【  2015年08月  】 更新履歴 

  08.31.  【 † 著作 † 】  【*売上御礼*】世界的関心が高まるQ・メイヤスーの神論に真正面から文学的応答を試みた表題作の他、〈聖性〉を主題化した鈴村智久による渾身の最新小説集『私たちの存在の墓で』   さわりを読む▼
  08.31.  【 † 著作 † 】  首都大学東京(フランス語圏文化論)准教授で日本を代表するデリダ研究者として名高い西山雄二先生が鈴村智久の詩集『薔薇苑:ROSERAIE』』をRTして下さいました!   さわりを読む▼
  08.29.  【 † 表象文化論 † 】  représentation(表象)に滑り込む「亡霊」の足跡――ジャック・デリダの注目作『プシュケー』収録の表象論「送付」を読み解く   さわりを読む▼
  08.29.  【 † Twitter † 】  08/28のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.26.  【 † 著作 † 】  【お知らせ】鈴村智久の最新小説『メタフォリカル・オートフィクション』が発売しました。どうぞよろしくお願い致します。   さわりを読む▼
  08.26.  【 † Twitter † 】  08/25のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.25.  【 † Twitter † 】  08/24のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.24.  【 † Twitter † 】  08/23のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.23.  【 † Twitter † 】  08/22のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.22.  【 † Twitter † 】  08/21のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.21.  【 † 建築学 † 】  20世紀を代表するイタリアの建築理論家アルド・ロッシを学ぶための基礎文献ーー田中純『都市の詩学―場所の記憶と徴候』×アルド・ロッシ『科学的自伝』   さわりを読む▼
  08.21.  【 † 建築学 † 】  ヨーロッパ建築史において、「ナチズム様式」は実在したのか?ーー現代ドイツを代表する建築史家ヴィンフリート・ネルディンガー(ミュンヘン工科大教授)の名著『建築・権力・記憶――ナチズムとその周辺』について   さわりを読む▼
  08.21.  【 † 美学 † 】  『デカメロン』中の知られざる怖るべき物語と、ボッティチェッリの戦略ーー現代ヨーロッパを代表する美術史家ジョルジュ・ディディ=ユベルマンの代表作『ヴィーナスを開く』について   さわりを読む▼
  08.21.  【 † Twitter † 】  08/20のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.20.  【 † 文芸理論 † 】  現代詩における「非定型のform」、「自由なstyle」――『現代詩手帖』バックナンバーを読む   さわりを読む▼
  08.20.  【 † 文芸理論 † 】  現代文学理論の基礎概念ーー小説を書く/読む人のための基礎知識   さわりを読む▼
  08.20.  【 † 文芸理論 † 】  「今、前衛的であるとは?」ーー シュルレアリスム、ヌーヴォー・ロマンからパンジェ、クルジジャノフスキィ、円城塔まで   さわりを読む▼
  08.20.  【 † Twitter † 】  08/19のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.17.  【 † Twitter † 】  08/16のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.16.  【 † Twitter † 】  08/15のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.15.  【 † Twitter † 】  08/14のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.14.  【 † Twitter † 】  08/13のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.13.  【 † Twitter † 】  08/12のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.12.  【 † Twitter † 】  08/11のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.11.  【 † Twitter † 】  08/10のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.09.  【 † Twitter † 】  08/08のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.07.  【 † Twitter † 】  08/06のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.05.  【 † Twitter † 】  08/04のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.04.  【 † Twitter † 】  08/03のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.03.  【 † Twitter † 】  08/02のツイートまとめ   さわりを読む▼

◆2015年07月     ◆2015年08月       ◆2015年09月

【*売上御礼*】世界的関心が高まるQ・メイヤスーの神論に真正面から文学的応答を試みた表題作の他、〈聖性〉を主題化した鈴村智久による渾身の最新小説集『私たちの存在の墓で』 

† 著作 †


 At The Grave Of Our Existence: 私たちの存在の墓で(画像、またはリンク先をクリックするとAmazon画面が開きます)【祝】メイヤスー × 新しい文学まもなく『ヴィスコンティの美学』(ランキング2位)の販売総数を突破します!内容紹介Dieu n'existe pas encore(神はまだ存在しない)――現代思想において世界的注目を集める現代フランスの哲学者クァンタン・メイヤスーによる神についての重要論稿「来るべき喪、来るべき神」(2...全文を読む

首都大学東京(フランス語圏文化論)准教授で日本を代表するデリダ研究者として名高い西山雄二先生が鈴村智久の詩集『薔薇苑:ROSERAIE』』をRTして下さいました! 

† 著作 †


 薔薇苑: ROSERAIE(2015/04/08)鈴村智久商品詳細を見る遂に鈴村智久による処女詩集『薔薇苑:ROSERAIE』が発売しました。ドゥギー、デリダ、ヴァレリーをめぐる三つの詩論を併録しています。どうぞよろしくお願い致します。内容紹介「我、恋する、故に我は言語である/我、詩作する、故に我は恋愛である」、このたった一つの信条の下、〈貴族〉、〈薔薇〉、〈輪廻転生〉、〈オペラ〉など、様々な詩的概念を駆使して愛の迷宮を生成さ...全文を読む

représentation(表象)に滑り込む「亡霊」の足跡――ジャック・デリダの注目作『プシュケー』収録の表象論「送付」を読み解く 

† 表象文化論 †


 アンドリュー・ワイエス《踏まれた雑草》(1951)【représentation(表象)とprésentation(現前)の差異】 現代思想で最も重要なキーワードの一つがreprésentation(表象)であるということに異論を向ける研究者はいないだろう。一般的にreprésentationは、「自己を…から遣わされた代理として上演すること」、ないし「自己を…の代わりに見えるものにすること」という意味を持っている。仏和辞典では一般的に以下のように表記され...全文を読む

08/28のツイートまとめ 

† Twitter †


 tomoichiro0001 デュシャン以後最も重要な芸術家であるクラウディオ・パルミッジャー二の作品(蝶が98、瓶が08年制作、共に《untitled》)。実在した対象を常に「不在・痕跡」の場として提示する。ディディ=ユベルマンをして「非場の天才」と称された。 http://t.co/XBMYZLZehC 08-28 14:11...全文を読む

【お知らせ】鈴村智久の最新小説『メタフォリカル・オートフィクション』が発売しました。どうぞよろしくお願い致します。 

† 著作 †


 【内容紹介】東京、恵比寿で彼女と二人暮らしを始めた大学講師の〈僕〉は、幸せを噛み締める一方、名状し難い不安と居場所の不在に悩み始める。ある日、駒場で大学時代の恩師であり最高の文化貴族としてかねてから尊敬していた谷川教授と再会したことで、〈僕〉の意識に、ある変化が起こり始める……。 象徴闘争の駆け引きに満ちた研究生活の中で、真に自分らしい表現の場を「文学」にこそ見出しながらエクリチュールの彷徨を続ける...全文を読む

08/25のツイートまとめ 

† Twitter †


 tomoichiro0001 マックス・エルンスト《カルメル修道会に入ろうとしたある少女の夢》。内側にいる個別化された意識から捉えた世界のあり方と、外側にいる第三者が捉えた世界のあり方は全く異なる「映像」を映し出すという点を暗示させたもの。 http://t.co/1D6znjQ09q 08-25 20:56 ディドロが物活論を展開した『ダランベールの夢』がSRと深い関係を持つ以上、中島敦「文字禍」などは今こそ再読されるべきSR文学の一つでしょう。...全文を読む

08/24のツイートまとめ 

† Twitter †


 tomoichiro0001 RT @lunar_shirayuki: ビリー・ホリデイのGloomy SundayかLulu Rouge - Billie Holiday vs. Deadbeat - Copenhagen Jazz Festival Live http://t.co/vPlUNxud… 08-24 07:53 泳ぐたびに思い出すサウンド、高木正勝の《aqua》でした。一番泳いでいる時の静けさ、癒しのイメージに近い。 https://t.co/0r6tXcsxar 08-24 07:49 RT @lunar_shirayuki: 久々にプールで泳いだらキツかったけど、心地よい疲れ( •́ .̫ •̀...全文を読む

08/23のツイートまとめ 

† Twitter †


 tomoichiro0001 情熱を注いだテクストに相応の価格設定を行うこと、それは読者様に対する作者の「責任」が発生する行為でもあります。換言すれば、価格に見合うだけの「質」を自らに課すことになる。これが相乗効果になって結果的に作品そのものの品質や作者のインセンティブの向上に繋がります。 08-23 19:26 久々にAmazonの売上チェックをすると、表象文化論学会を舞台にした『メタフォリカル・オートフィクション』の販売数が...全文を読む

08/22のツイートまとめ 

† Twitter †


 tomoichiro0001 少年時代の夏休みへタイムスリップするための魔法の本。年月を隔てて思い出深い童話の世界を読むことの幸せ。『キツネ山の夏休み』 http://t.co/ZRQlWOZhkh 08-22 10:22 思弁的実在論のための幻想文学リスト。特に⑵はハーマンとの連関で新たに注目を集めている模様。⑴たたり⑵ラヴクラフト全集2⑶遠い女 http://t.co/aX6tnQrOQq 08-22 10:18 カトリックの垣根を越えて仏教、イスラム教を学ぶための基礎文献。⑴ブ...全文を読む

08/21のツイートまとめ 

† Twitter †


 tomoichiro0001 帰宅したら彼女が用意してくれたお祝いのお寿司をいただこう。 08-21 20:09 彼女から誕生日祝いのメールが届きました。やっぱり一番嬉しい。 08-21 19:58 RT @lunar_shirayuki: 束の間の思い出 http://t.co/i5CXA9mIDV 08-21 19:52 RT @lunar_shirayuki: 着いた〜❗️ http://t.co/20P4vAHWqS 08-21 19:52 男性の場合、高い文化資本を所有していても企業内での社会関係資本の構築、円滑化のためにそれを「隠...全文を読む

20世紀を代表するイタリアの建築理論家アルド・ロッシを学ぶための基礎文献ーー田中純『都市の詩学―場所の記憶と徴候』×アルド・ロッシ『科学的自伝』 

† 建築学 †


 都市の詩学―場所の記憶と徴候(2007/11/26)田中 純商品詳細を見る東京大学大学院総合文化研究科准教授の田中純氏の『都市の詩学―場所の記憶と徴候』第一章「都市の伝記」、第二章「<メタ世界>としての都市」、及び補論「忘却の詩学、類推の書法」を読了したので、その記録を残しておく。これら三つの論稿はどれも20世紀最大の建築家の一人であるアルド・ロッシ論である。因みに本書は建築学のための基礎文献に入っている。最初に...全文を読む

ヨーロッパ建築史において、「ナチズム様式」は実在したのか?ーー現代ドイツを代表する建築史家ヴィンフリート・ネルディンガー(ミュンヘン工科大教授)の名著『建築・権力・記憶――ナチズムとその周辺』について 

† 建築学 †


 建築・権力・記憶―ナチズムとその周辺(2009/01)ヴィンフリート ネルディンガー商品詳細を見るあらゆる社会と支配体制は、自分たちが計画し、作り出す建築や都市に自らを書き込む。(p16)【政治的建築とは何か】 今日でも、キリスト教の教会建築における「円盤」は、《サン・ピエトロ大聖堂》のそれを上回ってはならないという暗黙の掟が存在している。ここには既に「権力の象徴としての建築」という側面が見え隠れしている。ミュ...全文を読む

『デカメロン』中の知られざる怖るべき物語と、ボッティチェッリの戦略ーー現代ヨーロッパを代表する美術史家ジョルジュ・ディディ=ユベルマンの代表作『ヴィーナスを開く』について 

† 美学 †


 デカメロン(上) (講談社文芸文庫)(1999/05/10)ジョヴァンニ・ボッカッチョ商品詳細を見る【ジョヴァンニ・ボッカッチョ『デカメロン』――《ナスタージョ・デリ・オネスティの物語》(5日目8話)】ボッティチェルリの衝撃的な連作《ナスタージョ》は、ボッカチオの『デカメロン』にある物語をテーマにした作品である。今回、私は『デカメロン』の《ナスタージョ・デリ・オネスティの物語》(5日目8話)を読んだので、ここに考察し...全文を読む

08/20のツイートまとめ 

† Twitter †


 tomoichiro0001 ヴェルフリンによれば、全ての芸術的直観は常に何らかの認識論的「形式」に拘束される。絵画を「観る」とは、ある何らかの「形式」によって「観る」こと、すなわち「制度的な眼」を媒介にすることを意味する。同様に、あらゆる芸術作品は例外なく何らかの「様式」の枠内に帰属される。 08-20 22:46 ブルデューは文化的なlégitimité(正統性)を、「自然的差異として誤認されるに至った社会的差異、無根拠な根拠」...全文を読む

現代詩における「非定型のform」、「自由なstyle」――『現代詩手帖』バックナンバーを読む 

† 文芸理論 †


 現代詩手帖 2013年 12月号 [雑誌](2013/11/28)不明商品詳細を見る⑴現代詩における「非定型のform」、「自由なstyle」 北川透は「いま、詩は何処で生きているか」(講演)の中で、日本の現代詩の状況を以下のように振り返っている。 いま、現代詩の状況を言えば、いよいよ詩の基準、形式、形体というものが見えなくなっている。今日いただいているテーマで言えば、詩が何処で生きているのかが、わからなくなっている、ということ...全文を読む

現代文学理論の基礎概念ーー小説を書く/読む人のための基礎知識 

† 文芸理論 †


 小説の方法―ポストモダン文学講義(2007/04/30)真銅 正宏商品詳細を見る【テクスト】ニュークリティシズム、及びヌーヴェル・クリティック以降は作家ではなく、「テクスト」(作品)中心のレクチュールが文芸理論において一般的な方法となる。ピエール・マシュレーの『文学生産の理論』では、テクストは「再生産」によって生み出されるものであると規定されている。そもそも、テクストには本来の「意味」はなく、「社会性が意味を産...全文を読む

「今、前衛的であるとは?」ーー シュルレアリスム、ヌーヴォー・ロマンからパンジェ、クルジジャノフスキィ、円城塔まで 

† 文芸理論 †


 〈前衛〉とは何か? 〈後衛〉とは何か? 文学史の虚構と近代性の時間(2010/04/23)不明商品詳細を見る小説家や詩人を目指している人間の中には、常に「前衛的である」ことを希求する種族がけして少なくないのではないだろうか。では、前衛的とは何であろうか?ロラン・バルトはいみじくも以下のように述べている。「前衛であるというのは、死んだものが何であるかを知っているということ、後衛であるというのは、死んだものをまだ愛し...全文を読む

08/19のツイートまとめ 

† Twitter †


 tomoichiro0001 RT @consaba: 【8/27発売予定】『現代思想 9月号』特集=絶滅 吉川浩満+千葉雅也+大澤真幸、池田清彦、長沼毅、松井孝典、三中信宏、R・ブラシエ、E・サッカー、小泉義之、T・モートン、M・デイヴィス、T・コーエンほか(青土社) http://t.co/gfjoXQ… 08-19 12:10...全文を読む

08/16のツイートまとめ 

† Twitter †


 tomoichiro0001 【再掲】思弁的実在論関連のブックリストまとめ。紀伊国屋書店新宿南店で行われたブックフェア『ポスト・ドゥルーズの実在論をさぐる』より。 https://t.co/uB4N652hDz 08-16 09:38...全文を読む

08/15のツイートまとめ 

† Twitter †


 tomoichiro0001 ドゥルーズの『千プラ』などは、それこそ大阪時代に千回読む気で熟読してメモや赤線だらけになってしまいましたが、最近は色々文庫化されていますね。大阪から郵送してもらうより新しく買い直そうかな。 08-15 19:58 こちらも日本語PDFで読めるメイヤスー『アフターフィニチュード』についての論稿。 https://t.co/HhuFB5Af5c 08-15 19:50 メイヤスー「減算と縮約」(『現代思想』2013年1月号掲載)の誤植の訂...全文を読む

08/14のツイートまとめ 

† Twitter †


 tomoichiro0001 英国ガーディアン紙のレビューチームと外部専門家が纏めた「死ぬまでに読むべき」必読小説1000冊決定版リスト/iREAD https://t.co/w6llmBeZI3 08-14 19:36 RT @dessinatrice001: Dieu n'existe pas encore(神はまだ存在しない)――現代思想において世界的注目を集めるQ・メイヤスーの神論に真正面から文学的応答を試みた表題作を含む、これからの時代の新しい文学。鈴村智久 『私たちの存在の墓で』 h… 0...全文を読む

08/13のツイートまとめ 

† Twitter †


 tomoichiro0001 グレアム・ハーマンはラヴクラフトなどの「思考のホラー」を描く幻想怪奇文学に言及しているようですが、ラヴクラフトが「SR文学の磁場」になってしまうと、結局他の類似する膨大な作品群(諸星大二郎やサイレントヒルを含め)とも交換可能になってしまい、通俗化の一途を辿る可能性があります。 08-13 20:49 弐瓶勉氏の『BLAME』や『noise』で描出される超未来社会は、ギブスン的なサイバースペースの外延が宇宙...全文を読む

08/12のツイートまとめ 

† Twitter †


 tomoichiro0001 RT @startbahn: 【ニュース】ANNより、ゲルハルト・リヒターが初期の写実的な自作を画集から除外するよう要求。当時の画風を嫌っていることは有名だが、記録の重要性を訴える人や当該作品の所有者らは強く批判。https://t.co/NjZ9EK3Gwf http://… 08-12 17:47...全文を読む

08/11のツイートまとめ 

† Twitter †


 tomoichiro0001 例えば、人間同士だと「パイナップルのような頭の男が来た」と直喩的に捉えてしまいますが、他者(例えば動物や昆虫)の眼を把捉すると、「パイナップルがやって来た」と知覚する可能性もある。あらゆる人間中心主義を乗り越えたところにしか、メイヤスーの強調する「相関の罠」の出口はないでしょう。 08-11 21:10 より正確に言えば、ある種のポスト実存主義的な感覚が、メイヤスーの「復活」概念の背景に個人史...全文を読む

08/10のツイートまとめ 

† Twitter †


 tomoichiro0001 RT @BaddieBeagle: "『無人島』の編者にして最後の愛弟子による「ドゥルーズ以上にドゥルーズ的」と言われるドゥルーズ論の決定版。常軌を逸脱する運動としてその思考を描き、政治性/革命性を甦らせる":デビッド・ラプジャード/堀千晶『ドゥルーズ 逸脱する運動』 http… 08-10 17:06 RT @lunar_shirayuki: 煩わしいことが多く最近疲れていた私に、彼氏からお勧めされた http://t.co/WYHgefXc7b 08-1...全文を読む

08/08のツイートまとめ 

† Twitter †


 tomoichiro0001 RT @dessinatrice001: Dieu n'existe pas encore(神はまだ存在しない)――現代思想において世界的注目を集めるQ・メイヤスーの神論に真正面から文学的応答を試みた表題作を含む、これからの時代の新しい文学。鈴村智久 『私たちの存在の墓で』 h… 08-08 19:31 RT @dessinatrice001: 「私の意図は――『アフターフィニチュード』ではまだなされていないということに留意して頂きたいのですが――数学化可能なもの...全文を読む

08/06のツイートまとめ 

† Twitter †


 tomoichiro0001 RT @lunar_shirayuki: あともう少ししたら恋人と南伊豆に行くし、暑いけど頑張ろʕ•̀ω•́ʔ✧ 08-06 20:01 RT @lunar_shirayuki: 「原爆投下正しかった」米国人46% 若年層は「間違い」が多数 70年経て変化する意識 http://t.co/fWlJ9nO0eW 08-06 20:01 思弁的実在論は文学とも深く連動しているので、日本でも今後メイヤスーやハーマン、ブラシエールの動向を意識した文学作品がSFやホラー以外から現れてきても、...全文を読む

08/04のツイートまとめ 

† Twitter †


 tomoichiro0001 「眠れない?眠りの専門家が伝授する効果抜群の9つの変わり種ライフハック」 : カラパイア http://t.co/ekAjvwE3wB 08-04 20:30 「1日当たり約940万ドル(約11億円)使っている計算となる」アメリカのISIS掃討の費用が約4千億円に 総額の53%は空軍による空爆関連 - ライブドアニュース http://t.co/yPmfdGQeac 08-04 20:27 昨夜は彼女とお寿司屋さんへ行きました。やっぱり大とろサーモン美味しい。あと...全文を読む

08/03のツイートまとめ 

† Twitter †


 tomoichiro0001 RT @dessinatrice001: 「尊敬する教授が引き起こした殺人事件の真相をめぐり苦悩する大学講師を描く表題作の他、プールで出会った女性から聞かされる奇妙な画家の話《アナトールの嘘》等、存在の不安を描く著者渾身の短編集」鈴村智久『メタフォリカル・オートフィクション』h… 08-03 05:42 RT @dessinatrice001: Dieu n'existe pas encore(神はまだ存在しない)――現代思想において世界的注目を集めるQ・メ...全文を読む

08/02のツイートまとめ 

† Twitter †


 tomoichiro0001 読了したので、続いて「潜勢力と潜在性」を読み始める。 08-02 23:27 このメイヤスーの論文、結論部のカオスや死の概念が登場してきた途端に急激に、圧倒的に面白くなりますね。ナンシーが『脱閉域』で言いたかったことも、「能動的生成/反動的生成」のモデル図と概念的人物によって全て要約的に言い得ている気さえします。やはり凄いな、この人は。 08-02 18:21 シェーンベルクの《月に憑かれたピエロ》を聴...全文を読む

更新履歴カレンダー