FC2ブログ

鈴村智久の研究室

表象文化論、美学の研究者鈴村智久です。哲学・思想ブログランキング総合2位。

読書する鴉の人形の想い出

Posted by 鈴村智久 on   0 comments   0 trackback

l.jpg

最近、自分の身近にあるもの、気がつけばいつの間にか自分の周りにあったものについて考えることが多い。
この読書する鴉の人形は、おそらく高校生くらいの頃に一度家族とショッピングへ出かけた際に、とある雑貨屋で一目惚れして、翌週くらいに自転車で単身買いに向かった思い入れの特に深いものだ。
ただ、この「雑貨屋に自転車で〜」というエピソードも、実は今の私には記憶が朧げになっていて、もしかすると後から夢に見た内容を現実で起きたことと混同している可能性も否定できない。
いずれにしても、当時の私は「読書する人形」に特別な魅力を感じていたことだけは確かだ。
数年後、私はこの鴉が手にしている本のタイトルが何かを考えた。
そして、おそらくウェルギリウスの『アエネイス』に違いない、という根拠のない確信を持って、書名をわざわざシールで貼ったのである。
リボンは確か、Diorで買い物した時の袋に付いていたリボンを再利用したものだと思う。
いずれにしても、私が読書する時、彼もまた読書しているような気がして、私たちはおそらくこれからも競い合うように切磋琢磨していくのだろう。



関連記事
スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://borges.blog118.fc2.com/tb.php/1953-1bba80fa