【  2012年11月  】 更新履歴 

  11.22.  【 † 映画 † 】  キャメロン・ディアス×ケイト・ウィンスレットの恋愛映画『ホリデイ』   さわりを読む▼
  11.22.  【 † キリスト教神学 † 】  ヨハネまでの果てしなく長い道のり   さわりを読む▼
  11.21.  【 † 文学 † 】  「震災文学」の新しい地平としての、ウェルギリウスの『農耕詩』再評価   さわりを読む▼
  11.17.  【 † 映画 † 】  フィリップ・カウフマン『クイルズ』   さわりを読む▼
  11.10.  【 † 映画 † 】  ヴィンセント・ギャロ『バッファロー'66』――アンニュイで、アウトローな、ナルシシスト   さわりを読む▼
  11.10.  【 † 映画 † 】  色んな映画紹介   さわりを読む▼
  11.10.  【 † 映画 † 】  ビリー・ワイルダー『あなただけ今晩は』   さわりを読む▼
  11.05.  【 † 音楽 † 】  *読書中に時々流す曲の紹介*   さわりを読む▼
  11.01.  【 † 建築学 † 】  『トウキョウ建築コレクション』―2010、2011年の私的記録   さわりを読む▼

◆2012年10月     ◆2012年11月       ◆2012年12月

キャメロン・ディアス×ケイト・ウィンスレットの恋愛映画『ホリデイ』 

† 映画 †


 ホリデイ [DVD](2012/04/13)キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット 他商品詳細を見る キャメロン・ディアスとケイト・ウィンスレット共演の『ホリデイ』を観た。監督はアメリカの女流映画監督ナンシー・マイヤーズ。 雰囲気で言うと、クロード・ルルーシュの『男と女』をもっとハリウッド風に明るくした「優しさ」を感じた。クリスマス・イヴまで間近という時期に、一方は夫が浮気をして関係が悪化し、一方は信頼してい...全文を読む

ヨハネまでの果てしなく長い道のり 

† キリスト教神学 †


 by  Massimo Stanzione私は「教会」を喪失しつつある。これまでは毎週安息日には必ず参加していたが、シフトの関係上、ほとんど絶対的にミサには行けなくなった。二日前には、ずっとある婦人に貸して頂いていた本を別の信者の方に返してきた。私は「教会」を喪失しつつある。仕事からの帰り、雨の中、私はひとが一人しかいない商店街を少しだけ見やった。その先に「洗礼者聖ヨハネ」は存在したのであろうか?彼は、古い時代に亡く...全文を読む

「震災文学」の新しい地平としての、ウェルギリウスの『農耕詩』再評価 

† 文学 †


 牧歌/農耕詩 (西洋古典叢書)(2004/05)ウェルギリウス商品詳細を見る3.11は、多くの識者が語っているように、天災と人災の二つの側面を持っている。天災とはいうまでもなく「大地震」のことだが、むしろ問題が顕在化したのは「原発」という本質的に人類にとって危険な技術による「人災」の方だった。この問題をめぐる経済・産業界を含む多様な論議は現在も続いている。このページでは、この「天災」と「人災」を、より根本的な概念...全文を読む

フィリップ・カウフマン『クイルズ』 

† 映画 †


 クイルズ (特別編) [DVD](2012/03/16)ジェフリー・ラッシュ、ケイト・ウィンスレット 他商品詳細を見る フィリップ・カウフマンによる、サド侯爵の「エクリチュール」をテーマにした映画『クイルズ』(2000)を観た。最初に書いておかねばならないが、本作は全編英語であり、アメリカ映画である。 舞台は1794年のシャラントン精神病院で、ケイト・ウィンスレット演じるマドレーヌは院内の家政婦として働いている。院内で信頼も...全文を読む

ヴィンセント・ギャロ『バッファロー'66』――アンニュイで、アウトローな、ナルシシスト 

† 映画 †


 バッファロー'66 [DVD](2007/02/09)ヴィンセント・ギャロ、アンジェリカ・ヒューストン 他商品詳細を見る1998年にアメリカで公開された個性派アーティストのヴィンセント・ギャロ監督、演出、主演による「青春映画」。一部でカルト的な人気を誇り、Amazonでのレビューも高評価の多い作品だ。主人公のビリー・ブラウンは出所したばかりのアウトローで、粗暴で攻撃的だがどこかに少年的な臆病さを宿しているような青年だ。ギャロの容...全文を読む

色んな映画紹介 

† 映画 †


 ある日どこかで [DVD](2003/11/28)クリストファー・リーヴ、ジェーン・シーモア 他商品詳細を見るこれは私の母親が25年前に観て、内容を忘れている面があるものの今でも語り口にするほど好きな作品らしい。今回、私は初めてこれを観たのだけれど、タイムトラベルものの設定にラヴロマンスを融合させたような作品だった。ラストの「窓辺のカーテン」の描写などは、ほとんど神秘的といってもいいほどの美しさを感じさせた。タイム...全文を読む

ビリー・ワイルダー『あなただけ今晩は』 

† 映画 †


 あなただけ今晩は [DVD](2008/06/27)シャーリー・マクレーン、ジャック・レモン 他商品詳細を見る イルマ・ラ・ドゥース――60年代のカサノバ通りを代表する個性的な娼婦である。彼女はヘビースモーカーで、たいてい犬を連れて街路に立っている。相性となるシンボルカラーは緑色だ。リボンからスカート、化粧まで彼女は緑にこだわっている。シャーリー・マクレーンが演じたこのイルマという架空の女性には、何か不思議な魅力が宿っ...全文を読む

*読書中に時々流す曲の紹介* 

† 音楽 †


 ...全文を読む

『トウキョウ建築コレクション』―2010、2011年の私的記録 

† 建築学 †


 トウキョウ建築コレクション〈2011〉全国修士設計・論文・プロジェクト展(2011/07)トウキョウ建築コレクション2011実行委員会商品詳細を見るトウキョウ建築コレクション〈2010〉(2010/07)トウキョウ建築コレクション2010実行委員会商品詳細を見る『トウキョウ建築コレクション』は建築デザインや論文で優秀だったものをカタログ化した本で、今回2010年、11年度の作品集を読んでみた。どれも素晴らしく刺激的なテーマを持っていて、...全文を読む

更新履歴カレンダー