FC2ブログ

鈴村智久の研究室

表象文化論、美学の研究者鈴村智久です。哲学・思想ブログランキング総合2位。

03/07のツイートまとめ

Posted by 鈴村智久 on   0 comments   0 trackback

tomoichiro0001

RT @yuji_ikegaya: 亡くなった後に脳のシナプスを調べれば、生前にどんな体験をしたか、その記憶内容がわかるそうです。今週の『ネイチャー』より→http://t.co/kJXfpZc0ms(ネズミでの検証とはいえビックリ…「記憶はシナプスの重みの空間に外界を写し取っ…
03-07 23:28

「ボルヘス文学の遺産を受け継いだ著者が〈来るべき文学の可能性〉を提示した恐るべき恋愛小説。都市で生きる男と女の偶然の出会いを通して、緩やかに〈存在〉の迷宮が可視化していく……。」鈴村智久の最新作『アニエールの水浴』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/F4DNMDHv3Y
03-07 22:38

「小説とは根源的に何なのか、その〈制度〉への懐疑なくして新しい現代文学は誕生しないと感じる全ての読書家への真の応答がここに!前衛的実験作品三篇を収録した来るべき文学のための羅針盤」鈴村智久『メリーゴーランド』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/PAI547jgZg
03-07 22:37

「ボルヘス文学と〈Web〉が革新的に融合した〈来るべき文学〉の誕生。〈個性〉の分散が加速する現代社会の中で、〈存在〉の在り方を探究した黙示録的な注目の最新短編集」鈴村智久『聖アントニウスの誘惑』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/hohcwdynZi
03-07 22:29

今、世界の美術品が中国の美術館に購入されていっている。14年の美術品落札総額、過去最高の1.8兆円 http://t.co/hVEn8vaMEn
03-07 19:55

RT @museumofart_jp: 【2016年】魔女がテーマの展覧会が日本初開催 国内外の作品100点公開http://t.co/Kc6YZMhBYO http://t.co/PtS2NcMMw7
03-07 19:47

RT @museumofart_jp: 【3日より】グエルチーノ展 よみがえるバロックの画家@国立西洋美術館2015.3.3tue−5.31sunhttp://t.co/zOi21W0CGb http://t.co/tgm0uOCxgz
03-07 19:47

RT @museumofart_jp: 【3月25日より】『マグリット展』に代表作含む約130点、日本では13年ぶりの大回顧展http://t.co/J2Ym18ukCQ http://t.co/Vg6NiTDxQh
03-07 19:47

RT @museumofart_jp: 【21日より】ボッティチェリの門外不出の絵画が日本初展示、『ボッティチェリとルネサンス』展http://t.co/6lJHqdaCW9 http://t.co/PlIF1DrAcB
03-07 19:46

今日はアクィーノの聖トマスの生誕日ですね。トマスと同じカトリックの信徒として誇りに思います。
03-07 19:39

RT @Iwanamishoten: 1274年3月7日,トマス・アクィナス歿.『神学大全』などを著した中世最大の哲学者は,政治観念のパラダイムを大きく転換させ,近代への道を開いた思想家でもありました.その思想像に新たな光を当て,西欧政治思想の流れの中に位置づける1冊が☞ ht…
03-07 19:36

RT @BaddieBeagle: "「音を聴く」という営みは今日、メディア環境の急速な変化に晒されながら、その姿を大きく変貌させつつある…":表象文化論学会『表象〈09〉:音と聴取のアルケオロジー』 http://t.co/nY74uBHgLI
03-07 15:15

RT @eksistenz: ハイデガーの『黒ノート』続巻(1942‐48年)刊行。反ユダヤ主義の文言を含めて、終戦を挟んでの思考の軌跡が明らかに。M. Heidegger, Anmerkungen I-V (Schwarze Hefte 1942-1948) http://t…
03-07 15:14

RT @homo_stultus: フライブルク大学が「ハイデガー講座」のポジションを言語哲学にし、かつ「講師」に格下げする話、「黒ノート」が影響しているという憶測もあるよう。マルクス・ガブリエルがオンライン署名を集めると言っているらしい。ぜひ協力したい。 http://t.c
03-07 15:13

RT @Villiers_bot: 彼女は或る種の生活様式を採用したが、これは彼女がその秘法を究めた一方法によつて維持されて、彼女に白薔薇のすばらしい蒼白さと美しい血潮の瑞々しさを失はせなかつた。(イシス)
03-07 01:40

RT @akihito_suzuki: だから、重要ではない細部に過度にこだわるのが pedant で、古今東西の文献からこれ見よがしに引用するのが 衒学的 という理解をしている。敢えて東大のキャンパスでいうと、本郷が前者、駒場が後者に陥る可能性が高いといえるかもしれません(笑)
03-07 01:28

RT @akihito_suzuki: pedant はむしろ、知識の細々とした部分に、その必要もないのに偏執狂的にこだわることという意味あいが強い。そこに教養の誇示とかみせつけるという意味は薄い。これは念のためOEDまで引いて例文を見ました(これが pedantry ですね …
03-07 01:27

RT @akihito_suzuki: 日本語の「衒学」は、基本的には教養や学識を「みせびらかす」ことで、言及の必要ないときに、それに言及することを意味するというのが私の理解。その目的は、自分が学問に関することを色々と知っているぞということを誇示するため。pedant の意味は…
03-07 01:27

RT @akihito_suzuki: 大学にとって教養とは何かという議論がTL上で盛ん。どう関係あるのかよく分からないけれども、英語の pedant という語を、日本語で「衒学」と誤訳していることが関係すると思っている。
03-07 01:27

RT @shinobuyoshi: W.ブルッゲマン『旧約聖書神学用語辞典─響き合う信仰』(日本キリスト教団出版局、2015年3月予定) http://t.co/Eb3V4D0cqEこれは欲しい。因みに、監修者の一人左近豊氏はブルッゲマンに師事した方。
03-07 01:17

音楽愛好者には言うまでもありませんが、YouTubeに流れている全てのクラシック音楽は、「音質」がCDと比較すると格段に劣ります。当然、録音であるCDも生演奏に較べると天と地の差があります。絵画においてなぜ「実作」を観ることが重視されるかも、実は同じような理由に拠ります。
03-07 01:01

レージネヴァのアリアを聴く習慣を持ち始めてからというもの、肌の美容効果も実感し始めています。私はスキンケアへのこだわりは非常に強いタイプですが、ヴィヴァルディの《メッセニアの神託》を聴いてからというもの、前よりもかなり快調になった気がいたします。
03-07 00:56

関連記事
スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://borges.blog118.fc2.com/tb.php/2138-db8eefd5