† Twitter †

11/17のツイートまとめ

tomoichiro0001

「ボルヘス文学の遺産を受け継いだ著者が〈来るべき文学の可能性〉を提示した恐るべき恋愛小説。都市で生きる男と女の偶然の出会いを通して、緩やかに〈存在〉の迷宮が可視化していく……。」鈴村智久の最新作『アニエールの水浴』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/tnUOnXK5OL
11-17 22:37

「小説とは根源的に何なのか、その〈制度〉への懐疑なくして新しい現代文学は誕生しないと感じる全ての読書家への真の応答がここに!前衛的実験作品三篇を収録した来るべき文学のための羅針盤」鈴村智久『メリーゴーランド』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/G7sCTiTJw2
11-17 22:35

「ボルヘス文学と〈Web〉が革新的に融合した〈来るべき文学〉の誕生。〈個性〉の分散が加速する現代社会の中で、〈存在〉の在り方を探究した黙示録的な注目の最新短編集」鈴村智久『聖アントニウスの誘惑』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/hohcwdPZ7m
11-17 22:29

この壮麗な夜の都市風景を目にしたら、デ・キリコは何と囁くのだろう。(汐留ミュージアム周辺にて) http://t.co/SDdSbwj6Fq
11-17 20:21

ここはまた彼女と行かねば。ちなみにパナソニック汐留ミュージアムでは来年からエコール・ド・パリの貴公子ジュール・パスキンの生誕130周年展覧会が開催される模様。 http://t.co/unNj1cwx4x
11-17 20:19

汐留駅周辺のスタイリッシュな都市風景美に驚いた一日でもあった。 http://t.co/jPFPsXETlq
11-17 20:17

本日はパナソニック汐留ミュージアムにて東京で10年ぶりとなる待望のジョルジョ・デ・キリコ展。最も好きな画家の一人だけあり、今回の展覧会は非常に収穫が多かった。 http://t.co/tXqAbwAwS4
11-17 20:14

キリコに影響を与えたアルノルト・ベックリンについて。 http://t.co/lJYtVWANOB
11-17 18:36

12月に開催される新国立劇場でのバレエ《シンデレラ》(プロコフィエフ)のチケットは、彼女の分と2枚良い席を確保できました。
11-17 15:31

Web社会の「盲点」から現代人の名状し難い孤独を炙り出し、存在論とメディア論の新たな地平を描出した来るべき時代の黙示録。鈴村智久『聖アントニウスの誘惑』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/hohcwdPZ7m
11-17 08:15

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next