FC2ブログ

† Twitter †

05/03のツイートまとめ

tomoichiro0001

「映画界のみならずオペラ、演劇界に決定的な影響を及ぼし、後世の文化人に未だ深い感銘と陶酔を与え続けるイタリアの名門貴族の血を引くルキノ・ヴィスコンティ。その美的原理を最新の美学によって徹底的に分析する」鈴村智久『ヴィスコンティの美学』http://t.co/LmGP9wjVVJ
05-03 22:19

「ドライブ中に辿り着いた地図上には存在しない海辺、神父には姿の見えない奇怪な少年の姿など、平穏な日常に侵入する〈不気味なもの〉をテーマにした、八つの野心的な幻想小説を収録」鈴村智久『ある奇妙な地理学的試論』(装訂/門倉ユカ)。 http://t.co/flDdGL0xlA
05-03 21:40

「小説とは根源的に何なのか、その〈制度〉への懐疑なくして新しい現代文学は誕生しないと感じる全ての読書家への真の応答がここにある。前衛的実験作品三篇を収録した来るべき文学のための羅針盤」鈴村智久『メリーゴーランド』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/PAI547jgZg
05-03 21:16

二人とも仕事が終わり、外出から帰宅して室内でくつろいでいる、こののんびりした穏やかなひととき。さて、そろそろ執筆を始めようかな。
05-03 21:02

今日は爽やかな夏空の下、気分転換に良いショッピングができました。やっぱり東京は楽しいな。
05-03 20:54

もうすぐ母の日(5/10)なので、デパートで彼女と、前回の夕食の御礼の意味も込めて贈り物を購入。
05-03 20:53

「飽くことなき女色に耽った十八世紀英国の放蕩貴族ロチェスターに我が身を仮託しつつ、果てしなくセックスを繰り返す青年の物語《BUTTERFLY SEX》等、 挑発的言語を大胆に駆使した性愛文学」 鈴村智久『黒アゲハ』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/6TGpCPHa0Q
05-03 20:43

「ボルヘス文学の遺産を受け継いだ著者が〈来るべき文学の可能性〉を提示した恐るべき恋愛小説。都市で生きる男と女の偶然の出会いを通して、緩やかに〈存在〉の迷宮が可視化していく……。」鈴村智久の最新作『アニエールの水浴』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/F4DNMDHv3Y
05-03 20:17

一つの小説を継続して書く上での秘訣として、「自分の過去」をメタファーであれ、リアリスティックな様式であれ吸収し、テクストに自身の体験に根ざす「匂い」を付けることが挙げられると思います。
05-03 19:56

新しく書き始めた小説は、私の中でエンターテイメントと「書きたいこと」が程よく共存できるような世界観なので、『聖アントニウスの誘惑』を更に発展させるという意味でも、しっかりした描写を心掛けてじっくり書き続けたい。
05-03 19:49



本日は彼女とショッピング。彼女はオシャレな日傘と春夏用の明るいカーディガン。私はブラックのカジュアルパンツを購入。
05-03 19:11

「ある日、奇妙な塔で暮らす少年に出会い、間もなく大津波がやって来るという予言を知らされて……。切実なメッセージが込められた、〈書く〉ことと〈建てる〉ことの真意を問う3.11以後の新しい文学」鈴村智久『空き地と津波』http://t.co/8y4W9zKe6V
05-03 12:46

「ボルヘス文学と〈Web〉が革新的に融合した〈来るべき文学〉の誕生。〈個性〉の分散が加速する現代社会の中で、〈存在〉の在り方を探究した黙示録的な注目の最新短編集」鈴村智久『聖アントニウスの誘惑』(装訂/門倉ユカ)http://t.co/hohcwdynZi
05-03 12:40

RT @lunar_shirayuki: アンナ・カヴァンは『アサイラム・ピース』も気になぁる・・・異国の地で城の地下牢に囚われた薔薇のあざをもつ女ーーーhttp://t.co/ZRwgkWmTuw
05-03 02:54

RT @akihito_suzuki: 中世ヨーロッパの健康と病気についての優れた入門的な記述。とりわけ、『聖アントニウスの火」という「疾病」の位置づけが興味深かったです。中世ヨーロッパの健康と疾病 - akihitosuzuhttp://t.co/VlDYJdZzz8
05-03 02:24

RT @taka_matari11: 批評家の若松英輔さんは、「イエス伝第一章」で、ベルナノスの『月下の大墓地』に言及されていた。作家の遠藤周作はベルナノス著作集が春秋社から刊行された時、喜びの文章を記していた。手元には全6巻の著作集がある。読まれないならば、ほんの一滴を味わう…
05-03 02:22

RT @taka_matari11: ジョルジュ・ベルナノスを読む人はいない、とある人が言っているのを、人づてに聞いた。そうかもしれない。だが、読まれないということと、価値がないことは違う。かなり前に、春秋社から出た著作集第6巻の戦後論集を読むと、あまりに今を剔抉していることに…
05-03 02:22

RT @marenostrum2: ジャーサラダってなんですか?こうですか?わかりません。http://t.co/Id0IL58rPJ http://t.co/e8rt1Y2XDm
05-03 01:56

RT @marenostrum2: 薬になる動植物をのせました!という写本には、たまに妖怪っぽいのもいる。15世紀 BnF Grec 2183 f.161v f.163r http://t.co/g8j2EAI5u7
05-03 01:53

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next