FC2ブログ

【  2019年05月  】 更新履歴 

  05.25.  【 † Twitter † 】  05/24のツイートまとめ   さわりを読む▼
  05.24.  【 † Twitter † 】  05/23のツイートまとめ   さわりを読む▼
  05.21.  【 † Twitter † 】  05/20のツイートまとめ   さわりを読む▼
  05.20.  【 † Twitter † 】  05/19のツイートまとめ   さわりを読む▼
  05.19.  【 † Twitter † 】  05/18のツイートまとめ   さわりを読む▼
  05.18.  【 † Twitter † 】  05/17のツイートまとめ   さわりを読む▼
  05.17.  【 † Twitter † 】  05/16のツイートまとめ   さわりを読む▼
  05.15.  【 † Twitter † 】  05/14のツイートまとめ   さわりを読む▼
  05.14.  【 † Twitter † 】  05/13のツイートまとめ   さわりを読む▼
  05.13.  【 † Twitter † 】  05/12のツイートまとめ   さわりを読む▼

◆2019年04月     ◆2019年05月       ◆2019年06月

05/24のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 ヴァッティモはこの議論で改めてケノーシス概念に注目しているようだ。ケノーシスはマラブーがヘーゲルから「可塑性」を練り上げる上で徹底的に分析した問題でもあるだけに、これはポスト・アジョルナメント(ナンシー)の問題系において今後ますます重要だ。 05-24 15:15 日本のキリスト教系ニュースサイトはなぜこれほど重要な記事を紹介しないのだろう。哲学者ジャンニ・ヴァッティモと教皇フランシスコの電...全文を読む

05/23のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 パルミジャニーノの《凹面鏡の自画像》(1523-4)とトム・カリンの《凸面鏡の裸体》(2015)は、眼とは既に文化的産物としての認識フレームそれ自体であるというヴェルフリン『美術史の基礎概念』の見解を、五百年の時を隔てて主張している好対照な参照項の一つ。 https://t.co/IIb3aBv2ti 05-23 23:41 https://t.co/jx1lCTvDRk 05-23 23:18...全文を読む

05/20のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 だからこそ、今まさにヘーゲル再読が「思弁的転回後のデリダ」という観点でも重視されているわけだが、私はこういう過去の遺産の真にラディカルな部分に真摯に向き合う論客にこそシンパシーを感じる。真に新しいものは古いものの中にこそあるのだから。 05-20 22:32 私は批判的なデリダ読みを貫いているのであえて書いておくが、デリダの脱構築それ自体、ヘーゲルそのものだったはず。弁証法の持つ目的論的な側...全文を読む

05/19のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 彼もおそらくそれに気付いていた。 https://t.co/Q1VgQbnfIZ 05-19 23:17 今日、見晴らしの良い広い公園をのんびり散策していると、空に非常に小さくなった虹のようなものが浮かんでいるのを見た。昨日、今日と雨は降っておらず、風も非常に強かったのだが、あの色彩は虹のそれだった。(太陽の右側のオレンジ色の光がそれで、その右上の緑色の点はおそらくカメラの反射光) https://t.co/ZC8Cbu5NPN 05-19 23:...全文を読む

05/18のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 思弁的転回との関連で注目される幻想作家トマス・リゴッティの哲学的でニヒリスティックな世界観よりも、ウィーセンフェルドのどこか童話チックな絵はジャクスン(例えば『絞首人』ラストの廃墟化した遊園地)やカヴァン(『氷』の無人化した雪に包まれた街路)と結びつく。 https://t.co/WzDyBYI3QE 05-18 18:59 ウィーセンフェルドの画風はアメリカン・ゴシック(スティーブン・キング、クライヴ・バーカー、...全文を読む

05/17のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 「カントは完璧な聖人であり、陽気な人間だった。彼はストイックではなかったが、キリスト教の遺産に対してはむしろ忠実だった」(ニック・ランド「死を悦んで」) 05-17 23:52 「我々は以下の点を忘れてはならない。カントの哲学を垣間見ただけでクライストを自殺させるのに十分であり、ショーペンハウアーはカントの中に存在を否定するという倫理的な必要性を見出していた。おそらく、この二人はカントが探求...全文を読む

05/16のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 ちなみに、本書に収録されている『ゴダールのマリア』論は、聖俗の二項対立を俗なるものにおいて止揚する弁証法的なプロセスから読み解いていて、映画を知らない読者にもぜひお勧めしておきたい。なぜゴダールはマリアの裸性をあれほど強調したのか、その理由を掘り下げる重要な考察だった。 05-16 23:10 メイヤスーの意味論を再読していると、彼はイエスを非神話的次元において捉えるブルトマン学派を中心とす...全文を読む

05/14のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 分類され、秩序付けられ、色彩的に統一されているものに宿る美しさ。他方で、『支那の慈悲深き知識の宝典』のように無秩序で、矛盾しており、突飛なものに宿る魅力。ワイリー・サイファーを緩用すれば、これはミメーシスとメセクシスの問題系に接続する。 https://t.co/smtvl0UiPo 05-14 22:41 ミヤマカラスアゲハは標本でしか見たことがないのだが、オーロラのような青緑色に心を奪われる。生きて宙空を舞って...全文を読む

05/13のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 ある種の蝶は鱗粉によって神の属性を銘記する。 https://t.co/ofo6uORWMj 05-13 22:52 指先でわずかに触れるだけで、その翅は儚くも崩れ落ちる。 https://t.co/5aeADA38PN 05-13 22:47...全文を読む

05/12のツイートまとめ 

† Twitter †


 afterfinitude01 RT @0anamnesis1: GW中にはフランソア喫茶室に初めて行き古書店巡りなどなどもした。梁山泊は硬派な古書店で絶版が多くあり次回はもっと長居したい。京都でお気に入りの傘をなくしたのだけが残念 https://t.co/ZaaGgIhQg8 05-12 22:08 RT @0anamnesis1: 平成最期の日には愛知県岡崎市の叔父さん家に寄り、そこから自動車で2時間半かかる岐阜県の白川町へ父のお墓参りに行った。忘れていた記憶と感情に翻弄されつ...全文を読む

更新履歴カレンダー