FC2ブログ

【  2019年02月  】 更新履歴 

  02.25.  【 † Twitter † 】  02/24のツイートまとめ   さわりを読む▼
  02.18.  【 † Twitter † 】  02/17のツイートまとめ   さわりを読む▼
  02.11.  【 † Twitter † 】  02/10のツイートまとめ   さわりを読む▼
  02.10.  【 † Twitter † 】  02/09のツイートまとめ   さわりを読む▼

◆2019年01月     ◆2019年02月       ◆2019年03月

02/24のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 RT @0anamnesis1: 昨日行ったボルタンスキー展デヴィッド・リンチの映画を体感するような刺激的な空間だったが、独特な死への追悼哲学を感じた https://t.co/VfMcvYOVaz 02-24 23:26 今回、最も惹かれた作品は《ヴェロニカ》(1996)。ユダヤ人の父、キリスト教徒の母を持つボルタンスキーが自身の持つ「キリスト」のイメージを投影した宗教的な作品。死に際に見せる女性の一瞬の鋭い受苦の眼差しが、薄いヴェー...全文を読む

02/17のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 https://t.co/hle9fOI5GR 02-17 18:27 https://t.co/IS4GaLPK0n 02-17 18:23 https://t.co/o6ifwQhzHJ 02-17 18:22...全文を読む

02/10のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 特に「石には世界がない」という命題に対してはAI自身から反論が提起される可能性がある。ハーマンへの批判を強めているガブリエルなら否定するかもしれないが、OOOには「もの」に宿る「自由意志」という神学的問題を賦活させる潜在的な役割があるはず。 02-10 22:18 ハイデガーが『形而上学の根本諸概念』において提起した名高い三つのテーゼ、「人間は世界を作る」、「動物は世界が貧しい」、「石には世界がな...全文を読む

02/09のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 従来の「友情・努力・勝利」型の漫画は共同体神話を前提していたが、昨今のジャンプ世代はもはや「努力しても報われない」ことを知っているし、そもそも「仲間」に期待するほど夢見がちでもない。むしろ堅実的かつ保守的に世界に順応しつつシビアに生き延びること──そこに少年漫画の「今」がある。 02-09 12:12 昨今の人気漫画では『約束のネバーランド』や『進撃の巨人』のように内部から外部の構造を段階的に...全文を読む

更新履歴カレンダー