† Twitter †

05/18のツイートまとめ

tomoichiro0001

RT @dessinatrice001: 「飽くことなき女色に耽った十八世紀英国の放蕩貴族ロチェスターに我が身を仮託しつつ、果てしなくセックスを繰り返す青年の物語《BUTTERFLY SEX》等、 挑発的言語を大胆に駆使した性愛文学」 鈴村智久『黒アゲハ』(装訂/門倉ユカ)
05-18 21:32

RT @dessinatrice001: 「映画界のみならずオペラ、演劇界に決定的な影響を及ぼし、後世の文化人に未だ深い感銘と陶酔を与え続けるイタリアの名門貴族の血を引くルキノ・ヴィスコンティ。その美的原理を最新の美学によって徹底的に分析する」鈴村智久『ヴィスコンティの美学』h…
05-18 21:32

RT @lunar_shirayuki: この季節の青山から夜の宮益坂を歩くのは好きだったりする
05-18 21:26

RT @lunar_shirayuki: Bunkamuraでの『幻想耽美』展のトークイベントが谷川渥氏か〜!
05-18 21:24

RT @lunar_shirayuki: 彼氏にペアリングをつけたいねと言われてるのが嬉しおす(*´^`)♡
05-18 21:24

RT @taroigarashi: 10+1 web siteの特集「展示・観衆・アーカイブ──第四世代の美術館に向けて」で、メディア論的にミュージアムを研究する村田麻里子さんと対談を行う。美術館と建築の現在、各ジャンルにおける収蔵からアーカイブのあり方、展示の手法についてなど…
05-18 18:50

最近新たに注目を集めている井筒俊彦の『コスモスとアンチコスモス』も落掌しましたので読み始めました。講演会の記録原稿という形式で、理路整然と「コスモス」、「カオス」、「アンチコスモス」などの概念について解釈されています。東洋思想と西洋思想の架け橋を模索している読者に極めて有益。
05-18 16:23

昨日は執筆の資料として、ボルヘスも愛読していたG・ショーレムの主著『ユダヤ神秘主義』第6章を読んでいました。モーセス・デ・レオンの『ゾーハル』におけるセフィロース論、及び宇宙論について深く分析しています。ボルヘジアンにもお勧めの大著でしょう。
05-18 16:19

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next