† 存在論 †

M・ハイデッガー『形而上学入門』

形而上学入門〈第2部門〉講義―1919‐44 (ハイデッガー全集)形而上学入門〈第2部門〉講義―1919‐44 (ハイデッガー全集)
(2000/07)
ハイデッガー

商品詳細を見る


ハイデガーは、奇妙な問い方をした。
なぜ有るものがあって、むしろ無ではないのか?
彼は、この問いは、孤独と絶望の淵から、暗黒の渦のようにして我々の前に生れ落ちる類の問いであると規定している。
それゆえに、この問いは、『形而上学入門』において、ハイデガーの本質的な主要な問いになったのである。
彼はこれを、あらゆる問いの中の問い、として規定している。
哲学とは、彼にとっては「問い」なのであって、それは何か答えを提示する学問ではない。
哲学は、徹頭徹尾、問いの探求、問いを問い続けることにのみあるとする。
そして彼は、この問いを問うことが、哲学であるとまで断言している。

無


私は今、机の上に置かれたリンゴを見つめている。
それは、そこにある。
だが、何故あるのか?
何故、〈ある〉のか?
このリンゴは、何故〈あるもの〉なのか?
「リンゴが、〈ある〉」とは、どういうことなのか?
それは、誰が〈ある〉ようにしたのか?
ハイデガーがこの問いを何度も執念深く問い続ける根拠にあるのは、いうまでもなくニーチェの「神の死」である。
神は、キリスト教神学では、「有」そのものであった。
世界に存在する全ての「あるもの」は、神が創造したので、事物の根本原因は、最終的には全て神に帰着していたのである。
それならば、皆が安心して暮らせるわけだ。
リンゴがあるのは、果樹園があったからであり、そこで農家の人が栽培したからであり、その農家の人の先祖もやはりリンゴを栽培していたからであり、リンゴがあるという事実は、エデンまで回帰していく。
被造物の根本的な存在定立を成り立たせる概念が神だったのだ。
だが、ニーチェの「神の死」以後、いわばあらゆるものの「究極原因」が消滅したわけである。
まるで、人類は投げ出されたような虚無感に襲われるだろう。
リンゴがあるのは、神が「リンゴ」という果実ができるように世界を創造したからなのではなくて、何故か、奇妙にも、まずリンゴが「ある」わけであり、その「ある」の原因は、秘匿されてしまったのである。
ハイデガーの出発点は、ここだ。

無2


フッサールが『イデーンⅠ』で述べているが、「時間」は、時間に対する意識を持つ者にしか存在しないのである。
腕時計を見ている時に、秒針の運動をひたすら追っている原始部族の少年にとっては、「時間」は時計から知覚されない。
「時間」というのは、それを意識している時にのみ生起する、文明の虚構に過ぎないのだ。
太陽が昇っている時間帯が昼であり、沈んで暗くなれば夜である。
それだけで十分なのに、人間は一日を二十四等分して、プラットホームでしきりにそれを気にするようになってしまった。
もう少し、ゆっくり生活するためには、時計を一度捨てて、「時間意識」から脱却すべきであろう。
だが、それはなかなか難しい。
結局、全ての人が、時計の御世話になっているのであって、その限りで、今後も間違いなく変化しないことは、人間が「時間に追われる」ということであろう。

無3


ハイデガーを読んでいて常に感じるのは、彼が「不登校」であるということだ。
彼は、精神的に非常に危うい。
そういう文体である。
非常に自分を追い込んで、かなり神経を研ぎ澄ませながら、狂気の瀬戸際で書いているような部分も何となく感じ取られる。
ハイデガーがもしも、現代社会で「中学生」になっていたら、きっと間違いなく不登校になるだろう。
私も不登校に近い体験をしているので、孤独感は魂に刻まれていると思う。
だが、ハイデガーの孤独感は、生徒相談室の先生が、優しい声色で、
「ねえ、ハイデガーくん?世界は美しいのよ。あなたは先生から、愛されているのよ」
などと慰められて、どうこうなるような類のものではない。
ハイデガーの孤独は、“天才的な孤独”という表現を使っておくが、およそ誰にも理解されないような、壮絶で、深い深淵のような闇である。
だから、ハイデガーを読むことは、逆説的に私に強い感動を与えるのだ。
それは、ハイデガーへの同情であり、彼への畏敬と、そしてある種の畏怖である。

無4


これもハイデガーが、確か『ブレーメン講演』でいっていたことだが、少し記しておく。
例えば、眼鏡をかけているのが日常である人が、美術館でレオナルドの絵を観るとする。
この時、彼は、「あっ、この絵が好きだったんだよな!」などといって、笑顔で近付く。
さて、彼は絵を観ているのだろうか?
何か大切なものを、一つ、決定的に重大極まる対象を忘れてないか?

何かといえば、そう、「眼鏡」だ。
眼鏡のレンズを通過して対象を見ることになる。
だが、彼の意識は、無論、いうまでもないが、「レオナルドの絵」を観ているわけだ。
この時、ハイデガーは、面白いことに、「眼鏡は絵よりも遠ざかっている」と断言している。
これは、一体どういう思考フレームに基いて着想されたのか?
それが、私の謎であった。
というわけで、ハイデガーの師であるフッサールの本を集めて、読み始めたわけだ。
具体的には『イデーンⅠ』で、詳述されているのだが、この「遠ざかり」は、明らかに現象学的還元を遂行した上でのみ成立しているのである。
フッサールにとって、世界の真理というのは、「有」でも「神」でもない。
「意識」だ。
意識がなければ、神も有も知覚できないし、意識がないと、そもそもコギト自体が成立しなくなる。
したがって、最も重大な哲学のテーマが「意識」だと、フッサールはブレンターノの心理学などから学びつつ、現象学を創設したわけであった。
この限りで、眼鏡が絵よりも、空間的には近くありながらも、内在的知覚の本質直観においては、「絵よりも遠い地点にあるような気がする」というのは、絶対的に正当化されるのである。

眼鏡の例は便利だが、他にも色んな例を日常から見出すことができる。

無5


上からずっと掲載している絵は、写真ではなくて、絵である。
ゲルハルト・リヒターの有名なフォトペインティングである。
ハイデガーの哲学書の雰囲気は、私にとって少しリヒターとリンクしている。
やはり、何か背景に大きな霧のような闇と、冷たい夜のような孤独が潜んでいるのだ。
そうでないと、ハイデガーは、あんな問題的な本を書かなかったわけであるし、あのような政治的履歴も作らなかっただろう。
いずれにせよ、ハイデガーをナチズムの観点から解釈する人間は、二〇世紀に棲んでいるアナクロな人間であるとしか私には思えない。
ハイデガーはもう十分、批判されたし、徹底的に攻撃されたのだから、二十一世紀は、ハイデガーの切実な「孤独」に耳を傾けて、何かメッセージを掴み取っていかねばならない。
私にとって、ハイデガーは、何故か病弱で詩的な不登校の少年に思われる。

無6w





ハイデガーが『形而上学入門』(全集40巻)で、「信仰」の問題についてこういっている。
少し長くなるが、非常に印象的なので、引用しておく。


「たとえば、聖書を神の啓示であり真理であると信じる人は、およそ問う前に、《なぜ、そもそも有るものがあって、むしろ無ではないのか》という問いに対して既に答えを持っている。すなわち、有るものは、神自身でない限り、神によって創造されたのである。神自身は創造されたことのない創造主として《有る》。このような信仰の土台の上に立つ人は、なるほどある仕方で我々の問いかけの遂行をなぞったり、それに参与したりはできるのだが、信仰者としての自分自身を放棄し、この問いのあらゆる帰結を背負うのでなければ、本来問うことはできない。彼はあたかも問うている振りをしうるだけなのだ。しかし、他方では、かの信仰は、絶えず不信仰の可能性に曝されているのでなければ、信仰でさえない。むしろ、それは安逸であり、何らかの仕方で伝承されてきた教説に将来も固着しようとしう自分自身との申し合わせなのである。その時には、それは信仰でもなければ問いかけでもない。むしろ、それは無関心なのであって、その無関心はいまやあらゆることに恐らくは非常に好奇心を持ち、信仰にも問いかけにも等しく携わることができる。」(p10)



これは、私のようなカトリックの求道者(洗礼は今年の四月頃だ)にとって、非常に重い言葉だ。ハイデガーがキリスト教神学を真剣に学んだ人間であるだけに、余計に重みを与えてくる。信仰は不信仰の可能性に曝されているのでなければ、信仰ではない、というハイデガーの主張は、極めて問題的だ。こんなことをここで述べるべきではないかもしれないが、カトリック教会にも、色々な神父さまがいらっしゃる。中には、少し性格のどうしても好きになれないような神父さまもいらっしゃる。神父さまも当然、聖職者とはいえ、一人の人間であり、一人の男に過ぎない。非常に下らない説教をして、何のためにミサに参列したのか解らないような日もあった。そういう時、私は「神父は人間的、あまりに人間的だ」などと、ニーチェ的にある種の「諦め」を抱く。そして、ニーチェが「神は死んだのだ」と、『悦ばしき知識』で声高に主張した初めの日をイメージする。ハイデガーは、ニーチェ以後の最初の哲学者であり、「不信仰の危機」の時代を生き抜いた哲学者であった。私は、教会で何か不満足なことや、ムッとするようなことに遭遇すると、まるで教会自体を攻撃するかのように、ハイデガーやニーチェを読むようにしている。だが、私は、それでも、やはり教会には毎週通うわけである。そして、神父さまに、祝福していただくわけである。

神父さまのことを、手っ取り早く好きになる方法は、一つしかない。それは、「神父さまには、誰一人、顔などない」と考えることである。神父さまに、個別的な「顔」がないと思い込めば、一人ひとりの性格で、どうのこうのと患う必要性も消える。つまり、神父さまは、皆、「神父という共通の顔」を持った、一種のマリオネットであると判断するわけである。このことによって、私が逆に気付かされるのは、信徒にもやはり顔がないということである。信徒もマリオネット、神父もマリオネットだとすると、ここは操り人形たちの仮面舞踏会ということになる。だが、私は、現段階では、現代日本のカトリック教会とは、そういうものであると考えている。若者の「教会離れ」が進み、信徒の高齢化が加速している今、特に、私のような、9・11の頃はまだ中学生だった青年は、そう思うわけである。そして、そういうどこか暗く、孤独な気持ちになった時、改めて、大切な思想として登場してくるのが、ニーチェであり、ハイデガーであるのだ。だから、ハイデガーが「信仰と不信仰は紙一重でなければならない」というのは、現代のカトリックの青年なら、誰でも感じていることだと思われる。

huuu87.gif


ハイデガーは同書の五十二節で、ソフォクレスの『アンティゴネー』にインスピレーションを得て、考察を深めようとしている。ソフォクレスは、『アンティゴネー』の合唱歌の冒頭で、現代人にとって、あまりにも当たり前のことを告げている。そして、ハイデガーがそこに関心を示すわけだが、それは、「人間は最も不気味なものである」ということだ。何を今更?だといいたくなると思われる。ハイデガーに、手短く「人間って何ですか?」と問うと、彼は「世界で最も不気味なものだ」と答えるわけだが、これは別にハイデガーでなくとも、誰でもそう答えるだろう。「虚無」に触れた者ならば。ただ、ハイデガーはやはり哲学者で、一般的な感覚さは回避している。彼は、「不気味さ」を、概念化して、「デイノン」と名付ける。これはギリシア語で、「圧倒的に、力によって支配するもの」を意味するが、彼はそこに「不気味さ、恐ろしさという点で」という解釈を付加させるのである。そして、改めて「人間は、デイノンである」というわけだ。だが、これだけでは、何もいったことにはならない。あまりにも当然のことをいっていて、最早、反論も肯定もできないような、酷く虚無的な定義なのだ。

虚無


ハイデガーの哲学は、とにかく、一言で述べると、「虚無」そのものだ。絶望的な孤独感や、発狂寸前の苦悩に苛まれている人間にとって、ハイデガーを読むことだけが唯一の光といえるような日もあるかもしれない。ドゥルーズが「ピンクパンサー」を軽快かつユーモラスに語ったような感覚でハイデガーを読むことはできない。彼は、あまりにもいかつくて、重々しい。ドゥルーズは、確か『襞』だったと思うが、「ハイデガーは顔も狂的だった」というようなことをいっていたが、それはいい過ぎだとしても、確かに彼の思想は「澱んでいる」ような印象を受ける。ハイデガーは、支配的なのだ。「有」と「有るもの」を考えているが、同時に「虚無」に足をすくわれている。とにかく、ハイデガーは、私の人生にとっては、やはりかなり豊饒な「特効薬」でもあり、同時に、限りなく深い霧がかった迷宮でもある。

ハイデガーに必要なのは、「意志的な楽観論」であり、「ピンクパンサー」のような軽快さだと思う。本当に、そう思う。自殺をしようか、しないか極限的な魂の激震で苦悩している人が、ハイデガーの本になんぞ出会うと、余計酷くなるような気さえする。だから、私は少なくとも、自分のためにでもあるが、ハイデガーを軽快に読解しようかと思う。もうすぐ『形而上学入門』の二度目の通読(一年前にも図書館で借りて読んだが、その時はまだ全集にまで手を出していなかった)を終えるので、いよいよそう思うわけだ。ハイデガーを、楽しく解釈し直そう。そうすべきだ。きっと、そうすべきだ。

ドゥルーズ


一つだけ、ハイデガーにも、ワクワクするような楽しさを感じさせる箇所が、本書にある。四十九節の、ヘラクレイトス解釈の部分だ。そこで彼は、「クシュノン」というギリシア語を概念化している。これは、「全てを己自身の中に収集し統率するもの」を意味している。これを読んだ時、私は思わずウィキペディアの「集合知」の概念を連想した。ハイデガーは、「有るもの」の特徴として、「集められて現成するもの」だと規定している。この、コレクトするということ、それを存在論の一つのキーコンセプトとして規定する辺りが、なかなか面白いのだ。典拠であるヘラクレイトスは、断章の中でこんなことをいっていたそうだ。

 「それ自身のうちに集められて、円周上では、初めと終わりは同一である」 



これは、いわゆるパンタレイ(万物流転)のことなのだろう。
ハイデガーは、この断章でも、「集める」ということに、何故か執着しているのだ。とにかく、「有るもの」は、集められてある状態である。例えば、「部屋が〈有る〉」場合、その部屋にはクローゼットとか、箪笥とか、ソファーとか、デスクとか、書棚とかがあり、その中には様々な更に小さいもの、細かいものが集められて〈ある〉。「有るもの」は、常に集合し、現有としての人間に、コレクトされる宿命にあるわけである。当たり前のことだが、非常に本質的なことだ。




《なぜ、そもそも有るものがあって、むしろ無ではないのか?》  

ハイデガーが人類に投げかけた問い。
世界に様々な「有るもの」があるが、その根拠とは何だろうか?
神だろうか?
神であるならば、「有るもの」は神によって創造されたもの、つまり被造物として世界にある「根拠」を得る。
不安などは生まれないはずだ。

雲


この問い自体は、ライプニッツに来歴を持つ。
ライプニッツもかつて、《なぜ、そもそも有るものがあって、むしろ無ではないのか?》に対峙した。
この問いを忘れないようにしよう。
この問いを忘れたら、おそらく私は死ぬだろう。
この問いが最後の切り札として残されている限り、今後、あらゆる苦悩が私に敗北する。

ハイデガーは神の存在を内心では意識していたのだろうか?
「有」と「有るもの」の差異は、プラトニズムにおける「イデア」とその「模造」の関係にある。
キリスト教神学では、「神」と「被造物」だ。
要するに、構図としては、何か原型となる概念が一つあり、そこから多様な変奏が生起する、というイメージなのである。
「有」という核が、「有るもの」にはある。
「有」が存在規定を与えるからこそ、「有るもの」が世界に現出するのだ。
これは、キリスト教神学と類似している。

存在論的差異を忘れることは、罪なのだろうか?
神が世界を創造しているということを忘れることが、罪だとすれば・・・。

ハイデガーは、私にとって最後の救いだ。
光が見えなくなったような日に、ハイデガーを読むと、イエズスの偉大さを改めて感じるからだ。
ハイデガーは、やはり無意味な問いを投げかけていたと。
つまり、私はハイデガーのような暗い孤独と闘わない、と。

ハイデガーは不思議な哲学者だ。
ナイフを握った少年が、ニーチェを分析的に読むと、ハイデガーになるような気がする。
とにかく、私には、ハイデガーが、人間の瀬戸際において到来する哲学者であると感じる。
「実存主義」などという言葉を使う必要はない。
アラン・バディウに依拠すれば、ハイデガーはドゥルーズの存在論とリンクしており、最早「実存主義」という一昔前のフレームに位置づける時代ではない。
ハイデガーの新しい解釈が必要なのだ。
デリダのハイデガーに対する姿勢は、どこかダンスしているようで私の感覚に合っている。
暗い世界でも、明るさを失わないこと。
それが最も大切な哲学の基礎であり、生き方の本意である。

高校時代も、中学時代も、嫌なこともあれば、楽しいことも沢山あったわけで、何も悲観的になる必要などない。
人間とは不思議なもので、その時の心持によって、世界が暗く見えたり明るく見えたりするのである。

写真2


世界は、「祈り」によって有る、と私は考えてみる。
祈り、それは、世界をまずは、自分が愛せるように見てみる、ということだ。
どんな見方でも初めはかまわない。
大切なことは、まず自分を愛すること。
そして、その愛を、少し隣人にも与えてあげること。
それだけで、愛は大きくなる。
もし、対人関係が得意でないならば、少なくとも、貧困で喘いでいる少年少女のために、「祈り」を捧げよう。
それだけで、神さまが、どれほど私たちを祝福してくださるだろうか。
それだけで、神さまは嬉しいのだ。
人が愛されたら嬉しいように、神さまも同じように愛されることを欲している。
だから、せっかくこの体を創ってくださり、世界を土台として与えてくださった神さまに、心から感謝しよう。

ハイデガーに足りないもの、それは「祈り」だ。
ハイデガーの思想から、「隣人愛」という概念が少しでも正統的に評価されたのならば、今の私はもっと彼を尊敬したことだろう。
問題的でしかありえない思想家は、真の思想家ではない。
哲学者は、「愛することを、してみたい」と、読者に思わせるほどにまで到達せねばならない。
それをしたのは、私が今知る限り、エマニュエル・レヴィナスと、イエズス・クリストの二人だけである。
レヴィナスを読む青年――なんとも優しいイメージを抱ける。
それは、レヴィナスが「他者」のことを、美しいほど大切にし続ける思想を構築したからである。
彼は、ユダヤ教的な思想の持ち主だが、実は、キリスト教的なのである。

戦争の只中という点で、ハイデガーの哲学を読むことは弾薬庫に飛び込むような重々しさを感じさせる。
戦後の苦難、そして救済、という点で、レヴィナスを読むことは、真に二十一世紀にとって必要なのだろう。
最も重要な哲学者は、フッサールとハイデガーを批判的に学び、独自の「倫理」を構築したエマニュエル・レヴィナスである。
そして、厳密なレヴェルでは、レヴィナスはキリスト教と幾つも差異を有するが、本質的には、つまり、「神を愛することとは、隣人を愛すること」であるという基底にある思想においては、共通していると考える。
レヴィナスは、キリスト教の正当性を、「神の死」以後に、改めて強く主張した、最初の哲学者なのだ。

私は、今年の春には洗礼を受けられるということが、嬉しい。
私は、もう誰の前で、誰をも、怖れる必要は無い。
畏怖すべきは、そして讃歌すべきは主イエズス・クリストだからだ。
私がカトリックの信徒になるということ、それは、私の二十一歳の、最高の思想的到達である。
あと長くて五十年間も、私はこの教会の優しくて温かいシスターさま、婦人会の皆様、そして年下から年配の信徒さまがたに囲まれて、生きることができる。
尊敬する神父さまの貴重な福音に、耳を傾け、魂に木漏れ日を与えることもできる。
「教会」としての人間こそ、私の全て。
私は、世界を愛する。
世界が、私を創造してくださり、愛してくださったのと同様に、それ以上に、世界を愛する。
世界は美しく、その構成因子としての私もまた、かけがえのない光であり、美しさの欠片である。
希望を持って生きること。
苦難に対して、「ありがとう」と感謝すること。
全てが、神の恵みであるのだから。

図2wer

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next