【  2013年05月  】 更新履歴 

  05.02.  【 † 神秘主義 † 】  フランツ・アントン・メスメルが与えた文学的影響について――マリア・M・タタール『魔の眼に魅されて――メスメリズムと文学の研究』   さわりを読む▼

◆2013年04月     ◆2013年05月       ◆2013年06月

フランツ・アントン・メスメルが与えた文学的影響について――マリア・M・タタール『魔の眼に魅されて――メスメリズムと文学の研究』 

† 神秘主義 †


 魔の眼に魅されて―メスメリズムと文学の研究 (異貌の19世紀)(1994/04)マリア・M. タタール商品詳細を見る いつの時代も、文学は神秘主義やオカルティズムと結託する傾向を常に孕んでいる。ハーヴァード大学ドイツ文学教授のマリア・M・タタールは『魔の眼に魅せられて――メスメリズムと文学の研究』の中で、18世紀のロココ時代において流行したメスメリズムがそれ以後の作家たちに与えた文学的影響について考察している。文学と魔...全文を読む

更新履歴カレンダー