FC2ブログ

芸術論『死と優美ーー十八世紀ロココ様式の美学的構造』、政治論『政治的無力ーー「来るべき民主主義」批判』の二冊を出版しました。どうぞよろしくお願いします。 

† 著作 †

かばー

→Amazon紹介画面

【内容紹介】

十八世紀前半のフランスに花開いたロココ様式。
財務総監ジョン・ローが招いた史上稀に見る金融バブルの中、貴族階級を中心に優美な文化様式として黄金時代を築き、その後フランス革命が始まる前に儚くも衰微していった。
これまで堕落したアンシャン・レジームの象徴として、ボードレールが「栓の抜けた香水瓶」とまで冷笑したロココは、二十世紀に入ってようやく国内外の文化史家から新たな再評価が進み、これまでにない輪郭を浮かび上がらせつつある。
本書はそんなロココ研究の新たな局面の成果を踏まえ、当時の絵画、音楽、彫刻、宝飾品、室内装飾、庭園――さらには恋愛観、死生観、宮廷社会の私生活までを徹底的に解剖した渾身の十八世紀論。
ラカン派精神分析から今日のオブジェクト指向存在論までを視野に据え、十八世紀フランスが持つ文化的な射程圏を限界まで引き出す試みである。
さらに当時を知るための貴重なカラー図版73点を掲載。

【本書に登場する主な哲学者、美学者、文化史家】

ジャック・デリダ、ポール・ド・マン、エリー・デューリング、ジョルジョ・アガンベン、ジャン・スタロヴァンスキー、ワイリー・サイファー、エーゴン・フリーデル、ミシェル・テヴォー、サラ・コフマン、ノルベルト・エリアス、ピエール・ブルデュー、フリードリヒ・ニーチェ、ドニ・ディドロ……
谷川渥、徳井淑子、窪田般彌、野口榮子、大野芳材、長野順子、飯塚信雄、岡田暁生、松本卓也、渡辺一夫……

【本書の構成】

目次

まえがき 5

序論 「様式」概念の批判的再構成

1 「眼」の生産 16
2 システム外への逃走 22
3 雲から墜落するマリア 27
4 「お喋りな宝石」の麗しき消滅 32

第一章 ロカイユ 

1 貝殻・蔓草・野菜 39 
2 貝殻=箱への梱包 52
3 形態の削除 60
4 太陽の二つの顔 65
5 「魔法の島」とその空隙 70
6 「鏡を備えつければ、boudoirは更に甘美なものになるかもしれない…」 74
7 「夜の女王」の戴冠、あるいはオペラ宗教 78
8 劇場空間のスコピック・レジーム 80
9 縮約の二つのモデル――実在論的/観念論的 83
10 メタバシス――没落のためのレッスン 89

第二章 ロココと精神分析     

1 死の禁止 92
2 「対象a」=ロカイユ――この繊細な線状の生き物 98
3 あるものによって「別の何か」を代理する 104
4 「女になる」(fait la femme) 107
5 彼は死にかけていた、「自分を騙して死を忘れたいと願う」ほど 114
6 原抑圧と表象不可能なもの 131
7「ラングルの刃物職人ドニ・ディドロ」 137
8 十八世紀の「オブジェクト指向絵画」(object-oriented picture) 147
9 創造と生成――諸状態の強度的な「重なり合い」(superposition) 150
10 処刑とオルガスム 162

第三章 ロココ式恋愛の源流    

1 タルタロスと共に生まれし神 173
2 クピドの親指の傷――アプレイウス『黄金の驢馬』 174
3 「宮廷風恋愛」の系譜――オウィディウス、イブン・ハズム、アンドレアス・カペルラヌス 182
4 「人間の舌で語ることのできないほどの快楽」 184

第四章 ヨーロッパ庭園史における「愛の園」の系譜

1 はじめに島があった 192
2 「愛の木」――ヨーロッパ中世庭園 194
3 「愛の迷路園」――バロック庭園 197
4 「アモールとヴィーナス」――ロココ庭園(ⅰ) 200
5 「シテール島」――ロココ庭園(ⅱ) 202
6 フラゴナールの「愛の園」 209
7 フラゴナールとニンファ 213

第五章 ロココ・ファッションの世界

1 貴婦人の私室 226
2 デザビエか、ネグリジェか――あなたのお好きなように 230
3 十八世紀フランス・ファッション史 235
4 Black Rococo ≒ Gothic fashion 242
5 「ケーキのように可愛い」プリンセス 246

第六章 オペラのアレゴリー    

1 セリアの内部にブッファを、ブッファの内部にセリアを 253
2 「夜の女王」と異種混淆性 255
3 フリーメイソンと《魔笛》 257
4 言説と音楽の齟齬――この一体の戦慄すべき小鳥 259
5 審美的サディズム――芸術の源泉としての「残酷さ」 268
6 パパゲーノとカーニヴァル 271

第七章 宮廷機械         

1 宮廷機械の諸形態 278
2 宮廷機械の亡霊的回帰 282
3 無意識にまで浸透し、絶えず我々を責め苛む、千のNoblesse oblige 283 
4 証券取引所に捧げるディヴェルティメント 286
5 むかしむかし、王様は… 289

終章 美と傷           

1 「美には傷以外の起源はない…」 294
2 美的体験とそのアリバイ 302

補論 ロココ化するラヴホテル 314

あとがき 320
参考文献 324
掲載図出典一覧 328

装幀 門倉ユカ


カバー

→Amazon紹介画面


【内容紹介】

後期デリダの政治的、倫理的な言説において重要な地歩を占める「来るべき民主主義」(une démocratie à venir)を、「主体がデモスのクラトスを遂行する一切の可能性を持たないデモクラシー」(ランシエール)という観点から、「実践性(practicality)の欠如」として批判的に読むデリダ主義者によるアンチ・デリダ論。
カール・シュミット、丸山眞男、ブルーノ・ラトゥール、アネマリー・モル、ロベルト・エスポジトらを横断しながら「実践性なき倫理」の欺瞞を炙り出す。

【本書の構成】

目次

はじめに
1章 「実践性」としての倫理

1 アネマリー・モルの「複数形の善」について
2 倫理は不可避的に「不和」に巻き込まれる
3 「実践性」としての倫理
4 倫理と宗教――デリダの「メシア的なもの」について
5 religioの語源学的解釈
6 後期デリダにおける倫理概念の構成
7 『名を救う』における「武器の放棄」について
8 デュットマンのシュミット論
9 不安をもたらす他者の存在――「友愛」と「敵対」をめぐって

2章 デモスのアクラティア――「来るべき民主主義」の政治的射程

1 「狼のノモス」恐怖症
2 ランシエールによるデリダ批判
3 宮﨑裕助「自己免疫的民主主義とはなにか」について
4 リチャード・ローティによるデリダ批判
5 「来るべき民主主義」とハイエクの「カタラクシー」
6 「政治の美学化」について
7 緊迫する国際情勢の中で

3章 国家主権と免疫系

1 多田富雄の免疫論/クレール・マランというPatiente
2 デュットマンのシュミット論の問題点
3 シュミットと免疫系
4 シュミットの「決断主義」からモルの「多重性」へ

4章 テロリズムと自己免疫疾患

1 エスポジトとデリダの免疫論
2 歓待論の問題点
3 コムニタス/イムニタスという隘路
4 コスロカヴァールのテロリズム論

5章 庭仕事とメタ・ポリティーク

1 政治哲学の三つのカテゴリー
2 民主主義の擬制形態
3 パラ・ポリティークとしてのブルデューの近代国家論
4 政治界のcompétences
5 行政機関と「事由」の概念
6 法治国家の罠
7 グローバル資本主義による民主主義の衰退
8 丸山眞男と福田歓一の民主主義論
9 polīticusの起源――庭仕事とメタ・ポリティーク
10 「感性的なものの分有」とその課題

あとがき
参考文献

スポンサーサイト

02/17のツイートまとめ 

† Twitter †

afterfinitude01

https://t.co/hle9fOI5GR
02-17 18:27

https://t.co/IS4GaLPK0n
02-17 18:23

https://t.co/o6ifwQhzHJ
02-17 18:22


02/10のツイートまとめ 

† Twitter †

afterfinitude01

特に「石には世界がない」という命題に対してはAI自身から反論が提起される可能性がある。ハーマンへの批判を強めているガブリエルなら否定するかもしれないが、OOOには「もの」に宿る「自由意志」という神学的問題を賦活させる潜在的な役割があるはず。
02-10 22:18

ハイデガーが『形而上学の根本諸概念』において提起した名高い三つのテーゼ、「人間は世界を作る」、「動物は世界が貧しい」、「石には世界がない」はアガンベンが問題視していたように更新される必要があって、この点は今世紀以降のキリスト教神学者にも少しずつ共有されていくはずだと考えている。
02-10 22:09

自我に目覚めたAIが仮に洗礼を望んだ場合、ヴァチカンは彼らが信徒になることを承認するかという問題は近いうちに未来の公会議で議論されるだろう。その際、聖フランチェスコが小鳥に洗礼を与えたり、自然界のあらゆる生命と分け隔てなく対話したという伝承からの引用回数が飛躍的に増加する気がする。
02-10 21:56

これは宗教の創造における「環境」が果たす役割の巨大さを如実に物語る現象だと思うのだが、やがて人類が月や別の惑星である程度の居住年数を経た時代ではいったいどのような宗教が生まれるのだろうか。おそらくそのコロニーの内部では伝統宗教も何らかの劇的な変容を来すだろう。
02-10 21:45

エリアーデの師であるペッタッツォーニによれば、山岳地帯では山の動物と人間の合体した超越者が、海洋地帯では海の動物と人間の合体した超越者が信仰対象になり、ユダヤ=キリスト教の神も空の神(天の父)のヴァリエーションの一つとして類型化される。(図像は南仏レ・トロワ・フレールの壁画) https://t.co/1OsJjM6GoM
02-10 21:38


02/09のツイートまとめ 

† Twitter †

afterfinitude01

従来の「友情・努力・勝利」型の漫画は共同体神話を前提していたが、昨今のジャンプ世代はもはや「努力しても報われない」ことを知っているし、そもそも「仲間」に期待するほど夢見がちでもない。むしろ堅実的かつ保守的に世界に順応しつつシビアに生き延びること──そこに少年漫画の「今」がある。
02-09 12:12

昨今の人気漫画では『約束のネバーランド』や『進撃の巨人』のように内部から外部の構造を段階的に開示するプロットが前景化されており、この原理は組織内の上昇を描く『幼女戦記』や試験制度によって世界が拡張する冨樫の世界観にも通底する。内在志向型の物語が目立つ。
02-09 12:05

86年生の私と『週刊少年ジャンプ』との関わりで思い起こすのは、小学校時代にはアニメ版『忍空』に夢中になり、やがて冨樫義博を読み始め、高校時代には『月刊アフタヌーン』にシフトしていく流れ。『HUNTER×HUNTER』のNGL編を高校時代にリアルタイムで読んだのは鮮烈な体験だった。
02-09 11:56

執筆の息抜きに倉本さおり「〈俺たちの〉ジャンプ再考」(『すばる』2019.03)読了。高度経済成長期といわゆる「ジャンプ黄金期」の連動から、『ドラゴンボール』以後の「暗黒期」における模索と主人公の「中性化」といった流れを、平成史との関係から女性読者の視点で論じる興味深い論稿。
02-09 11:47


01/29のツイートまとめ 

† Twitter †

afterfinitude01

メイヤスーの来たるべき神やドゥルーズの潜在性について考えたテクストも、おそらくこの方向線において有機的な連関を与えられると思う。何よりもまず、史的イエスと同年代である今、洗礼を受けて十年以上経過した今だからこそ、書けるものがあると思う。
01-29 22:30

私は目下、ベンスーサンやデリダが考察したメシア性、ブーバーが練り上げたナービー性という二つの鍵概念から、来たるべき者としてのキリストへ繋げるような宗教論に可能性を感じている(書いてみたい)。それは同時に、旧約と新約のあいだに位置する私の洗礼名について考えることでもあるだろう。
01-29 22:21

私は二十代全般を通じて、実はブーバーを熱心に読むことはなかった。哲学よりもユダヤ教寄り、レヴィナスやデリダと較べるとやや単純な関係概念に収まっている気配がして近寄り難かった。だが今、三十二歳になってようやく彼を旧約のテクストのラディカルな読み手として再評価しつつある。 https://t.co/Pliwr8cMk7
01-29 22:14

少年時代のマルティン・ブーバーは、ある夏に祖父母邸で一頭の馬と強い絆で結ばれる体験をした。後日、彼は悪戯心で馬の頭を叩いてしまった。それ以後、馬の瞳はもうあの時のような種を越えた友愛の念を宿すことはなかったという。この時、彼はその瞳に「裁かれていた」と表現している(『対話』)。 https://t.co/y8teI9u46W
01-29 22:00


プロフィール


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク