† 音楽 †

Dir en greyと、「最後の神」








全て偉大なるものは、嵐のさ中に立つ」――おそらく錯乱した眼差しでプラトンを引用した総長就任演説の悪名高いマルティン・ハイデッガー『ドイツ的大学の自己主張』の末尾を飾る衝撃的なこの言葉は、二十一世紀においてDir en greyの雷電の如き力と拮抗している。
今でも魂の強さの面で模範にしたいある先輩から、私はDir en greyの存在を教えて貰って以来、ずっと彼らはハイデッガーの言説と結合して闇に輝く焦土の極北で燦爛と輝き続けてきた。
それは、これからも変わらない。
あらゆる芸術の中で、最も美しい「最後の神」を創造し続ける芸術家である彼らへ……。

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next