† 建築学 †

哲学者ウィトゲンシュタインは実は建築家でもあったーーウィトゲンシュタイン設計の邸宅《ストンボロウ邸》における「窓」の秘密

ウィトゲンシュタイン
 
 哲学者ウィトゲンシュタインには実は《ストンボロウ邸》という建築作品が存在する。
 姉のマルガレーテ・ストンボロウ=ウィトゲンシュタイン(彼女はクリムトのモデルの一人でもある)とその夫のための邸宅であり、1926年の11月13日付けの建築プランにはウィトゲンシュタイン自身のサインがある。建築を担当した代表者はアドルフ・ロースの弟子の一人パウル・エンゲルマンだが、彼はこの建物のプラン自体はウィトゲンシュタインの発案であることを認めている。東大大学院教授の田中純氏は『建築のエロティシズム』の中で、この建築物における実に奇妙な「接続詞」に注目している。空間における「接続詞」とはすなわち、「窓・ドア」を指している。この建物自体は全体的に無装飾であり、ドアは全面ガラス張りになっている。

ウィトゲンシュタイン《ストンボロウ邸》
ウィトゲンシュタイン《ストンボロウ邸》

同作
ウィトゲンシュタイン《ストンボロウ邸》

 田中氏は前掲書の中で、リオタールがそのマルセル・デュシャン論の中でやはり「窓・ドア」のシステムに注目していた点に言及している。それはいわば「蝶番」であり、テクストに還元すれば「かつ/または」の操作子を絶えず生み出す連結部分である。例えば、デュシャンは「かつ/または」ローズ・セラヴィ(この名前は言うまでもなく、“性愛、それが人生”のアナグラム)である。これと同じことが、『論理哲学論稿』の5・5423で図示されている、いわゆる「ジャストロウ図形」にも妥当する。

duck_rabbit.jpg
「ジャストロウ図形」

 この図形でも、「窓・ドア」のシステムをテクストに還元した場合と同じ原理が成立している。すなわち、「Aかつ/またはB」(ウサギかつ/またはアヒル)である。田中氏はこうしたウィトゲンシュタインの奇妙な「接続詞」の空間的表象について、カルージュの名高い「独身者の機械」の系譜に連なると解釈している。





建築のエロティシズム―世紀転換期ヴィーンにおける装飾の運命 (平凡社新書)建築のエロティシズム―世紀転換期ヴィーンにおける装飾の運命 (平凡社新書)
(2011/10/17)
田中 純

商品詳細を見る









関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next