【  2014年06月  】 更新履歴 

  06.11.  【 † 文学 † 】  パルス・プロ・トト(全体に代わる部分)としての神――ハンガリーを代表するポストモダン作家にして名門エステルハージ家の末裔、エステルハージ・ペーテルの代表作『ハーン=ハーン伯爵夫人のまなざし―ドナウを下って』の世界   さわりを読む▼

◆2014年05月     ◆2014年06月       ◆2014年07月

パルス・プロ・トト(全体に代わる部分)としての神――ハンガリーを代表するポストモダン作家にして名門エステルハージ家の末裔、エステルハージ・ペーテルの代表作『ハーン=ハーン伯爵夫人のまなざし―ドナウを下って』の世界 

† 文学 †


 ハーン=ハーン伯爵夫人のまなざし―ドナウを下って (東欧の想像力 3)(2008/11/30)ペーテル エステルハージ商品詳細を見る  エステルハージ・ペーテルは現代ハンガリーを代表する小説家で、ハンガリーの名門エステルハージ家の末裔である。彼は二十代の頃から小説を書き始め、『生産小説』(1979)のポストモダン的作風で賛否両論を巻き起こした。彼の作品群はヨーロッパ圏を含め世界20カ国以上で翻訳され、現在はハンガリーを代表...全文を読む

更新履歴カレンダー