【  2013年10月  】 更新履歴 

  10.27.  【 † 文芸理論 † 】  憧れの先輩を、校庭の片隅で見つめる繊細な少年としてのニーチェ――新しいニーチェ論の地平に向けて   さわりを読む▼

◆2013年09月     ◆2013年10月       ◆2013年11月

憧れの先輩を、校庭の片隅で見つめる繊細な少年としてのニーチェ――新しいニーチェ論の地平に向けて 

† 文芸理論 †


           by Gottfried Helnwein  今の時代、ニーチェのような人間はどこにもいなくなった。かつてニーチェを愛してニーチェのように生きようと希求していた青年も、いつの間にか平凡な凡夫に収まる。我々は常に、ニーチェが読者になっていることを想定して書く必要がある。「 いっさいの書かれたもののうち、私はただ、血をもって書かれたもののみを愛する。血をもって書け。そうすれば、君は知るだろう。血が精...全文を読む

更新履歴カレンダー