【  2014年03月  】 更新履歴 

  03.25.  【 † 美学 † 】  ソフトフォーカスの系譜学、あるいは「幽霊」を幻視するための仮説ーーヴォルフガング・ウルリヒ『不鮮明の歴史』読解   さわりを読む▼

◆2014年02月     ◆2014年03月       ◆2014年04月

ソフトフォーカスの系譜学、あるいは「幽霊」を幻視するための仮説ーーヴォルフガング・ウルリヒ『不鮮明の歴史』読解 

† 美学 †


 ハインリヒ・キューンの「幽霊」絵画の手法におけるソフトフォーカスが持つ効果に注目している。経済学者でもあり一級の美術評論家でもあったアダム・ミュラーは1808年に著した『風景画雑感』という短い評論の中で、ソフトフォーカス(ぼかし)の効果について以下のように記している。ソフトフォーカスの特徴�幼年時代の記憶を揺さぶる�現世的事物の輪郭が薄らぐことで、どこか霊的な意味が生まれる。�も...全文を読む

更新履歴カレンダー