† キリスト教神学 †

スピノザの神学は何故異端的か?

岩波文庫
デカルトの哲学原理―附 形而上学的思想
ISBN:9784003361580 (400336158X)
297p 19cm(B6)
岩波書店 (1995-08-18出版)

スピノザ【著】〈Spinoza,Baruch de〉・畠中 尚志【訳】
[文庫 判] NDC分類:135.2 販売価:\735(税込) (本体価:\700)


デカルトの『哲学原理』(1641年)について、スピノザ(1632‐77)自身の説を加えながら、幾何学的形成で叙述したもので、生前本名で刊行した唯一の書(1663年)。
デカルト哲学への手引書として今日なお優れた価値をもつといわれる。
付録として、後期スコラ哲学の学説をデカルト的観点から説明した『形而上学的思想』を併収。

われ思う,故にわれあり,という言葉で有名なデカルトの『哲学原理』を講義したもの.幾何学的形式で叙述しつつ,各所にスピノザ自身の説をまじえている点に特色がある.デカルト哲学への簡潔な手引書として今日なお最高のものである.「形而上学的思想」は,後期スコラ哲学の学説をデカルト的観点から説明したものである.








顔は「unitas(単一性)」と「multitudo(数多性)」を思考する上で本質的な哲学的トポスである。
スピノザは本書の『形而上学的思想』の第一部第六章「一と真と善」において、神=unum(一)であると規定している。

顔には多様なmodus(様態)が存在するが、イデア的顔は常に神の本質であるunumと同じく「一」である。
私が考えているのは、イエズスの顔というアポリアである。
「ヒト」としてのイエズスには、無論固有性に帰属した顔がある。
しかし、我々カトリックはイエズスを神の子であると信仰する。
したがって、「神の子」としてのイエズスの顔はunumでなければならない。
だが、多くの画家はイエズスの顔を絵筆で既に描いている。
それらは「ヒト」としてのイエズスの顔のmodusに過ぎない。
例えば、ベーコンの処女作《磔刑の下部にある三基体のためのエチュード》におけるイエズスの顔と、レンブラントが描いたイエズスの神聖な顔は、同じく「ヒト」の顔のmodusである。
画家は、イエズスの顔を描くことが不可能である。少なくとも、スピノザのこの「ユニタス/マルチチュード」の概念に依拠すれば。

しかし、彼は『形而上学的思想』第二部第四章「神の不変化性について」で、神にtransformatio(変形)の概念は結合しないと明言している。
「神が変形し得るとすれば、神は存在することを止めるであろうし、また同時に多数の神が存在し得ることにもなるであろうが」とあるが如くである。
これはキリスト教の根幹思想である「受肉」の否定と連結するか否か?
「神はひとり子を世に送られるほど人を愛された」と聖書にはあるが、キリスト教においては、神の様態は基本的に「父―子―聖霊」の聖三位一体であることを念頭に置く必要があるだろう。
すなわち、神がtransformatioして、イエズスとなり、地上で御受難に合われた、とする説は、スピノザの考えに依拠すれば棄却されるのだ。
何故なら、スピノザは神の本質はunum、すなわち不可変的な唯一の実有であると定義しているからである。
だが、これは「受肉否定説」といえるだろうか?

第二部第十章「創造について」で、彼は「神の子」は父と同じく永遠性(aeternitas)に基くと述べている。
つまり、スピノザは、神が変形してイエズスとなる、という説を否定する。
そうではなくて、イエズスが神のmodus、より正確には属性なのである。
少なくとも本書を読解する限り、スピノザは反キリスト教的な思想を述べてはいない。
むしろ、彼は聖三位一体を念頭に置いて自身の神学論を展開している。
しかし、スピノザは、本書で「イエズス・キリスト」という言葉を一度も用いていない。

また、スピノザは同書で神は世界を更新し続けている、と規定している。
この点で、スピノザはライプニッツと同じく「神の世界更新」の支持者であり、ニュートン的な世界創造のみに加担する神学論への反対者であろう。

しかし、スピノザは神の属性にキリスト教の神髄である「愛(カリタス)」を結合させていない。
そればかりか、スピノザは「神とは愛である」ということを、おそらく忘却しているか、知りながらそれをあえて書いていないのだ。
唯一性、永遠性、必然性(神の存在様式)、更に、知能、意志、生命、全能(神の活動的本質)などを彼は列挙するのであるが、決して聖アウグスティヌス的なカリタスを神の属性に規定しない。
スピノザのような幾何学的論法を好む哲学者にすれば、「」を定理として規定することは難解だということであろうか?

いずれにせよ、スピノザの神学論は、現代世界を生きているカトリックの私から鑑みると、欠陥を持っていると判断される。



関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next