† Twitter †

03/24のツイートまとめ

tomoichiro0001

「ドライブ中に辿り着いた地図上には存在しない海辺、神父には姿の見えない奇怪な少年の姿など、平穏な日常に侵入する〈不気味なもの〉をテーマにした、八つの野心的な幻想小説を収録」鈴村智久『ある奇妙な地理学的試論』(装訂/門倉ユカ)。 http://t.co/flDdGL0xlA
03-24 21:39

「小説とは根源的に何なのか、その〈制度〉への懐疑なくして新しい現代文学は誕生しないと感じる全ての読書家への真の応答がここにある。前衛的実験作品三篇を収録した来るべき文学のための羅針盤」鈴村智久『メリーゴーランド』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/PAI547jgZg
03-24 21:16

「飽くことなき女色に耽った十八世紀英国の放蕩貴族ロチェスターに我が身を仮託しつつ、果てしなくセックスを繰り返す青年の物語《BUTTERFLY SEX》等、 挑発的言語を大胆に駆使した性愛文学」 鈴村智久『黒アゲハ』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/6TGpCPHa0Q
03-24 20:43

「ボルヘス文学の遺産を受け継いだ著者が〈来るべき文学の可能性〉を提示した恐るべき恋愛小説。都市で生きる男と女の偶然の出会いを通して、緩やかに〈存在〉の迷宮が可視化していく……。」鈴村智久の最新作『アニエールの水浴』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/F4DNMDHv3Y
03-24 20:17

「ジョイス以後の文学における言語実験の一頂点をなしたソレルスの傑作。待望の改訂版」4月中旬発売予定:ソレルス『ドラマ』 http://t.co/gRKlVxKRlM
03-24 19:01

@lunar_shirayuki 4/5は日曜日だし、どこかで記念日らしくしたいね🌟
03-24 16:26

RT @PQuignard_Bot: 彼にとって小説とは、うち捨てられたもの、あるいは押し黙っているものが、すべてそこに集められるイグサの籠だった。すべてが名づけられうる、この世のある場所。人間の頭の内部を映す鏡は、小説のほかにない。この点では、詩も、哲学も、戯曲も、音楽も、絵…
03-24 15:07

「ある日、奇妙な塔で暮らす少年に出会い、間もなく大津波がやって来るという予言を知らされて……。切実なメッセージが込められた、〈書く〉ことと〈建てる〉ことの真意を問う3.11以後の新しい文学」鈴村智久『空き地と津波』http://t.co/8y4W9zKe6V
03-24 12:45

「ボルヘス文学と〈Web〉が革新的に融合した〈来るべき文学〉の誕生。〈個性〉の分散が加速する現代社会の中で、〈存在〉の在り方を探究した黙示録的な注目の最新短編集」鈴村智久『聖アントニウスの誘惑』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/hohcwdynZi
03-24 12:37

神奈川県立音楽堂の公式Twitter、かなり私の発言をリツイートして下さっていたのですね。《メッセニアの神託》についての評論は『ヴィスコンティの美学』の次に発売するオペラに関する研究書で、一つ章を設けて取り入れる予定です。素敵な時間をどうもありがとうございました。
03-24 09:21



RT @messenia2015: こんにちは。「メッセニアの神託」特設サイト⇒ http://t.co/mGBluYmUYb ですが、公演終了から1カ月ということで、来週半ばをめどに閉鎖いたします。ご愛読、ご来場ありがとうございました!今後とも神奈川県立音楽堂をよろしくお願い…
03-24 09:15

キニャールといえば、東大駒場で観たジャコメッティと〈モデルニテ〉の展覧会を思い出す。私がこの作家に惹かれ始めたのも、あの展覧会からだった。
03-24 09:06

RT @PQuignard_Bot: はたして人の物語は夢より意のままだろうか。私はそれが小説 デクラマテイオ のように圧倒的なものであってほしいと願う。小説は真昼に語られ、夢は夜に語られる。
03-24 09:03

RT @PQuignard_Bot: 物語や小話(declamationessive saturae)の作者は、感情と日々の錯綜のなかから夜露の玉をつける糸を編む蜘蛛だ。
03-24 09:01

RT @mak_in: グッゲンハイム美術館は一番好きな建築物なんだよな。一度は行ってみたい / “TOMOHISA SUZUMURA’S CRITICAL SPACE ー 鈴村智久の批評空間  建築家フランク・O.ゲーリーを中心にした「皮膜」の思考――…” http://t.…
03-24 08:49

RT @junichi_abe: 「新しい自己」を発見してくためのマッピングとしての小説――これまで発売した七冊の小説についての省察 http://t.co/e3unPBREo9
03-24 08:42

それにしても、3月は恐ろしく充実している。上旬に奇蹟のような最高のオペラ二本に出会えたことに加え、小説、評論と書籍化が進んだ。
03-24 07:41

間もなく出版の運びになるでしょう。既にカバーレイアウトは完成しています。「鈴村智久に決定的な影響を与えた20世紀のイタリア人貴族、その映像美学をアリストテレスの『詩学』などから分析した初の本格的な研究書『ヴィスコンティの美学』」 http://t.co/2BHa3Y9ANn
03-24 07:35

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next