† Twitter †

02/03のツイートまとめ

tomoichiro0001

「ボルヘス文学の遺産を受け継いだ著者が〈来るべき文学の可能性〉を提示した恐るべき恋愛小説。都市で生きる男と女の偶然の出会いを通して、緩やかに〈存在〉の迷宮が可視化していく……。」鈴村智久の最新作『アニエールの水浴』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/tnUOnXK5OL
02-03 22:37

「小説とは根源的に何なのか、その〈制度〉への懐疑なくして新しい現代文学は誕生しないと感じる全ての読書家への真の応答がここに!前衛的実験作品三篇を収録した来るべき文学のための羅針盤」鈴村智久『メリーゴーランド』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/G7sCTiTJw2
02-03 22:35

「ボルヘス文学と〈Web〉が革新的に融合した〈来るべき文学〉の誕生。〈個性〉の分散が加速する現代社会の中で、〈存在〉の在り方を探究した黙示録的な注目の最新短編集」鈴村智久『聖アントニウスの誘惑』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/hohcwdPZ7m
02-03 22:29

私が書いて、ユカ様が朗読されるというのは、私の夢の一つでした。読んで下さる方がいるという条件が、執筆において明白に「読者を意識する」ことに繋がるからです。そして、物語朗読は楽しい。朗読カフェが存在する理由もなんとなく分かります。
02-03 18:59

RT @lunar_shirayuki: iPhone3GSを使っていた頃のノーメイク http://t.co/NKB9xaWo5w
02-03 18:52

RT @lunar_shirayuki: 私もその内朗読します。笑てか歌いますw
02-03 18:52

現在は、門倉ユカ様が朗読して下さることを想定した物語を執筆中です。
02-03 18:50

最近、YouTubeに私が書いた小説を私自身で朗読した音声作品をUPしています。これが意外に面白い。というのは、書いた小説を「音読」することで、自分の文章上のミスや癖などを洗える一つの機会になるからです。そして何より、「音読」を視野に入れた小説作りは執筆にある変化をもたらします。
02-03 18:47

Web社会の「盲点」から現代人の名状し難い孤独を炙り出し、存在論とメディア論の新たな地平を描出した来るべき時代の黙示録。鈴村智久『聖アントニウスの誘惑』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/hohcwdPZ7m
02-03 08:15

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next