【  2010年02月  】 更新履歴 

  02.28.  【 † 美術/アート † 】  エドゥアルド・ナランホの絵画を核にした、終末のエセー   さわりを読む▼
  02.28.  【 † 美術/アート † 】  ダナイスにおける戦闘論   さわりを読む▼

◆2010年01月     ◆2010年02月       ◆2010年03月

エドゥアルド・ナランホの絵画を核にした、終末のエセー 

† 美術/アート †


 「明日死ぬ前に、この絵を観れて良かった」。絵は音楽、文学、哲学、神学よりも天才的である。絵こそ最高の創造の表現手段である。小説がいつから下らなくなったのだろうか。私が好きなのは、大江健三郎、ホルヘ・ルイス・ボルヘス、サミュエル・ベケット、W・G・ゼーバルトくらいだ。これだけいれば十分ではないか、と貴女はいうのであろうか?だが、彼らには十代後半から二十代前半に出会い、今は過去の遺物と化している。私は...全文を読む

ダナイスにおける戦闘論 

† 美術/アート †


 哲学も、神学も、恋愛も、全てが私にとって絶望的であると悟った今、私に残されていることとは何であるのか?根源的に問い直さねばならない。「哲学は役に立たない」(by ハイデッガー)。今の私のこの圧倒的な空虚感は、ただひたすらアルトドルファーのこの絵にしか投影できない。私はこれまで小説を書いてきたが、“最早それも私を救いはしない”。私は明日にでも自殺すべきであるのか自殺すべきであるのに自殺しないのは私が勇気で...全文を読む

更新履歴カレンダー