† 著作 †

【祝/売上増加御礼!】初めてカトリックのタブーを描出した鈴村智久による渾身の性愛文学『黒アゲハ』、売上好調です。


黒アゲハ: BLACK SWALLOWTAIL黒アゲハ: BLACK SWALLOWTAIL
(2015/03/12)
鈴村智久

商品詳細を見る



〜「露出症」的エクリチュールの極北〜
東京大学総合文化研究科准教授でデフォーやスウィフトなど十八世紀英文学研究で名高い武田将明先生が鈴村智久の小説『黒アゲハ』をTwitter上で「お気に入り」に入れて下さいました!


内容紹介

飽くことなき女色に耽った十八世紀英国の放蕩貴族ロチェスターに我が身を仮託しつつ、果てしなくセックスを繰り返す青年の日常がポップに描かれた《BUTTERFLY SEX》。
名門カトリック女子高を素行不良から退学し、初めてポルノに出演することになった少女の卑俗な言語を媒介にして描出される性の宴《BLACK SWALLOWTAIL》。
性愛にのみ聖性の回復を企てる青年が出会った女との忘れられない一夜《LINGERIE HEART》の三篇を収録。
卑俗かつ挑発的な言語を大胆に駆使した「露出症」的エクリチュールの極北。
【装訂/門倉ユカ】

【目次】

1《BLACK SWALLOWTAIL》
2《BUTTERFLY SEX》
3《LINGERIE HEART》


関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next