FC2ブログ

芸術論『死と優美ーー十八世紀ロココ様式の美学的構造』、政治論『政治的無力ーー「来るべき民主主義」批判』の二冊を出版しました。どうぞよろしくお願いします。 

† 著作 †

かばー

→Amazon紹介画面

【内容紹介】

十八世紀前半のフランスに花開いたロココ様式。
財務総監ジョン・ローが招いた史上稀に見る金融バブルの中、貴族階級を中心に優美な文化様式として黄金時代を築き、その後フランス革命が始まる前に儚くも衰微していった。
これまで堕落したアンシャン・レジームの象徴として、ボードレールが「栓の抜けた香水瓶」とまで冷笑したロココは、二十世紀に入ってようやく国内外の文化史家から新たな再評価が進み、これまでにない輪郭を浮かび上がらせつつある。
本書はそんなロココ研究の新たな局面の成果を踏まえ、当時の絵画、音楽、彫刻、宝飾品、室内装飾、庭園――さらには恋愛観、死生観、宮廷社会の私生活までを徹底的に解剖した渾身の十八世紀論。
ラカン派精神分析から今日のオブジェクト指向存在論までを視野に据え、十八世紀フランスが持つ文化的な射程圏を限界まで引き出す試みである。
さらに当時を知るための貴重なカラー図版73点を掲載。

【本書に登場する主な哲学者、美学者、文化史家】

ジャック・デリダ、ポール・ド・マン、エリー・デューリング、ジョルジョ・アガンベン、ジャン・スタロヴァンスキー、ワイリー・サイファー、エーゴン・フリーデル、ミシェル・テヴォー、サラ・コフマン、ノルベルト・エリアス、ピエール・ブルデュー、フリードリヒ・ニーチェ、ドニ・ディドロ……
谷川渥、徳井淑子、窪田般彌、野口榮子、大野芳材、長野順子、飯塚信雄、岡田暁生、松本卓也、渡辺一夫……

【本書の構成】

目次

まえがき 5

序論 「様式」概念の批判的再構成

1 「眼」の生産 16
2 システム外への逃走 22
3 雲から墜落するマリア 27
4 「お喋りな宝石」の麗しき消滅 32

第一章 ロカイユ 

1 貝殻・蔓草・野菜 39 
2 貝殻=箱への梱包 52
3 形態の削除 60
4 太陽の二つの顔 65
5 「魔法の島」とその空隙 70
6 「鏡を備えつければ、boudoirは更に甘美なものになるかもしれない…」 74
7 「夜の女王」の戴冠、あるいはオペラ宗教 78
8 劇場空間のスコピック・レジーム 80
9 縮約の二つのモデル――実在論的/観念論的 83
10 メタバシス――没落のためのレッスン 89

第二章 ロココと精神分析     

1 死の禁止 92
2 「対象a」=ロカイユ――この繊細な線状の生き物 98
3 あるものによって「別の何か」を代理する 104
4 「女になる」(fait la femme) 107
5 彼は死にかけていた、「自分を騙して死を忘れたいと願う」ほど 114
6 原抑圧と表象不可能なもの 131
7「ラングルの刃物職人ドニ・ディドロ」 137
8 十八世紀の「オブジェクト指向絵画」(object-oriented picture) 147
9 創造と生成――諸状態の強度的な「重なり合い」(superposition) 150
10 処刑とオルガスム 162

第三章 ロココ式恋愛の源流    

1 タルタロスと共に生まれし神 173
2 クピドの親指の傷――アプレイウス『黄金の驢馬』 174
3 「宮廷風恋愛」の系譜――オウィディウス、イブン・ハズム、アンドレアス・カペルラヌス 182
4 「人間の舌で語ることのできないほどの快楽」 184

第四章 ヨーロッパ庭園史における「愛の園」の系譜

1 はじめに島があった 192
2 「愛の木」――ヨーロッパ中世庭園 194
3 「愛の迷路園」――バロック庭園 197
4 「アモールとヴィーナス」――ロココ庭園(ⅰ) 200
5 「シテール島」――ロココ庭園(ⅱ) 202
6 フラゴナールの「愛の園」 209
7 フラゴナールとニンファ 213

第五章 ロココ・ファッションの世界

1 貴婦人の私室 226
2 デザビエか、ネグリジェか――あなたのお好きなように 230
3 十八世紀フランス・ファッション史 235
4 Black Rococo ≒ Gothic fashion 242
5 「ケーキのように可愛い」プリンセス 246

第六章 オペラのアレゴリー    

1 セリアの内部にブッファを、ブッファの内部にセリアを 253
2 「夜の女王」と異種混淆性 255
3 フリーメイソンと《魔笛》 257
4 言説と音楽の齟齬――この一体の戦慄すべき小鳥 259
5 審美的サディズム――芸術の源泉としての「残酷さ」 268
6 パパゲーノとカーニヴァル 271

第七章 宮廷機械         

1 宮廷機械の諸形態 278
2 宮廷機械の亡霊的回帰 282
3 無意識にまで浸透し、絶えず我々を責め苛む、千のNoblesse oblige 283 
4 証券取引所に捧げるディヴェルティメント 286
5 むかしむかし、王様は… 289

終章 美と傷           

1 「美には傷以外の起源はない…」 294
2 美的体験とそのアリバイ 302

補論 ロココ化するラヴホテル 314

あとがき 320
参考文献 324
掲載図出典一覧 328

装幀 門倉ユカ


カバー

→Amazon紹介画面


【内容紹介】

後期デリダの政治的、倫理的な言説において重要な地歩を占める「来るべき民主主義」(une démocratie à venir)を、「主体がデモスのクラトスを遂行する一切の可能性を持たないデモクラシー」(ランシエール)という観点から、「実践性(practicality)の欠如」として批判的に読むデリダ主義者によるアンチ・デリダ論。
カール・シュミット、丸山眞男、ブルーノ・ラトゥール、アネマリー・モル、ロベルト・エスポジトらを横断しながら「実践性なき倫理」の欺瞞を炙り出す。

【本書の構成】

目次

はじめに
1章 「実践性」としての倫理

1 アネマリー・モルの「複数形の善」について
2 倫理は不可避的に「不和」に巻き込まれる
3 「実践性」としての倫理
4 倫理と宗教――デリダの「メシア的なもの」について
5 religioの語源学的解釈
6 後期デリダにおける倫理概念の構成
7 『名を救う』における「武器の放棄」について
8 デュットマンのシュミット論
9 不安をもたらす他者の存在――「友愛」と「敵対」をめぐって

2章 デモスのアクラティア――「来るべき民主主義」の政治的射程

1 「狼のノモス」恐怖症
2 ランシエールによるデリダ批判
3 宮﨑裕助「自己免疫的民主主義とはなにか」について
4 リチャード・ローティによるデリダ批判
5 「来るべき民主主義」とハイエクの「カタラクシー」
6 「政治の美学化」について
7 緊迫する国際情勢の中で

3章 国家主権と免疫系

1 多田富雄の免疫論/クレール・マランというPatiente
2 デュットマンのシュミット論の問題点
3 シュミットと免疫系
4 シュミットの「決断主義」からモルの「多重性」へ

4章 テロリズムと自己免疫疾患

1 エスポジトとデリダの免疫論
2 歓待論の問題点
3 コムニタス/イムニタスという隘路
4 コスロカヴァールのテロリズム論

5章 庭仕事とメタ・ポリティーク

1 政治哲学の三つのカテゴリー
2 民主主義の擬制形態
3 パラ・ポリティークとしてのブルデューの近代国家論
4 政治界のcompétences
5 行政機関と「事由」の概念
6 法治国家の罠
7 グローバル資本主義による民主主義の衰退
8 丸山眞男と福田歓一の民主主義論
9 polīticusの起源――庭仕事とメタ・ポリティーク
10 「感性的なものの分有」とその課題

あとがき
参考文献

スポンサーサイト

08/12のツイートまとめ 

† Twitter †

afterfinitude01

『私設図書館』はボルヘス最晩年の遺著で、マドリードのアリアンサ社から死後二年後の1988年に出版されている。
08-12 19:31

「一冊の書物とは多くの物の中の一つの物であり、それ自体の示す象徴に宿命づけられた読者と出会うまで、それは異なった宇宙を生きる無数の巻のなかに紛れている。その出会いの瞬間、美と呼ばれる唯一無二の感興が生まれる」J・L・ボルヘス『私設図書館』「序文」 https://t.co/eVBwHfvDdw
08-12 19:28


08/07のツイートまとめ 

† Twitter †

afterfinitude01

ブラシエが『ニヒル・アンバウンド』で展開した絶滅を思考することの不可能性の問題は、アーロン・ウィーセンフェルドが描くカタストロフィックな世界から解釈できるかもしれない。思惟主体まで絶滅しなければ真の絶滅とはいえない点で、事後性の問題には本質的なアポリアが伴う。 https://t.co/H2OG7aP71e
08-07 15:11

RT @Situations01: 「近くの聖ニコロ教会や聖フランチェスコ教会の鐘、修道会の小さな礼拝堂の鐘がまず最初に、砂の上を走る漣のように澄んだ、いかにも優美な音を響かせる。次にもっと遠くの大聖堂から、たっぷりと震える大きな響きが最後にやっと聞こえてくると、空には大海原の…
08-07 10:37

RT @Situations01: ※『アンジェロの朝(LE ROMAM D'ANGELO)』はタイプ打ちされた唯一の中篇小説。執筆年代の諸説は以下の通り。⑴カテリーナ・カルバーロ・ダミーコは『郵便配達夫〜』との関連性から1930年代初頭⑵妹のウベルタ・ヴィスコンティ・マン…
08-07 10:37


08/06のツイートまとめ 

† Twitter †

afterfinitude01

私も彼のように断言できれば、今の私の限界を突破してより豊かな知覚の海へ飛び立てるのだろうか。つまり、神は最初から存在していなかったのだと。だが私には洗礼を受けた翌週のミサでシスターが浮かべた、あの微笑の美しさがどこまでも残るだろう。あの慈しみだけは神と無関係に私を拘束し続ける。
08-06 22:31

リゴッティの魅力は、神、霊魂、自我、知覚、思考、意識といった相関項を全て人間が作り出した幻想に過ぎないと規定した上で、それでもなお超自然的な現象というものが実在論的な次元で起こり得、かつそれに接続可能であるということを作品を通して示したことにある。
08-06 22:24

滅亡に全身全霊で抗う人々がいる一方で、滅亡に向けてあえて疾走する人がいてもいいだろう。「街が滅んでいくのが嬉しくてたまらないのだ」──入澤康夫が鴉に語らせたこの不気味な告白に、私は地球の意思を感じることがある。
08-06 22:15

今夏の異常気象の苛烈さは、科学的な解釈とは別次元で私に何か強いメッセージのようなものを感じさせる。それは、「少しずつ滅びよ」という微笑を伴う地球自身の声だ。更にその声にバラード『沈んだ世界』の終末的な情景が加わる。滅びへの抗いを緩やかに奪っていく力の存在。
08-06 22:01

大江健三郎が以前、人間は滅びるものであるから、滅びない方向へ向かう道を示すのが私の仕事です、という戦後民主主義の自負を持つ作家らしい発言をしていた。当時の私もこれに同感したが、今やそのように考えることはできない。
08-06 21:51


08/05のツイートまとめ 

† Twitter †

afterfinitude01

ちなみに、今回の論文では怪奇実在論との関連でヒルマ・アフ・クリントとトマス・リゴッティについても言及している。
08-05 20:32

RT @jubel_brosseau: For my first Employee Picks at Powell’s Books I have chosen #ThomasLigotti and @LairdBarron, because I want to see them…
08-05 20:29

昨今、世界的な再評価が進む女流画家ヒルマ・アフ・クリントの《知恵の樹》(1913)連作の一枚。放射状に描かれた複数の可能的世界とセフィロート。ユダヤ神秘主義の中でも輪廻転生を信じたカライ派やルーリア派の教義と何らかの関係を持っていると考えられる。日本での回顧展が待望される画家の一人。 https://t.co/iKWBD9mYgp
08-05 20:23

こちらは5日間くらいかけて試行錯誤しながら作ったアンティークフレーム。19世紀に絶大な人気を誇ったカルロッタ・グリジの在りし日の姿がテーマ(アルフレッド=エデュアール・シャロンの描いたバレエ『パ・ド・カトル』より)。縁はシルバーのラメをレジンで結晶化している。 https://t.co/NCHdVv3V8u
08-05 10:22

最近作ったのは樹脂粘土のリボン。襞は葉脈と同じ方法で刻めたが、結び目が難しかった。 https://t.co/VxYN9GjSf7
08-05 10:12

興味深いのは、ハニナ・ベン・ドサやホニ、テウダスのように「奇跡」を行うと認知された人物は他にも大勢いたにもかかわらず、なぜイエスの教えが世界宗教にまで発展し得たのかという点。パウロの存在はやはり大きいが、イエスの死が引き起こした衝撃とその解釈がやはり決定的だったのでは。
08-05 08:32

史的イエスが実際にどのような人物であったかという問題は、福音書記者たちの脚色によって非常に見え辛くなっているが、AD29年にヨハネが説教を開始して翌年にイエスがガリラヤで公活動をする流れからしても、ナザレの大工がヨハネ(ないしエッセネ派)から劇的な影響を受けたことはまず間違いない。
08-05 08:21

無論、カトリック神学の観点からイエスの受洗には明確な意味付けがなされているのだが、その女性はイエスがヨハネに出会う以前、罪を犯していた可能性を示唆していた。これは実はヨハネを教祖と仰ぐマンダ教に近い考え方。イエスとエッセネ派の関係を知る上でマンダ教のルーツの問題はやはり重要だ。
08-05 08:06

それとは別に、最近心に残った言葉がある。息抜きにAmazon Primeで『洗礼者ヨハネの首』という聖遺物をめぐるドキュメンタリーを観ていたのだが、そこで進行役の女性研究者が「イエスはなぜ洗礼を受けたのか」という問を史実的な観点から改めて提起していた。
08-05 07:59

先月から集中的に取り組んでいる思弁的実在論についての新しい論文だが、そろそろ400字詰換算で150枚を越えるところまできた。最近、休日は基本的に6時間は必ず執筆して残りは文献の消化に費やしている。本腰になるとツイートさえ減ってしまうので申し訳ない。
08-05 07:45


プロフィール


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク