【  2008年05月  】 更新履歴 

  05.06.  【 未分類 】  トーマス・D・スィーレイ『ミツバチの生態学』   さわりを読む▼
  05.06.  【 † 文芸理論 † 】  新しい文学の構想   さわりを読む▼

◆2008年04月     ◆2008年05月       ◆2008年06月

トーマス・D・スィーレイ『ミツバチの生態学』 

未分類


 ミツバチ出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ミツバチ属 Apis セイヨウミツバチ Apis mellifera 分類 界 : 動物界 Animalia 門 : 節足動物門 Arthropoda 綱 : 昆虫綱 Insecta 目 : ハチ目(膜翅目) Hymenoptera 亜目 : ハチ亜目(細腰亜目) Apocrita 上科 : ミツバチ上科 Apoidea 科 : ミツバチ科 Apidae 亜科 : ミツバチ亜科 Apidae 族 : ミツバチ族 Apinini 属 : ミツバチ属 ApisLinnaeus, 1758 ...全文を読む

新しい文学の構想 

† 文芸理論 †


 1、我々は何を描くべきなのか?文学とは、テーマの先鋭化/徹底化である。どのような小説であっても、全てはテーマを持っている点で共通している。換言すれば、テーマの定かではない全ての文学は文学ではない。例えば、ベケットの『伴侶』には一見何のテーマ性も見えないようでいて、実は強力なテーマが潜んでいる。「書くことの無―意味」である。これは実は現代文学のほぼ全域に汚染されている潜在的な主題である。出発点は、「P...全文を読む

更新履歴カレンダー