† 美術/アート †

陽気に、牧歌的にセックスを描いた、19世紀オーストリアの宮廷画家ペーター・フェンディについて

Nach dem Essen
Nach dem Essen


 このページでは、オーストリアの宮廷画家ペーター・フェンディの作品について紹介しよう。彼の描くこれらの作品は、どれも陽気で、純真無垢にセックスを楽しんでいる男女が描かれている。そこに悪意めいたもの、涜神的な企てなど皆無で、彼らはただ「気持ちいい」からそれに耽溺している様子である。この無垢さ、ある種幼子が母の乳房を自然に求めるように膚を重ね合う姿は、おそらくセックスが持つ「悦び」の本質であろう。
 Wikipediaに詳細なデータがあるので、以下にそちらを引用しておく。

ペーター・フェンディ(Peter Fendi、1796年9月4日 - 1842年8月28日[1])

オーストリアの宮廷画家[2]、風俗画家、リトグラフ作家[3]。ビーダーマイヤー時代の作家の一人として知られている[4]。

略歴

1796年9月4日に、父ジョセフ・フェンディと母エリザベスとの間に生まれた。父は学校の教員であった[1] 。ペーターは幼い頃に事故によって脊椎を損傷した[5]ものの、早い時期から絵の才能を示した。1810年[5]には、帝国美術アカデミー(現:ウィーン美術アカデミー)に13歳で入学を許され、3年間そこで学んだ[1]。その3年間で Johann Martin Fischer、Hubert Maurer、Johann Baptist von Lampi the Elder らに師事した[5]。
フェンディは、美術収集家でありヨーゼフ2世の個人眼科医であるジョセフ・バース(英語版)と知り合い、バースの知り合いであった他の影響ある美術家とも関係を持つようになったことで、1818年から Imperial Gallery of Coins and Antiquities (のちの美術史美術館)で職を得た[1][6]。そこでフェンディは設計図職人やエングレービングの作家としての仕事をこなした[7]。1821年には油彩作品「ヴィレニカ」でゴールドメダルを受賞[8]、そして1836年にはウィーン美術アカデミーの一員に選出された[7]。
フェンディは貴族や一般市民から絵の講師を依頼されることも時々あり、後年はより多くの時間を後進の指導に充てた。フェンディの教え子には Carl Schindler や Johann Friedrich Treml などがいる[9]。1842年8月28日に死去[1]。

作品

フェンディの作品には油絵や水彩画、エッチング、リトグラフ、木彫 (Wood carving) などといったさまざまな種類のものがある[1][9]とくにリトグラフの多色刷りではパイオニア的な業績を残したと考えられている[1]。フェンディは多くの画家から影響を受けており、オランダの画家ではアドリアーン・ブラウエル、アドリアーン・ファン・オスターデ、レンブラント・ファン・レインなどから多くの影響を受けている。また1821年にヴェニスへ旅行した際に、イタリアの画家であるジョヴァンニ・ベリーニ、ティントレット、ティツィアーノ・ヴェチェッリオ、パオロ・ヴェロネーゼらの作品を見て影響をうけている[10]。
フェンディの作品の中でも、貴族のポートレート作品[11]と、グループセックスなどをモチーフとしたエロティカの作品[12]がよく知られている。2人またはそれ以上での性交を題材にした水彩画は、ほとんどが実行可能な体位で描かれている[2]
フェンディの作品はアルベルティーナ美術館やオーストリア・ギャラリー、美術史美術館などに収蔵されている。またリヒテンシュタインの君主(英語版)のコレクションの中にフェンディの作品がある[1]。

脚注

^ a b c d e f g h “Painters: 200th Birthday of Peter Fendi”. AEIOU, Federal Ministry for Education, Science and Culture (Austria). 2010年2月7日閲覧。
^ a b Bullough & Bullough 1994, p. 48
^ Getty Research - Union List of Artist Names - Peter Fendi - Full Record Display Getty Foundation
^ Parsons 2008, p. 197
^ a b c Koschatzky 1988, p. 106
^ Waissenberger 1986, p. 164.
^ a b “Peter Fendi”. Idburyprints.com. Cotswolds, England: Idbury Prints Limited. 2010年2月7日閲覧。
^ “The books about Karst”. ProGEO Newsletter (ProGEO). (1998年) 2010年2月8日閲覧。
^ a b Norman 1987, p. 84.
^ Waissenberger 1986, p. 166.
^ Howard Gibbs 1997, p. 290
^ Néret, Gilles (March 2001). Erotica 19th Century. ICONS Series. Köln: Taschen. ISBN 382285512X.

参考文献

Parsons, Nicholas (2008), Vienna: A Cultural History, Oxford University Press US, ISBN 9780195376074.
Bullough, Vern L.; Bullough, Bonnie (1994), Human Sexuality: An Encyclopedia, Taylor & Francis, ISBN 9780824079727.
Howard Gibbs, Christopher (1997), The Cambridge Companion to Schubert, Cambridge University Press, ISBN 9780521484244.
Koschatzky, Walter (1988), Viennese Watercolors of the Nineteenth Century, Harry N. Abrams, Inc., ISBN 9780810913752.
Waissenberger, Robert (1986), Vienna in the Biedermeier Era, Rizzoli, ISBN 0847807150.
Norman, Geraldine (1977), Nineteenth Century Painters and Painting: A Dictionary, Thames & Hudson, ISBN 0520033280.



Das Liebespaar in der Kammer
Das Liebespaar in der Kammer

 フェンディは様々な体位を描いている。この絵では、男性がいかに女性を気持ちよくさせるか、それを交わりながら考えているかのようだ。そして、ここには何か宗教画ではけして到達し得ない、「肉感的な愛」の一端が曝け出ている。セックスは愛が芽生える引き金にもなりうるし、またそれが終わる要因でもある。だが、フェンディはあくまで牧歌的なまでセックスを無害化させ、透明なものとして、インテリアに溶け込ませているのだ。

Am Abend
Am Abend


Die Aussicht
Die Aussicht




関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next