† 文学 †

Edgar Allan Poe 《Annabel Lee》 エドガー・アラン・ポー「アナベル・リイ」


The Fall of the House of Usher and Other Writings: Poems, Tales, Essays, and Reviews (Penguin Classics)The Fall of the House of Usher and Other Writings: Poems, Tales, Essays, and Reviews (Penguin Classics)
(2003/04/29)
Edgar Allan Poe

商品詳細を見る



以下に掲載するのは、大江健三郎の『臈たしアナベル・リイ総毛立ちつ身まかりつ』にも中核的な詩的インスピレーションを与えた、ポーの名高い「アナベル・リイ」である。


Annabel Lee



It was many and many a year ago,
   In a kingdom by the sea,
That a maiden there lived whom you may know
   By the name of Annabel Lee;
And this maiden she lived with no other thought
   Than to love and be loved by me.

I was a child and she was a child,
   In this kingdom by the sea,
But we loved with a love that was more than love—
   I and my Annabel Lee—
With a love that the wingèd seraphs of Heaven
   Coveted her and me.

And this was the reason that, long ago,
   In this kingdom by the sea,
A wind blew out of a cloud, chilling
   My beautiful Annabel Lee;
So that her highborn kinsmen came
   And bore her away from me,
To shut her up in a sepulchre
   In this kingdom by the sea.

The angels, not half so happy in Heaven,
   Went envying her and me—
Yes!—that was the reason (as all men know,
   In this kingdom by the sea)
That the wind came out of the cloud by night,
   Chilling and killing my Annabel Lee.

But our love it was stronger by far than the love
   Of those who were older than we—
   Of many far wiser than we—
And neither the angels in Heaven above
   Nor the demons down under the sea
Can ever dissever my soul from the soul
   Of the beautiful Annabel Lee;

For the moon never beams, without bringing me dreams
   Of the beautiful Annabel Lee;
And the stars never rise, but I feel the bright eyes
   Of the beautiful Annabel Lee;
And so, all the night-tide, I lie down by the side
   Of my darling—my darling—my life and my bride,
   In her sepulchre there by the sea—
   In her tomb by the sounding sea.



「アナベル・リイ」



今は多くの多くの年を経た、
海のほとりの或る王国に、
一人の少女が住んでいてその名を
アナベル・リイと呼ばれていた。ーー
そしてこの少女、心の想いはただ私を愛し、
愛されること、この私に。

彼女は子供だった、私は子供だった、
海のほとりのこの王国で、
それでも私たちは愛し合った、愛よりももっと大きな愛でーー
私と、そして私のアナベル・リイとはーー
天に住む翼の生えた熾天使(セラフ)たちも私らから
盗みたくなるほどの愛をもって。

そしてこれがそのわけだった、遠い昔、
海のほとりのこの王国で、
雲間を吹き下ろす一陣の風が夜の間に
私のアナベル・リイを凍らせたのは。
そのために身分高い彼女の一族が駆けつけて
彼女を私から連れ去った、
彼女を墓の中に閉じ込めるために、
海のほとりのこの王国で。

天使たちは天国で私たちの半ばも幸福ではなく
彼女と私とを嫉んでいた。ーー
そうだった! ーーそれがわけだった(誰もが知るように、
海のほとりのこの王国で)
雲間を吹き下ろす一陣の風が凍らせて、
私の美しいアナベル・リイを殺したのは。

しかし私たちの愛ははるかにもっと強かった、
私たちより齢を重ねた人たちの愛よりもーー
私たちよりはるかに賢い人たちの愛よりもーー
そしていと高い天国にいる天使たちの一人として、
また海の底深く住む悪霊どもの一人として、
けして私の魂を引き離すことはできはしない、
かの美しいアナベル・リイから。ーー

なぜならば月の光は必ず私にもたらしてくれる、
かの美しいアナベル・リイの夢を。
そして満天の星の昇る時、私は必ず見る、
かの美しいアナベル・リイの煌めく眼を。
このように、夜もすがら、私は憩う、その傍らに、
わが愛するーーわが愛するーーわが命、わが花嫁の、
海のほとりの彼女の墓に、
鳴り響く海のほとり、その墓に。






*訳文は福永武彦。貧困のため、寒中身に纏うものもろくにない有様で死んでいった妻ヴァージニアへの愛慕が込められている。ポーの詩集の中でも最高に評価が高い珠玉の一篇である。発表はポーの死後二日後であった。



関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next