【  2012年08月  】 更新履歴 

  08.03.  【 † 文芸理論 † 】  小説の基礎学習(6) テス・ギャラガー「ふくろう女の美容室」   さわりを読む▼
  08.03.  【 † 文芸理論 † 】  小説の基礎学習(5) 久生十蘭「黄泉から」   さわりを読む▼
  08.03.  【 † 文芸理論 † 】  小説の基礎学習(1) ジェイムズ・ジョイス「イーヴリン」   さわりを読む▼
  08.03.  【 † 文芸理論 † 】  小説の基礎学習(2) オーギュスト・ヴィリエ・ド・リラダン「ヴェラ」   さわりを読む▼

◆2012年07月     ◆2012年08月       ◆2012年09月

小説の基礎学習(6) テス・ギャラガー「ふくろう女の美容室」 

† 文芸理論 †


 ふくろう女の美容室 (新潮クレスト・ブックス)(2008/07)テス ギャラガー商品詳細を見る本作には起承転結といった展開はなく、掌編らしくヘアサロンでの人間観察が主な内容となっている。フランクという白髪の男性に対する主人公の気持ち(たまたま美容室で出会った男性が、もしも人生のパートナーだったら? といった感じの想像)が本作の中心である。「起」シャンプー中場所は「アウルウーマン・サロン(ふくろう女の美容室)」...全文を読む

小説の基礎学習(5) 久生十蘭「黄泉から」 

† 文芸理論 †


 久生十蘭短篇選 (岩波文庫)(2009/05/15)久生 十蘭商品詳細を見る久生十蘭の短編「黄泉から」は、死者への鎮魂を感じさせる、美しく幻想的な掌編である。三人称で、「映し手」(筆者の視点が同化した登場人物)」視点のスタイルである。「起」(駅ホーム)冒頭に場面、季節、時間、主人公(光太郎、美術商)についての説明があるので基本的な形式である。「ルダン」という男性が登場し、戦死者たちの追悼式をするという話を主人公に...全文を読む

小説の基礎学習(1) ジェイムズ・ジョイス「イーヴリン」 

† 文芸理論 †


 ダブリンの市民 (岩波文庫)(2004/02/19)ジョイス商品詳細を見る小説の基礎を学ぶために、ジェイムズ・ジョイスの「Eveline」を「物語の構成、起承転結、改行の作法、会話文の特質、場面転換」などに注目して読解する。「カメラワークによる裁断」彼女が窓辺で並木通りを眺めている。時刻は夕暮れだ。冒頭で、「時間/空間/人物/その人物の感情の状態」が読み取れる。○部屋の中まず、「彼女は疲れている」とある。「頭をカーテン...全文を読む

小説の基礎学習(2) オーギュスト・ヴィリエ・ド・リラダン「ヴェラ」 

† 文芸理論 †


 フランス短篇傑作選 (岩波文庫)(1991/01/16)不明商品詳細を見るリラダンの高貴な「死」の物語この上なく高貴で美しい掌編である。およそこれ以上ないほど気高く、荘厳な美しさで覆われている世界だ。小説の基礎を学ぶ上では、一体どのような学習成果が得られるだろうか。まず、物語を要約しておこう。ダトール伯爵は美貌の貴婦人ヴェラと出会い、運命的な恋に堕ちる。だが、それは恋を超越した究極の狂愛ともいうべきもので、二人...全文を読む

更新履歴カレンダー