FC2ブログ

【  2018年08月  】 更新履歴 

  08.31.  【 † Twitter † 】  08/30のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.30.  【 † Twitter † 】  08/29のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.29.  【 † Twitter † 】  08/28のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.28.  【 † Twitter † 】  08/27のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.27.  【 † Twitter † 】  08/26のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.22.  【 † Twitter † 】  08/21のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.21.  【 † Twitter † 】  08/20のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.20.  【 † Twitter † 】  08/19のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.13.  【 † Twitter † 】  08/12のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.08.  【 † Twitter † 】  08/07のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.07.  【 † Twitter † 】  08/06のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.06.  【 † Twitter † 】  08/05のツイートまとめ   さわりを読む▼
  08.02.  【 † Twitter † 】  08/01のツイートまとめ   さわりを読む▼

◆2018年07月     ◆2018年08月       ◆2018年09月

08/30のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 さて、そろそろ眠ろう。そしてこれを最後に、しばらくTwitterにはお別れするとしよう。(頑張って論文仕上げよう!) 08-30 23:59 私が今回の件で考えたことは、以下にほぼ集約されるだろう。「すべてを神において見る」(マルブランシュ)とは、実質的に「神はすべてを今、ここに見る」ことだ。そして人間は神を感じたときに深い充足感(自分は今、ここに、ただあるだけでいいのだという絶対的な自己肯定感)を...全文を読む

08/29のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 何度も聖書は通読しているけれど、この部分がいまとても響いてくる。イエスもしっかりイザヤ書を読んだ上で、自分の言葉で新たに伝え直しているのがわかる。 08-29 22:46 「彼らは飢えることなく、渇くこともない。太陽も熱風も彼らを打つことはない。憐れみ深い方が彼らを導き、湧き水のほとりに彼らを伴って行かれる」(イザヤ 49.10) 08-29 22:44 「この水を飲む者はだれでもまた渇く。しかし、わたしが...全文を読む

08/28のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 あとこれは別の映画で、まるこがバスタブに浸かったまま夢心地にインド方面を旅する場面があって、あれも印象的だった。さくらももこの世界観にはところどころでエキゾチックな要素が垣間見えたりする。 08-28 12:22 デビュー作らしい『教えてやるんだありがたく思え!』という作品は読んだことないのだが、映画版の大野くんと杉山くんの話は特に好きだった。特に杉山くんがコンクールで代わりに歌ってあげる場...全文を読む

08/27のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 要は、いま私はドゥルーズ論を書いてるということ(正確に言えば、SRに繋げるためのドゥルーズ論)。 08-27 23:12 この感覚は自分の中でもけっこう刺激的なので、もう少しだけ書いておこうかな。私にとってドゥルーズは昔から非常に明るい陽気な哲学だった。デリダの暗さが好きな私はそこに馴染めなかった。でも海に行って陽を浴びて肌が小麦色になってから、今やドゥルーズが私の中で感覚的に調和しつつある。 ...全文を読む

08/26のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 天橋立から帰ってきてからというもの、いつかサーフィンのライセンスでも取ろうかなと思い始めた。そんな矢先、『ロスト・バケーション』を久々に観直して改めて冒頭30分は最高の海映画だなと感じた。とはいえ、有名なこの波乗りの場面には既にアイツの影が映り込んでいる......。 https://t.co/PwZyYigcah 08-26 18:51 泳いで逃げるか島で捕まるかしかない中、夜の海を死に物狂いで泳ぐ人間の姿というものを考...全文を読む

08/21のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 勤務先の方々のためのお土産。同年代の後輩の女性は「一緒に連れて行ってほしい」と笑いながら冗談を言っていた。西日本だと波が弱く泳ぎやすいのは紀伊半島の白浜らしい。早速泳ぎに行きたくなったが、もう少し楽しみはとっておくことにしよう。 https://t.co/6oym8uWOZ2 08-21 21:29 天橋立の波打ち際で収拾した砂と貝殻。貝殻はどれも海中を潜りながら拾い集めた。最も大きな貝殻は水深3メートルほどの浅い砂...全文を読む

08/20のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 ちなみに、今回の旅のお伴には山本芳久の『トマス・アクィナス』を選んだ。海に夢中だったのであまり読むことはできなかったけれど。一番活躍したのは、五年くらい前にKONAMIのジムで買ったこのゴーグルと水着だと思う。 https://t.co/GFYXQdpkEk 08-20 22:29 二日目は別の店で海鮮定食をいただいた。海の幸は本当に美味しい。隣のお客さんは関東からの家族連れで、おばあさんが熱心に海で溺れそうになった体験...全文を読む

08/19のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 波はなかなかの強さで、私のように幼少期から水泳を習っていた人間でも波に逆らって奥まで泳ぐのはかなり難しかった。一方、海面の下の住人たちは波など気にもせずに軽やかに泳ぎ回っていた。 https://t.co/osOUWg87sB 08-19 23:34 この花は海から差し出されたかのように茂みの奥から顔を出していた。 https://t.co/ESqOghJSYI 08-19 23:28 私は食事の写真は本来あまり好まないのだが、天橋立駅周辺のほぼ全て...全文を読む

08/12のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 『私設図書館』はボルヘス最晩年の遺著で、マドリードのアリアンサ社から死後二年後の1988年に出版されている。 08-12 19:31 「一冊の書物とは多くの物の中の一つの物であり、それ自体の示す象徴に宿命づけられた読者と出会うまで、それは異なった宇宙を生きる無数の巻のなかに紛れている。その出会いの瞬間、美と呼ばれる唯一無二の感興が生まれる」J・L・ボルヘス『私設図書館』「序文」 https://t.co/eVBwHfv...全文を読む

08/07のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 ブラシエが『ニヒル・アンバウンド』で展開した絶滅を思考することの不可能性の問題は、アーロン・ウィーセンフェルドが描くカタストロフィックな世界から解釈できるかもしれない。思惟主体まで絶滅しなければ真の絶滅とはいえない点で、事後性の問題には本質的なアポリアが伴う。 https://t.co/H2OG7aP71e 08-07 15:11 RT @Situations01: 「近くの聖ニコロ教会や聖フランチェスコ教会の鐘、修道会の小さな礼拝...全文を読む

08/06のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 私も彼のように断言できれば、今の私の限界を突破してより豊かな知覚の海へ飛び立てるのだろうか。つまり、神は最初から存在していなかったのだと。だが私には洗礼を受けた翌週のミサでシスターが浮かべた、あの微笑の美しさがどこまでも残るだろう。あの慈しみだけは神と無関係に私を拘束し続ける。 08-06 22:31 リゴッティの魅力は、神、霊魂、自我、知覚、思考、意識といった相関項を全て人間が作り出した幻...全文を読む

08/05のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 ちなみに、今回の論文では怪奇実在論との関連でヒルマ・アフ・クリントとトマス・リゴッティについても言及している。 08-05 20:32 RT @jubel_brosseau: For my first Employee Picks at Powell’s Books I have chosen #ThomasLigotti and @LairdBarron, because I want to see them… 08-05 20:29 昨今、世界的な再評価が進む女流画家ヒルマ・アフ・クリントの《知恵の樹》(1913)連作の一枚。放射状に描かれ...全文を読む

08/01のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 RT @afterfinitude01: Philip Ellis by Damon Baker https://t.co/HRAPIxNZiq 08-01 21:19...全文を読む

更新履歴カレンダー