【  2010年12月  】 更新履歴 

  12.22.  【 † キリスト教神学 † 】  イエスの「奇蹟」を、現に知覚するためには、聖書を「読む」上で、自己をその場に居合わせた一人の観察者として、認識することが必要になる   さわりを読む▼
  12.22.  【 † 文学 † 】  ヘルタ・ミュラーの短編集から~   さわりを読む▼

◆2010年11月     ◆2010年12月       ◆2011年01月

イエスの「奇蹟」を、現に知覚するためには、聖書を「読む」上で、自己をその場に居合わせた一人の観察者として、認識することが必要になる 

† キリスト教神学 †


 「あの二本のオレンジ色の塔を越えた辺りに、私が暮らしている家が、ある」今日、私は夜に堤防をサイクリングしていたが、その時感じていたのは「啓示がこの空間の、どのあたりに、現にあるか―転がっているのか」という些細な問題だった。「啓示」というのは、それを得ることによって主体が超越化するものである。そのようなものはサイクリングしている限り、見つけることができなかった。ただし、私は「世界」を、観たのであって...全文を読む

ヘルタ・ミュラーの短編集から~ 

† 文学 †


 ヘルタ・ミュラー短編集 澱み(2010/10/14)ヘルタ・ミュラー商品詳細を見るヘルタ・ミュラーは2009年にノーベル文学賞を受賞した、若い頃の美貌を感じさせるルーマニア生まれのドイツ系女流作家である。これは彼女が内面的な苦悩から、書かざるを得なかったという短編集である。「ヴルッチュマンさん」の感想だけここに書いておきたい。これは、よくある話といえばそうなのだが、戦争世代の老人が「イマドキの若者は! たるん...全文を読む

更新履歴カレンダー