【  2007年11月  】 更新履歴 

  11.17.  【 † 現象学  † 】  「雑踏」についての試論   さわりを読む▼

◆2007年10月     ◆2007年11月       ◆2007年12月

「雑踏」についての試論 

† 現象学  †


 雑踏とは、音響的にはノイズである。大通りの顔の体制は、マルチチュードである。顔は交通する。ここでは、夜になると顔は減る。あるユダヤ人男性と歩道で擦れ違うとせよ。彼がイエズス・クリストと同じ顔を持たないと誰がいえよう?誰もいない歩道は常に不可能である。そこは常に可能的な他者の顔で横溢している。夜、完璧に死んだ時刻、この歩道からは完全に人が消える。翌朝、顔の交通が再開される。「無人である」ことは、都市...全文を読む

更新履歴カレンダー