FC2ブログ

【  2017年12月  】 更新履歴 

  12.31.  【 † Twitter † 】  12/30のツイートまとめ   さわりを読む▼
  12.31.  【 † 著作 † 】  『終末のメルヘン』、『出来杉英才の青春』、『エルサレム』(装訂/門倉ユカ)の御紹介と、これまでの販売ランキング発表   さわりを読む▼
  12.25.  【 † Twitter † 】  12/24のツイートまとめ   さわりを読む▼
  12.24.  【 † Twitter † 】  12/23のツイートまとめ   さわりを読む▼
  12.23.  【 † Twitter † 】  12/22のツイートまとめ   さわりを読む▼
  12.21.  【 † Twitter † 】  12/20のツイートまとめ   さわりを読む▼
  12.20.  【 † Twitter † 】  12/19のツイートまとめ   さわりを読む▼
  12.18.  【 † Twitter † 】  12/17のツイートまとめ   さわりを読む▼
  12.17.  【 † Twitter † 】  12/16のツイートまとめ   さわりを読む▼
  12.14.  【 † Twitter † 】  12/13のツイートまとめ   さわりを読む▼
  12.12.  【 † Twitter † 】  12/11のツイートまとめ   さわりを読む▼
  12.11.  【 † Twitter † 】  12/10のツイートまとめ   さわりを読む▼
  12.08.  【 † Twitter † 】  12/07のツイートまとめ   さわりを読む▼
  12.06.  【 † Twitter † 】  12/05のツイートまとめ   さわりを読む▼
  12.05.  【 † Twitter † 】  12/04のツイートまとめ   さわりを読む▼
  12.04.  【 † Twitter † 】  12/03のツイートまとめ   さわりを読む▼
  12.01.  【 † Twitter † 】  11/30のツイートまとめ   さわりを読む▼

◆2017年11月     ◆2017年12月       ◆2018年01月

12/30のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 RT @0anamnesis1: 関空から仙台空港に着いた。離陸の時はやはり苦手… https://t.co/iAVwqlfAUP 12-30 14:23...全文を読む

『終末のメルヘン』、『出来杉英才の青春』、『エルサレム』(装訂/門倉ユカ)の御紹介と、これまでの販売ランキング発表 

† 著作 †


 終末のメルヘン/S/K StudioAmazon.co.jp今、前衛文学にはいかなるエクリチュールが可能か?数学や哲学を横断しながら小説の臨界点を模索した五つの先鋭的な作品群を収録。「内容紹介」鈴村智久による前衛的な実験作品五篇を収録した新しい文学のための羅針盤。 今まさに作者によって書かれつつある島からの脱出を図る少女の物語「終末のメルヘン」、少年時代に恋した年上の女流詩人との交流を描く「海鳥の数は」、ギリシャ神話のイ...全文を読む

12/24のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 エルミタージュ展の画廊をゆったり歩きながら考えたことは、原稿に有機的に吸収する予定。ちなみに私がもし今回の全リストからたった一つだけ選ぶとすれば、それは間違いなくフラゴナール&ジェラール《盗まれた接吻》(1780年代末)だろう。革命前の最後の火遊び。 https://t.co/6NkWBTHndQ 12-24 10:51 ジョージ・シーガルの彫刻《ラッシュアワー》(1983)を近現代彫刻の中で構成した展示は初めて観たが、ア...全文を読む

12/23のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 RT @0anamnesis1: 大阪きてからの初神戸にて、大エルミタージュ美術館展へ。カルロ・ドルチの愛らしい「聖チェチリア」とまるで幽霊の様だったヘラルト・ベル・ボルフ「カトリーナ・レーニンクの肖像」が印象に残った👼 https://t.co/EEOOxCEjt6 12-23 23:55 本日は兵庫県立美術館にてエルミタージュ展。バロックがキッチュ化する時期のムリリョやヴァトー、ブーシェ、フラゴナール、グルーズらのロココ絵画や、...全文を読む

12/22のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 私にはもう何年も前からずっと魂の深奥で沈殿し続けていた言葉があって、それはジュネのジャコメッティ論やレンブラント論に垣間見える「美と傷」の問題系なのだが、これを批判的に再構成する上でいかに精神分析の芸術論への応用が必要であるかという点を、今回の総論部の作業で把握できた気がする。 12-22 23:58 総論的な最終章で「美的なもの」をロココからいったん独立させて書いているのだが、今夜ほどド・...全文を読む

12/20のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 RT @0anamnesis1: ローゼルというハイビスカスとカトレア諸々。やっぱり花が好き。乳香と没薬の話は面白かった。試食したデーツというナツメヤシの木の実が美味しくて購入した。 https://t.co/G0OSMofQKt 12-20 20:07 RT @0anamnesis1: 植物園に久しぶりに行った。巨大なアロエの木なんて初めて https://t.co/lEJN8sZDqs 12-20 20:07 ロカイユの起源が貝殻や蔓草といった自然素材にあることもあって、今回は10...全文を読む

12/19のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 RT @0anamnesis1: https://t.co/wFxBCByvcB 12-19 23:25 RT @dessinatrice001: 「あらゆるオブジェクトは、他のものから隔てられた真空パックの孤立の中で存在しているのだが、それぞれのオブジェクトの内部はけして空虚なものではない――すなわち、その内部で起こっているのは、渦状の感覚的なエレメントのカーニヴァルなのである」… 12-19 15:12 美術館は「程よく文化的な休日」を過ごしたい人には、その観覧...全文を読む

12/17のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 ユベール・ダミッシュ逝去の報を午後に知り、『パリスの審判』を開こうかと思いきや、ストイキツァのファルコネ論を発見してしまってすぐにそちらに向かってしまう私は重度のロココ症。 12-17 19:23 図版を原稿に挿入する作業をしていると、当然ながら最も適切な場所はどこかという問題が浮上する。テクストの代替、補完、あるいは逸脱した図版がテクストの予期せぬ生成を促すということ。この点でヴァールブル...全文を読む

12/16のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 構成上のスタイル(目次構成、図版掲載など)で参考にしている二冊。どちらも18世紀フランス論。小澤京子『ユートピア都市の書法』大橋完太郎『ディドロの唯物論』 https://t.co/wLjKu1TDz0 12-16 14:20 執筆画面。今回のロココ論には図版を多く掲載する予定。ようやく全体の2割ほどは進んだろうか。 https://t.co/070wzQqO9O 12-16 14:05 マンションの玄関ロビーに冬らしいオブジェクトが。 https://t.co/ezV...全文を読む

12/13のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 RT @berayung: アメブロを更新しました。 『2018年春『ソウルハンターズ』亜紀書房より刊行』 https://t.co/NOyTubElq3 12-13 11:26...全文を読む

12/11のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 メルツァーを敷衍すると、デッソワーの円環的な美的範疇論の全属性もやはり無意識における大文字の他者(母親)を美学的に分解したものとして解釈できるのだろうか。しかし母の乳房も父の腕の温もりも知らずに育った幼児は、メルツァー的な美のトポスから「退却」を余儀なくされるだろう。 12-11 23:19 メルツァーは「乳房」という乳児の顔を覆うものよりも「乳首」の方が栄養を賦与し、養うという点で「力(権...全文を読む

12/10のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 @cindy2016kim @klazy8 @schueins @025iwashi @hjmamtramt @lyrarembrandt レイバンのサングラス80週年慈善活動特価今日2499円!https://t.co/2A6eLkiEb7 12-10 20:17 @thomas_virhelm @mrklein5 @nojimakeni @discofrienz @Samael2323 @nishimuku_mirai レイバンのサングラス80週年慈善活動特価今日2499円!https://t.co/2A6eLkiEb7 12-10 20:17 @SGONZARESU @0anamnesis1 @Leonidas0727 @inukaneko1991 @ken...全文を読む

12/07のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 今回の原稿では、ゴーティエ・ダゴティの有名な《天使の解剖図》における身体の「開封」の問題を、ロココ文化の貝殻への「梱包」(縮約)の裏面として論じている。十八世紀のアナトミーアートとしては最も有名な画家。ちなみにロココ画家フラゴナールの従兄弟のオノレ・フラゴナールも著名な医学者。 https://t.co/859A4JwmPS 12-07 23:49 関東/西で暮らした経験から言えば、実感的に東京は冷酷非情であり、大阪...全文を読む

12/05のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 デヴィッド・ルヴォー演出による『黒蜥蜴』(梅田芸術劇場)の公演チケットを二枚購入。主演の中谷美紀をリスペクトしている彼女が狂喜乱舞している。私も楽しみ。https://t.co/kTjZMaO8PZ 12-05 23:43...全文を読む

12/04のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 建築と言語の関係についてはエイドリアン・フォーティの議論を軸にして一度書いたことがあった。過去の様式の引用、コラージュ、折衷なども含め、建築を文学理論で語るということ。そこに初期デリダのテクスト論との接続地点もあるわけだ。ラヴホテルは意外に奥が深い。 12-04 23:52 私が具体例として紹介しているラヴホテルは福岡、東京、千葉のもので、いずれも「ロココ調」という表現が見られる。中でも千葉...全文を読む

12/03のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 RT @0anamnesis1: Stephen Mackeyの作品がツボに。クラウス・ノミ風の口唇。 https://t.co/TGku19yxAu 12-03 20:35 販売本数としてはやはり『四方対象』などの影響でSR関連の伸びが依然目立つ。ヴィスコンティ論も映画祭の有無に関わりなく売れ続けているので、やはり私は評論系中心に考えていきたいところ。とはいえ、小説や詩が動くとやはりとても嬉しい。 12-03 20:13 KDPの半年分のロイヤリティを回収。総...全文を読む

11/30のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 ロココ論は加筆推敲が進み、12月中か来年1月には出版する計画。全七章ほどの構成で、各章がそれぞれの角度でこの様式のディテールを徹底的に考察する。ロココを分析するとは、18世紀フランスの時代精神、死生観、性観念、ファッション、及びアンシャン・レジームの末期形態を解き明かすことでもある。 https://t.co/EVSPHdEVaB 11-30 23:42 RT @0anamnesis1: フォンテーヌブロー派(作者不詳) 《ガブリエル・...全文を読む

更新履歴カレンダー