【  2015年09月  】 更新履歴 

  09.21.  【 † Twitter † 】  09/20のツイートまとめ   さわりを読む▼
  09.21.  【 † 著作 † 】  恋愛小説『アニエールの水浴』(装訂/門倉ユカ)を、ダンテ『神曲』の翻訳者である原基晶先生が「お気に入り」に入れて下さいました!   さわりを読む▼

◆2015年08月     ◆2015年09月       ◆2015年10月

09/20のツイートまとめ 

† Twitter †


 tomoichiro0001 このようにブラシエの「絶滅の真理」は後半部の恐ろしい絶滅論が、前半部のニーチェのポジティブな生成論により相殺される独特な構造です。勿論、人生論的な価値もありますが、メイヤスーの相関主義批判との関係で考察してみても非常に興味深い論稿でもあります。SRに関心のある読者様はぜひ。 09-20 23:59 ここからニヒリズムが始まるのですが、ニーチェは「力への意志」によって「生成のカオス」が持つ無意味性...全文を読む

恋愛小説『アニエールの水浴』(装訂/門倉ユカ)を、ダンテ『神曲』の翻訳者である原基晶先生が「お気に入り」に入れて下さいました! 

† 著作 †


 アニエールの水浴(2014/08/29)鈴村智久商品詳細を見る鈴村智久が個人的に最も思い入れの強い恋愛小説『アニエールの水浴』……。プールサイド、幽霊性などの要素を持ち、発売以後も順調に売れ続けているこの作品を、イタリア文学、中世ルネサンス文化の研究者でダンテ・アリギエーリの新訳『神曲』(講談社学術文庫)で知られる原基晶先生もTwitter上で「お気に入り」に入れて下さいました。「内容紹介」(Amazon)現代文学において...全文を読む

更新履歴カレンダー