† Twitter †

01/29のツイートまとめ

tomoichiro0001

「ボルヘス文学の遺産を受け継いだ著者が〈来るべき文学の可能性〉を提示した恐るべき恋愛小説。都市で生きる男と女の偶然の出会いを通して、緩やかに〈存在〉の迷宮が可視化していく……。」鈴村智久の最新作『アニエールの水浴』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/tnUOnXK5OL
01-29 22:37

「小説とは根源的に何なのか、その〈制度〉への懐疑なくして新しい現代文学は誕生しないと感じる全ての読書家への真の応答がここに!前衛的実験作品三篇を収録した来るべき文学のための羅針盤」鈴村智久『メリーゴーランド』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/G7sCTiTJw2
01-29 22:34

「ボルヘス文学と〈Web〉が革新的に融合した〈来るべき文学〉の誕生。〈個性〉の分散が加速する現代社会の中で、〈存在〉の在り方を探究した黙示録的な注目の最新短編集」鈴村智久『聖アントニウスの誘惑』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/hohcwdPZ7m
01-29 22:29

〉ちなみに、この小説を書いていた時、私はまだ20歳でした。カトリックで洗礼を受けようと決めた時期に当たります。『聖アントニウスの誘惑』:http://t.co/0OXmuO444U:Kindle Store http://t.co/9OHxPlgCZv
01-29 19:40

こうして発売中の自分の小説を並べると、まるで自分の分身のような気がしてくる。小説は評論では書き得ない感性的なものの「残余」を回収してくれます。〉http://t.co/0OXmuO444U: 鈴村智久: Kindleストア http://t.co/XXwgCkBX6Z
01-29 19:38

『クランチマガジン』誌上の展覧会レビューも増えてきました。ワーグナーについても書く予定です。〉鈴村智久 さんの作品一覧 | CRUNCH MAGAZINE インターネット文芸誌 https://t.co/VOSPEe2gwN
01-29 19:35

人間の手の形態において最も美的であるのは小指ではないか。それは常に外側に曝け出されつつ、かつ最も小さい指である。機能的には親指に劣り、中指のように器用でもない。そして薬指という兄に言わば圧迫され、世界に露出した位置にある。小指、それは指の美学における王族ではないのか。
01-29 15:12

Web社会の「盲点」から現代人の名状し難い孤独を炙り出し、存在論とメディア論の新たな地平を描出した来るべき時代の黙示録。鈴村智久『聖アントニウスの誘惑』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/hohcwdPZ7m
01-29 08:15

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next