FC2ブログ

【  2014年05月  】 更新履歴 

  05.08.  【 † 展覧会 † 】  オフィーリアの変容、あるいはリアリズムの多様性――「驚くべきリアル」展/スペイン、ラテンアメリカの現代アート‐MUSACコレクション‐(東京都現代美術館)の記録   さわりを読む▼

◆2014年04月     ◆2014年05月       ◆2014年06月

オフィーリアの変容、あるいはリアリズムの多様性――「驚くべきリアル」展/スペイン、ラテンアメリカの現代アート‐MUSACコレクション‐(東京都現代美術館)の記録 

† 展覧会 †


 【今回の出展で特に印象的だった作品について】 共通して感じたのは、アウエルバッハが『ミメーシス』で提示してみせた、多種多様な「リアリズム」の方法論である。これらのアーティストは共に現実をそれぞれの個性的なスタイルで「異化」している。今回の展覧会では総体的に全てを包括するコンセプトとして「リアル」――つまり、リアリズムの表現が提示されている。概念として最もこの企画に相応しいと感じさせたのは、カルメラ・...全文を読む

更新履歴カレンダー