【  2014年02月  】 更新履歴 

  02.10.  【 † 神秘主義 † 】  パラケルススの妖精論、薬草論、シグナトゥラ説、あるいは魔術論について   さわりを読む▼
  02.10.  【 † ヨーロッパ庭園学 † 】  イギリス庭園を学ぶための基礎知識(1)【18世紀以前の古典主義庭園に見られる技法】    さわりを読む▼

◆2014年01月     ◆2014年02月       ◆2014年03月

パラケルススの妖精論、薬草論、シグナトゥラ説、あるいは魔術論について 

† 神秘主義 †


 source Imperfiction○ イタリア・ルネサンスの時代パラケルススが活躍した時代はヘルメス学が興隆したルネサンス期である。しかし、彼はフェラーラ大学で博士号を取得した後、九年間もかけて時計回りにヨーロッパを遍歴する旅に出る。いわば在野の思想家であり、アカデミズムの外部から思想を構築した“野性的思考”の持ち主である。彼が植物、動物、妖精、鉱物などに類稀なる知識を深めたのも、こうした大学の外部での学習が源泉と...全文を読む

イギリス庭園を学ぶための基礎知識(1)【18世紀以前の古典主義庭園に見られる技法】  

† ヨーロッパ庭園学 †


 【18世紀以前の古典主義庭園に見られる技法】「central axis(中央軸線)」「正方形・長方形など、整然とした庭空間の中央をまっすぐに貫いて走る通路」。庭の中央は王侯貴族の行列が通る目的にも使われ、このようにシンメトリカルに左右に分割されることが多い。庭空間の秩序化は、支配者が森羅万象を秩序化できる力の持ち主であることを象徴する。「fountain(噴水)」十字軍兵士が遠征先で見たイスラム様式の噴水が西欧圏に影...全文を読む

更新履歴カレンダー