FC2ブログ

鈴村智久の研究室

表象文化論、美学の研究者鈴村智久です。哲学・思想ブログランキング総合2位。

際限なく顔を傷付けることの新たな地平――ジェニー・サヴィルとフランシス・ベーコンについての再考

Posted by 鈴村智久 on   0 comments   0 trackback



 フランシス・ベーコンとジェニー・サヴィルに共通した「皮膚のillusionism」については、既にこのサイトで何度か言及してきた。今回は、「傷」という概念を使って美学的に彼らの芸術に迫ってみよう。どちらの絵も頭部に何らかの変容を来している点で共通している。ベーコンの場合、こうした肉の「彎曲」は彼の芸術の様式となっており、一方的にこれらを全て「痛め付けられた人間の姿」として把捉することはできない。しかし、サヴィルの場合は一貫して、徹底的に痛め付けられ、最早その「痛み」にすら気付くことができないほどの次元にまで達した存在者を描いている点では、明らかに「傷」というテーマと結び付く。そして、サヴィルの「傷」とベーコンの頭部をこうして二つ並置させることによって、逆にベーコンの絵画が持つ「傷」、「痛み」を照射し易くなるのではないだろうか。
 
Stare.jpg
ジェニー・サヴィル《凝視》


 サヴィルが代表作として名高い《凝視》で告げているのは、捩じ伏せられ、傷付いた人間の「悲劇性」などではない。この絵は、暴力を悪として提起しているのではないのだ。この絵の問題性は、もっと別の次元に属している。これは、いわば「生きる」ことは「傷付き続ける」ことであるという、サヴィルの作品に一貫する信念を告知したものである。つまり、「傷」にはネガティブな意味など微塵もない。殴られること、顔を踏まれ、何度も蹴られ続けて多量に出血することは、彼女の作品世界においてはパラドクシカルにも、「救済」の次元に接続しているのである。
 いみじくも偽ロンギノスは、その『崇高について』の中で、以下のように述べている。

「…最も偉大な自然の才は最も傷が多いことを私は十分に知悉している。全てにわたっての正確無比はことをまるっきり小さなものにしてしまう危険をもつ。偉大なものにあっては、あまりに大きな富におけるのと同様に、何かしら見落とされるものがあって当然なのだ。程度の低い、平凡な生来の性質が危険を冒してまで高貴を求めようとしないのでたいてい失敗することはないのに対して、偉大なものはそれ自体がもともと失敗をやってのけるようにできている」(偽ロンギノス『崇高について』 p164、小田実訳、河合文化教育研究所)

 

 ここで偽ロンギノスは、「偉大なもの」の条件として、「傷」があることに触れている。危険を被ったことの痕跡である「傷」は、常軌を逸した才能を開くものとして示唆されているのだ。
 無論、「傷」といっても、そこには物理的な打撃だけではなく、精神的な傷も含まれる。トラウマ、精神的な火傷、裂傷、打撲、骨折……これらも含めて、サヴィルは絵画の表面にいわば「内的な傷」を提示していると考えることができるだろう。見えない傷が、いわば顔の表面にこびりついた夥しい「瘡蓋」や「血糊」となって表象=代理されているのである。内なる傷は、外面の傷と常に交換可能である。より端的にいえば、内に隠れている傷は、何らかの形で外部に露骨に現れることがあるのだ。

Francis Bacon Three Studies for a Portrait of Lucian Freud
フランシス・ベーコン《ルシアン・フロイドの肖像のための三つの習作》


 ベーコンにも、無論こうした「顔」への暴力を読み取ることはできる。「顔」を傷付ける行為は、いわば人間存在への最大の侮辱であり、侵犯である。だが、サヴィルにもベーコンにも共通しているのは、これほど深い暴力を受けているにも関わらず、彼らがどこか幸せな眼差しを孕んでいる点である。否、より正確に言えば、これらの「傷」は、ある種の自己犠牲的な側面を帯びてもいるのではないだろうか。つまり、誰かに攻撃されたのではなく、「自らに与えた自己救済的な傷」なのではないだろうか。だとすれば、ここにおいて、芸術は甘美に「受苦」と手を結ぶのである。我々は生きる上で、常に夥しい「傷」を受けながら、必死に、懸命に生きている。迷い彷徨い、息継ぎを繰り返しながら、歯を食い縛って、誰にも手を差し伸べられず、あらゆる救済を否定しつつも、それでも無意味なこの世界という荒野を生きている。この二名の偉大な画家は、こうした「荒野」を生き抜く人間の実相を描出した、おそらく最初期の画家たちである。






関連記事
スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://borges.blog118.fc2.com/tb.php/2108-be71c6d2