† Twitter †

05/19のツイートまとめ

tomoichiro0001

RT @Liebesfreud: ビョルン•アンドレセンが10代の頃はこうです。麗しい。 http://t.co/q3QK6TE2Ly
05-19 20:42

RT @marsh_seal: ビョルン・アンドレセンは本当美しい老い方をしてる http://t.co/uXxn3q7ABd
05-19 20:42

RT @DJSKYFALL69: お真面目ならトリュフォー、ゴダール、ワイダ、フォルマン、ヴィスコンティ、大島渚監督作品は確実でしょう。大都市限定でも日本の良いところはどの国の作品でも観ようと思い立てば観られる点。ただし意味不明な基準でやたら制限をかけるなと思う。#25歳になる…
05-19 20:38

RT @yasujioshiba: このライアップにはびっくり。ベロッキオやソッレンティーノ、そしてネズミのジージョを撮った市川崑なんかがさりげなく混じっているじゃない。しかもヴィスコンティは、『熊座の淡き星影』という渋い選択。これは行かなきゃね。 https://t.co/A
05-19 20:37

『ヴィスコンティの美学』が『聖アントニウスの誘惑』に並ぶほど売れるとは思いませんでした。やはり今でも、あの名門イタリア人貴族をリスペクトしている意識の高い方が多いと改めて実感。
05-19 20:28

RT @nekonoizumi: @岩波文庫7月。内藤湖南『中国近世史』ノヴァーリス/今泉文子訳『夜の讃歌・サイスの弟子たち 他一篇』カール・シュミット/樋口陽一訳『現代議会主義の精神史的状況 他一篇』『原民喜全詩集』
05-19 13:35

RT @sacreconomie: シュミットは岩波文庫に入るのに、その論敵であったペーターゾンは翻訳すらされない。政治神学を考える際に避けて通れない思想家のはずだけど。出版社の方、お待ちしております。
05-19 13:35

RT @deja_lu: 魅力的な言葉を残している人だと10年以上気になっていていつか調べてみようなどと漠然と思っていた人物がどうやら存在しないことがわかった。ポーランがよく『著作集○巻』などとして引用するpère Botzarro(ボッツァロ神父?)、ポーランの創作だった。ま…
05-19 13:20

RT @deja_lu: REPRE24では、デリダ『獣と主権者Ⅰ』とビダン『モーリス・ブランショ 不可視のパートナー』の紹介文を書いています。http://t.co/6ABYwlcSHX
05-19 13:18

RT @201yos1: 聖書はとても分かりにくい書物だ。こういう書物を読み解く為には、分かろうとする姿勢のみではなく、分かりにくさを分かりにくさのままに抱え込み続ける姿勢や、なぜ分かりにくいのかその意味を説き明かしていく姿勢が不可欠だ。これを読めば聖書が分かるという類の書物は…
05-19 13:15



RT @201yos1: 神への信仰は、人間の心の空虚を満たすものとして捉えられてきたのではない。むしろ、この世界の何を得ても満たされる事のない人間精神の最も深い渇望を呼び覚ますものとして捉えられてきた。人間の心の空虚を新たな仕方で自覚させるものとして、神と呼ばれてる何ものかと…
05-19 13:14

RT @201yos1: この世界の中の何ものも「神」ではなく、この世界全体も「神」ではないというのが、超越神を信じる一神教の特徴だとすれば、ある意味、それは、無神論に近い。この世界のどこを探しても「神」を見出すことはできないからだ。一神教は、或る種の多神教よりは、或る種の無神…
05-19 13:14

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next