泉としての「残酷さ」 268
6 パパゲーノとカーニヴァル 271

第七章 宮廷機械         

1 宮廷機械の諸形態 278
2 宮廷機械の亡霊的回帰 282
3 無意識にまで浸透し、絶えず我々を責め苛む、千のNoblesse oblige 283 
4 証券取引所に捧げるディヴェルティメント 286
5 むかしむかし、王様は… 289

終章 美と傷           

1 「美には傷以外の起源はない…」 294
2 美的体験とそのアリバイ 302

補論 ロココ化するラヴホテル 314

あとがき 320
参考文献 324
掲載図出典一覧 328

装幀 門倉ユカ


カバー

→Amazon紹介画面


【内容紹介】

後期デリダの政治的、倫理的な言説において重要な地歩を占める「来るべき民主主義」(une démocratie à venir)を、「主体がデモスのクラトスを遂行する一切の可能性を持たないデモクラシー」(ランシエール)という観点から、「実践性(practicality)の欠如」として批判的に読むデリダ主義者によるアンチ・デリダ論。
カール・シュミット、丸山眞男、ブルーノ・ラトゥール、アネマリー・モル、ロベルト・エスポジトらを横断しながら「実践性なき倫理」の欺瞞を炙り出す。

【本書の構成】

目次

はじめに
1章 「実践性」としての倫理

1 アネマリー・モルの「複数形の善」について
2 倫理は不可避的に「不和」に巻き込まれる
3 「実践性」としての倫理
4 倫理と宗教――デリダの「メシア的なもの」について
5 religioの語源学的解釈
6 後期デリダにおける倫理概念の構成
7 『名を救う』における「武器の放棄」について
8 デュットマンのシュミット論
9 不安をもたらす他者の存在――「友愛」と「敵対」をめぐって

2章 デモスのアクラティア――「来るべき民主主義」の政治的射程

1 「狼のノモス」恐怖症
2 ランシエールによるデリダ批判
3 宮﨑裕助「自己免疫的民主主義とはなにか」について
4 リチャード・ローティによるデリダ批判
5 「来るべき民主主義」とハイエクの「カタラクシー」
6 「政治の美学化」について
7 緊迫する国際情勢の中で

3章 国家主権と免疫系

1 多田富雄の免疫論/クレール・マランというPatiente
2 デュットマンのシュミット論の問題点
3 シュミットと免疫系
4 シュミットの「決断主義」からモルの「多重性」へ

4章 テロリズムと自己免疫疾患

1 エスポジトとデリダの免疫論
2 歓待論の問題点
3 コムニタス/イムニタスという隘路
4 コスロカヴァールのテロリズム論

5章 庭仕事とメタ・ポリティーク

1 政治哲学の三つのカテゴリー
2 民主主義の擬制形態
3 パラ・ポリティークとしてのブルデューの近代国家論
4 政治界のcompétences
5 行政機関と「事由」の概念
6 法治国家の罠
7 グローバル資本主義による民主主義の衰退
8 丸山眞男と福田歓一の民主主義論
9 polīticusの起源――庭仕事とメタ・ポリティーク
10 「感性的なものの分有」とその課題

あとがき
参考文献

スポンサーサイト

12/08のツイートまとめ 

† Twitter †

afterfinitude01

RT @matthewschmitz: Pope Francis is expected to declare John Henry Newman a saint next year. He will simply be ratifying the judgment of th…
12-08 21:16


12/06のツイートまとめ 

† Twitter †

afterfinitude01

ちなみに洗礼者ヨハネの教えを守り続けていると自負するのが現存するマンダ教(グノーシス主義)。更に付記すると、傷付いて包帯を巻きながら門の前にいる乞食のメシアというイメージは既に『法廷(サンへドリン)』に登場しており、福音書成立以前に「受難」の原型はある。
12-06 23:25

④「独立する者」の中でヨルダン川中心に活動していたのが洗礼者ヨハネ⑤30歳前後にヨハネから洗礼を受けたナザレのイエスが小規模な公的活動を開始⑥イエスの教義それ自体は復活、赦し、愛など含めて基本的にユダヤ教由来⑦イエスの死と復活を契機に贖罪概念が形成(ユダヤ教ナザレ派)
12-06 23:20

①ファリサイ派の中からラビ・ヒルレルを中心とする一派が独立②ヒルレルらがエッセネ派を形成(教祖とされる「義の教師」=ヒルレルか否かは不明)③200〜300年経過後、エッセネ派から「独立する者」と「残る者」に分裂(クムラン洞窟に残った者によるテクストがいわゆる死海文書)
12-06 23:15

決定的なことはまだ言えないが、洗礼者ヨハネとナザレのイエスに至るユダヤ教の系譜として、少なくとも欧米で基本文献とされてきたシューラー『ユダヤ民族史』第四巻から(私自身のパラフレーズも含めて)再構成すると、以下のような流れになる。
12-06 23:09

多くの人は、キリストは私たちと同じくらいの背丈だったと考えてはいないだろうか。史的には正しいが、天国のキリストは圧倒的なほど巨大である。それは『リヴァイアサン』口絵にどこか似ていて、時代も国家も異なる無数の人々が、山のようなキリストの周りに集まりつつあるという光景だった。
12-06 21:30

総括はまだ少し早いかもしれないが、2018年は私にとって驚異的だった。夏に天橋立で神秘体験をしなければ、十月に騎士会に入る決心をすることもなかっただろう。ただ、それらも私が十九の時にはっきり見た、神の右の座についたキリストの圧倒的な姿ほどに啓示的なものではない。
12-06 21:19

おそらく私がニューマン枢機卿の言葉に魂ごと抱き締められている状態にあったことが、今回の若枝の幻視と関係しているだろう。それはメイヤスーを経てベンスーサンの「メシア的現在」について考え続けてきたことの結論として、私にある確信を与えるほどの言葉だった。
12-06 21:09

カトリックの洗礼を受けられ、私と同じようにほぼ毎日何らかのかたちでキリストに想いを馳せている方であれば、幻視の類はけして珍しいことではない。実際、以前教会である御婦人からミサの最中に強烈な神体験をして拝領間近に卒倒した女性の話を聞いたこともある。神秘は私たちのすぐそばにある。
12-06 21:02

今日の午後七時半頃、今年に入って四度目の神秘体験をした。曇天の中帰路に差し掛かっていると、ポツリと頭にひとしずくの雨滴が落ちたので斜め上の空(JCTと歩道のあいだ)を眺めると、はっきりと「主の若枝」が見えた。幻視は騎士会に入って生まれたての天使を目にして以来、これで二度目になる。
12-06 20:55


12/05のツイートまとめ 

† Twitter †

afterfinitude01

ちなみにスピノザについて、シンガーは自伝的小説『ショーシャ』の序盤で敬虔なラビである父に「彼の名は消し去るべき」と、未だに当時の批判が温存されている様を描いている。その理由として、やはり「延長」における神性の序列、ないし程度上の差異について明確化されない点が示唆されている。
12-05 22:41

ヘルダー『神』を注意深く読んでいると、当時のスピノザをめぐる汎神論論争の根底には、スピノザ自身が「延長」について理路整然と展開しきれていなかった点があるのではないか。換言すれば、神を表現する実在間の強弱、リズム、程度の概念が不十分なので受肉とは何かが未解決のまま残される。
12-05 22:21

スピノザにおいては、あらゆる実在(林檎や消しゴム)が神を表現している。それら多様な実在に一なる神が延長されている。すると、神の受肉したキリストとは何なのか。キリストが仮にスピノザ的な文脈で神の実体を表現するならば、それは林檎や消しゴムのような実在とはどのように違うと説明されるか。
12-05 22:11

私はボルヘスに耽溺していた頃に彼の理論上の師であるライプニッツの著作集(旧)全巻を集めて夢中で読み勧めた時期を持つのだが、中でも『弁神論』のテオフィルとフィラレートには未だに特別な愛着がある。ヘルダー『神』も対話篇なので、スピノザをめぐる学生の楽しいやり取りとしてサクサク読める。
12-05 22:04

話題のヘルダー『神』は第二版第四対話まで読んだが、ドゥルーズがスコトゥス、スピノザの流れで概念化した「一義性」を再考する上で非常に有益な示唆を与えてくれる。とりわけスピノザにおける「表現」の問題に注目する部分、および必然性、能動性、変状などの議論も再読の補助として重要。
12-05 21:56


12/01のツイートまとめ 

† Twitter †

afterfinitude01

シンガー『悔悟者』の主人公ヨセフ・シャピロが物語後半で「聖地」を求めて降り立つイスラエルのテルアビブ。「もしヘブライ文字が使われていなかったなら、パリかマドリード、リスボン、ローマにいるようなものです」(p103)とあるように、極めて現代的な都市風景が広がっている。 https://t.co/4bv6Qz0Evr
12-01 23:30

ローゼンツヴァイクとベンスーサンが共に注目しているタルムードのメシア伝承は極めて重要だ。メシアはいつ来るか? 「今日」である。それは待つ者が真に主の道に還る日を意味する。したがって「メシアは来なかったではないか」という反対意見も「信仰」の観点から説明される。
12-01 17:49

シェーラーの文体は実はレオ・シュトラウスに類似しているのだが、そのルーツはおそらく双方が受けた幼少期のユダヤ的教育にある気がする。先行研究を網羅し、当該テクストを解釈する上でラビ文献等からの影響関係を書き出す。あくまで読みと地図作成が中心で、「私の考え」的な部分は最低限に抑える。
12-01 17:43

『メシア的時間』は私が今年出会った本の中では『啓示の哲学』と合わせて間違いなくベスト3に入る。前者の副読本として参照しているシェーラー『ユダヤ民族史』(第4巻第㉙節)もユダヤ的メシアニズムを厖大な文献から跡付ける画期的な研究で圧倒される。
12-01 17:33

論文加筆。メイヤスーの「来たるべき神」概念におけるメシアニズム的な諸相を、ベンスーサンの議論から改めて検討していた。特に彼の「メシア的現在」の概念を考える上で、シェリングの『世界年代』が重要になってくる。
12-01 17:26


プロフィール


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク