【  2016年04月  】 更新履歴 

  04.30.  【 † 文学 † 】  白日夢の不倫――フランスの女流作家ダニエル・サルナーヴ『幻の生活』の世界   さわりを読む▼
  04.30.  【 † 貴族文化 † 】  19世紀フランス社会における「クルティザーヌ(高級娼婦)」の世界――基礎文献リスト   さわりを読む▼
  04.30.  【 † Twitter † 】  04/29のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.29.  【 † Twitter † 】  04/28のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.28.  【 † Twitter † 】  04/27のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.27.  【 † Twitter † 】  04/26のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.25.  【 † Twitter † 】  04/24のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.24.  【 † Twitter † 】  04/23のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.23.  【 † Twitter † 】  04/22のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.22.  【 † Twitter † 】  04/21のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.21.  【 † Twitter † 】  04/20のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.20.  【 † Twitter † 】  04/19のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.19.  【 † Twitter † 】  04/18のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.18.  【 † Twitter † 】  04/17のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.17.  【 † Twitter † 】  04/16のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.16.  【 † Twitter † 】  04/15のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.15.  【 † Twitter † 】  04/14のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.14.  【 † Twitter † 】  04/13のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.13.  【 † Twitter † 】  04/12のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.12.  【 † Twitter † 】  04/11のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.11.  【 † Twitter † 】  04/10のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.10.  【 † Twitter † 】  04/09のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.09.  【 † Twitter † 】  04/08のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.08.  【 † Twitter † 】  04/07のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.07.  【 † Twitter † 】  04/06のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.05.  【 † Twitter † 】  04/04のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.04.  【 † Twitter † 】  04/03のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.03.  【 † Twitter † 】  04/02のツイートまとめ   さわりを読む▼
  04.01.  【 † Twitter † 】  03/31のツイートまとめ   さわりを読む▼

◆2016年03月     ◆2016年04月       ◆2016年05月

白日夢の不倫――フランスの女流作家ダニエル・サルナーヴ『幻の生活』の世界 

† 文学 †


 Miranda Kerr by Tom Munro フランス現代文学の一翼を担う女流作家として本国で高く評価されているダニエル・サルナーヴの『幻の生活』を読み終えたので、記録を残しておく。本作は教師をしている既婚者の男性ピエールと、その愛人であり図書館司書をしている若い女性ロールが織り成す「不倫」を、リアリスティックに、時には官能的な筆致で細やかに描いている。 【妻帯者を愛する女性の孤独】 ロールという二十六歳の女性は上...全文を読む

19世紀フランス社会における「クルティザーヌ(高級娼婦)」の世界――基礎文献リスト 

† 貴族文化 †


 パリ、娼婦の街 シャン=ゼリゼ (角川ソフィア文庫)(2013/10/25)鹿島 茂商品詳細を見るパリ、娼婦の館 メゾン・クローズ (角川ソフィア文庫)(2013/10/25)鹿島 茂商品詳細を見る ジュール・ミシュレは『女』第二部第十一章で以下のように語っている。男は不完全である。彼は、男を作り男の歓びを作る女を、讃美し尊敬しなくてはならない。女は各時代を通して、芸術や文明と呼ばれる焔の噴出を、常に変わらぬ欲望の刺激によって男...全文を読む

04/29のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 大阪の女性はこの点をもっと誇っても良いと思う。実際、東京だと大阪人はブランド扱いされるか煙たがられるか両極端な場合が多いけれど、それは同性同士の場合であって、けっこう東京の男性は大阪の女性の派手さ、情の厚さなんかに内心では惹かれやすいはず。 04-29 23:52 これは私のひいき目ではなく率直に思うんだけれど、新宿や渋谷より大阪駅近隣の方が美人率(化粧がうまい女性たち)は多い。東京は個性的...全文を読む

04/28のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 私は心のどこかで、メイヤスーやドゥルーズ、デリダ、ラカン、ド・マンといった顔触れよりも、あくまでも「構造」(生成論的な構造主義)に留まるブルデューこそ、最もラディカルで人によっては趣味を根底から問い直されるほどの影響力を持った存在であると信じている。彼のものの考え方の泥臭さ。 04-28 20:58 RT @dessinatrice001: 「映画界のみならずオペラ、演劇界に決定的な影響を及ぼし、後世の文化人に未...全文を読む

04/27のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 新しく買った評判のPanasonicのLEDデスクライトのおかげで、今までで一番の読書環境が整った。 04-27 21:19 弟の結婚式前なので美容院でヘアカット。 04-27 21:13 RT @amaebooknew: 終末のメルヘン (鈴村智久) が、Kindleストアで販売開始されました。https://t.co/sdeTzCxvHt 04-27 13:27 【お知らせ】実験的な作品五篇を集めた『終末のメルヘン』(装訂/門倉ユカ)を発売しました。文学における前衛、評...全文を読む

04/26のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 RT @HODGE_EGDOH: 【聖なる泉 (ゴシック叢書)/H.ジェイムズ 他】このパーティ参加者の中で誰と誰が付き合っているのか。「私」はそれだけを観察し、推理し、理論化を企てる。「私」の理論によれば、あるカップルの一人が聡明に... →http://t.co/8MFrr… 04-26 20:47 『聖なる泉』の場合も吸血鬼がいる/いないが宙吊りにされたまま、「若返り」という極めて主観的(誤認的)な事実のみを担保にして展開していく。...全文を読む

04/24のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 4/30の朝から結婚式なので、4/29の夕方頃に新大阪へ。前日は梅田辺りでお好み焼きを食べたりぶらぶら歩いたりして過ごそう。 04-24 20:31 京都では伏見稲荷大社と京都近代美術館に行く予定。千本鳥居は向こうの世界と繋がっているトンネルらしい。生まれ育った関西を観光地として見るのはこれが初めて。 04-24 20:25 今日はGWの挙式、京都観光のスケジュールを色々決めた後、民芸料理屋で夕食。 https://t.co/...全文を読む

04/23のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 ザン・カサヴェテス『美しき獣』はアジャーニの『ノスフェラトゥ』より耽美的な吸血鬼映画なんだけど、悪役のロキサーヌ・メスキダは私の中ではヴァンパイアの女王に相応しかった。この映画を観て以来、火傷への怖さが少し緩和されたことも大きい。 https://t.co/N0bhutgOaP 04-23 20:47 ご購入して下さっている方々に気付いて嬉しかったので、もう少しだけ『出来杉英才の青春』についてご紹介させていただくと...全文を読む

04/22のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 最近観た映画で一番好きなのはカサヴェテスの娘が監督のヴァンパイア映画『美しき獣』なんだけど、なぜこの映画が強烈に記憶に残っているかというと、最後の太陽光線で全身大火傷して死ぬ場面で、吸血鬼の美しさと儚さのようなものが圧倒的なまでに伝わったからだと思う。 04-22 21:09 コーエン兄弟のルーウィン・デイヴィスは、相棒の猫が良かった。ただ、モデル実在するから仕方ないけど、前の奥さんとの子供...全文を読む

04/21のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 10+1 web site|スペキュラティヴ・デザインの奇妙さ、モノの奇妙さ──建築の「わかりやすさ」を越えて https://t.co/JYfQNTx9DH 04-21 20:52 確かに運動した後って集中力上がるんだよね。昨日も仮眠を少し挟んでから執筆がかなり捗ったりした。 04-21 20:44 美容意識の高いメンズは必読。運動不足は肌や内臓の老化を早めるだけでなく、情緒不安やストレスを感じやすくすることがわかっています。【運動不足で...全文を読む

04/20のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 RT @lunar_shirayuki: こちらのカバーの原画はエルネスト・エベールが描いた『オフィーリア』です。新古典主義のフランス画家ですが、眼力が凄まじく櫻井敦司かと戸惑いました(笑) https://t.co/cM4r1BbBIT 04-20 22:17 RT @lunar_shirayuki: 引き続き、鈴村智久君の「エルサレム/JERUSALEM」も近日中に発売されます。よろしくお願い致します❀ https://t.co/BR5E7w2n7j 04-20 21:58 RT @topical_topiko: ソ...全文を読む

04/19のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 RT @dessinatrice001: 「生物とは、まずもって関心に基づく選択の力の創発ではなく、実在的なものに対する大規模な無関心の創発である」Q・メイヤスー「減算と縮約」 04-19 20:59 RT @dessinatrice001: 「一塊の物質は、どんなに微小なものであっても無限の情報を含むと考えられる。だが身体は、それをinterruption(遮蔽)することでfinitude(有限性)を獲得する」Q・メイヤスー「減算と縮約」 04-19 20:59 ...全文を読む

04/18のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 【お知らせ】およそ6ヶ月ぶりになる短編小説集『出木杉英才の青春』が発売開始しました。詳しい内容紹介はamazon上で読むことが可能です。どうぞよろしくお願いします。 04-18 22:32 RT @dessinatrice001: ドラクエ、ポケモン、ドラえもん、少年時代に楽しんだレトロゲームや漫画の世界を、思弁的(speculative)に遊び直すために書かれた著者最新の短編小説集。鈴村智久『出来杉英才の青春』(装訂/門倉ユカ)...全文を読む

04/17のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 いずれにしても、私は青春とは何かを今後も文学と手を取り合って考えていきたい。ひとは井戸の底で長く暮らしている時には辺りの暗さに気付かない。今は、もう少し「青春的なもの」(行動原理、心理的メカニズム)を扱いやすくなった気がする。ひとつの時代が終わると、その編纂の時代が始まる。 04-17 23:08 でも今、そういった垣根は少しずつ消尽されつつある。プルーストですらあれほど悲愴で孤独な作家だっ...全文を読む

04/16のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 RT @kotensinyaku: 4月新刊、本日発売です!『クレーヴの奥方』(ラファイエット夫人/永田千奈訳)フランス宮廷に完璧な美を備えた女性が現れた。彼女は恋を知らぬままクレーヴ公の求婚に応じ人妻となるが、舞踏会で出会った輝くばかりの貴公子に心ときめく… https://… 04-16 12:34 RT @kotensinyaku: 『クレーヴの奥方』(ラファイエット夫人)これまで「アクション」によって成立していた 小説世界に「内面描...全文を読む

04/15のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 RT @j_derrida_bot_2: 幽霊とは何であるのか。亡霊の現実性〔effectivite〕あるいは現前、すなわち仮象におとらず非現実的で、潜在的で、頼りのないままにとどまるものの現実性あるいは現前とは何か。そこ、すなわち物自体とその仮象のあいだの対立関係は妥当であり… 04-15 20:36 RT @j_derrida_bot_2: 〈メシア的なもの〉とは、他者の到来、正義としての到来者の絶対的で先取り不可能な特異性である。(『マル...全文を読む

04/14のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 神は、明日にでも実在化され得るし(生まれる)、潜在性に滞留し続ける(生まれない)ことも可能。そういった潜在性を実在化させる強度それ自体として神は「人間化」され得た、ということ。この背景には、神もまたひとつの実在として捉えられている点があげられると思う。 04-14 20:51 「神はまだ存在しない」(メイヤスー)がなぜこれほどラディカルな問いであるのかは、おそらく神学を深く学んだ人ほど切実だ...全文を読む

04/13のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 いずれにしても、『グッドナイトマミー』は最近観たホラーの中では秀逸。アメリカンホラーっぽい大袈裟な効果音やショッキングな場面で引っ張るのではなく、もっとヨーロッパテイストで静かにじわじわ不穏さが続く。恐怖と映像美が両立している稀有な作品。評価が高いのも頷ける。 04-13 21:07 ルーカスがこれほど新しい母を殺そうとするのは、彼女に殺されたからか、あるいはあの湖を取り巻く森に悪霊が巣食っ...全文を読む

04/12のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 私はディオールのこだわりが好きだしお世話になってきたけれど、これはこれまでのディオールの写真の中で最もラディカルで「自己批評的」。これを公開した意義は大きい。【写真が物議、「韓国女」という作品】ライブドアニュース https://t.co/yE1KBYfSEl 04-12 20:34 『小笠原鳥類 詩集』は4/1に発行されたばかり、真新しい。ここに『素晴しい海岸生物の観察』全篇が収録される。を読んでいて、鳥類さんは相関...全文を読む

04/11のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 本日の収穫物。どちらも話題書なので大型書店の面陳に並んでるかと。⑴立木康介『狂気の愛、狂女への愛、狂気のなかの愛』⑵『小笠原鳥類 詩集』※ちなみに立木康介は京大人文科学研究所准教授で精神分析が専門。 https://t.co/3rwfqVSbSp 04-11 21:26 今、即興で「小笠原鳥類的言語」の練習をしてみたけど、かなり奥が深い気がする。小笠原さん、絶対計算して書いてるね。たぶん真っ白なノートがあればどこまでも...全文を読む

04/10のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 私は夫に愛されていない、下らない夫のためになぜこれほど尽くさねばならないの、鏡を見る限り私はまだまだイケてるはず、このまま年をとっていくだけなの?——こういう人妻的実存においては若い男とのベッドタイムは至高の聖祭になるよね。それは生きることを継続させる直向きな努力ですらある。 04-10 20:51 不倫は、より深く旦那を愛するために「必要不可欠ではない」程度において必要であるという擁護論も存...全文を読む

04/09のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 松浦寿輝は『官能の哲学』でオルガスムについて「コギトの明証性が砕け散るもの」とか書いてたけれど、こういうのは私からするとピーチボーイ的な発想なんだよね。あくまでそれは理想だよねっていう。 04-09 20:55 一番はじめに付き合った彼女と生まれて初めてラヴホでセックスした時(もう何年前やら)、10時間くらいぶっ通しだったけどまったく疲れなかった。理性が消え去るほどのって、実質的に人生でそんな...全文を読む

04/08のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 RT @lunar_shirayuki: 仕事から疲れて帰宅したままドゥルーズ読んでると変な快楽回路入るわ 04-08 23:59 RT @libro_jp: 【4月の気になる新書】『我が詩的自伝 素手で焔をつかみとれ!』吉増剛造(講談社現代新書) https://t.co/dX5rnYBgan世界的評価も高い現代日本最高の詩人が、自ら内面の軌跡と芸術の秘奥を縦横無尽に語り尽くした驚きの「詩的自伝… 04-08 20:15 しをりさんのことを思い出していて、今ふ...全文を読む

04/07のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 カトリックについて勉強している方なら御存知かもしれないけど、気になる神学書のベスト1は、最近東大出版会から刊行されたシュペーマン『幸福と仁愛: 生の自己実現と他者の地平』かな。メイヤスー論がひと段落したら、また読んでみたい。 https://t.co/lCaB1UKtZ3 04-07 20:44 手元にあったらいいなと思いつつ、つい忘れてしまうのがヴィスコンティの遺作『イノセント』の原作『罪なき者』 (薔薇小説 2)。ダヌ...全文を読む

04/06のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 (h)晩期モランディが水彩画に着手して物の輪郭線をアモルフにし始めたのは、物が朽ちて消滅することを暗示する。形態の亡霊とは、死せるものも無機物も全ては同じく消滅の可能性に晒されていることを意味している。少しずつ変化する墓地の群れとしての絵画。 04-06 17:59 (g)以上から、モランディは絵画の定義を再構成していると考えられる。全ては物であり、描かれた人物もやがては物化する点が示唆される。...全文を読む

04/04のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 メイヤスー論は60枚に。最近は少しずつカバーレイアウトのコンセプトについても想像し始めました。ブラシエの英訳版は宇宙なので、まさに今書いている物理学との関係性の点からもぴったりではあるけれど、意外に宮廷画などで生じる「齟齬」の感覚が彼に合うかもしれないと考えたり。 04-04 13:47 どの画家でもそうですが、モランディを語る上で「一般論としてよく言われること」(埃の被膜を身体論や時間論に接...全文を読む

04/03のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 RT @lunar_shirayuki: モランディ展 https://t.co/TGfXkpJPds 04-03 18:00 前掲論稿では、非人間的ないし前人間的状態としてインファンティアを芸術創造の発火源に捉えることも可能だとした上で、相関の外部でこの概念がどこまで通用するかに賭け金が置かれていた。動物(ヴィヴェイロス)/オブジェクト(ハーマン)/数学的な実在(メイヤスー)、それらに続くものとして。 04-03 11:33 リオタールのenfance...全文を読む

04/02のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 ミリーが最後に、「愛が裏切られた」と解するのではなく、これからも生きていく相思相愛の者たちへの遺言として、貶めた相手を「愛する」と言ったということ、この言葉には天上的な慈しみを感じる。そして、ここにはある種の非人間的なまでのenfance(幼年期)の力が働いているのではないか。 04-02 20:56 ソフトリー版のミリーの最後の姿。舞台は『アスパンの恋文』と同じくヴェニス。おそらく、『鳩の翼』はロ...全文を読む

03/31のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 @lunar_shirayuki そうなんだ❗️『愛の嵐』と『叫びとささやき』観たら借りてみるよ♫ 03-31 15:22 日本人女性の審美性について四方田犬彦『「かわいい」論』の分類で言えば、加賀まりこは「かわいい」(愛くるしくて取っつきやすい、天真爛漫な少女性)、山口小夜子は「美しい」(高貴で近寄りがたい、神秘的な美麗さ)に分けられると思う。 https://t.co/TGlGeRAsLP 03-31 13:22 『月曜日のユカ』はずっと観た...全文を読む

更新履歴カレンダー