† Twitter †

05/28のツイートまとめ

tomoichiro0001

RT @mmeouioui: 1873年1月2日-1897年9月30日はフランスのカルメル会修道女。本名はマリー・フランソワーズ・テレーズ・マルタン。日本ではリジューのテレジア、幼きイエスのテレーズ(テレジア)、小さき花のテレジアなどとも呼ばれる。 http://t.co/D5
05-28 16:21

RT @holyvirtuesMARY: 1-2涙で 美しく輝く あなたの御顔に魅せられている わたしの愛わたしは 涙のときにも 微笑みますあなたの苦しみに寄り添って…幼きイエスと尊き面影の聖テレーズこの世での わたしの天国 (詩) http://t.co/wJr
05-28 16:21

RT @holyvirtuesMARY: 6黄金色の 豊かな実りを集めることができますようにあなたの炎で わたしを燃やし尽くしてくださいそして すぐにあなたの愛に満ちた唇の永遠の口づけをわたしに お与えくださいませ…!幼きイエスと尊き面影の 聖テレーズ htt…
05-28 16:20

RT @cherub_of_MARY: @tuebin1 おぉマリアもしも…わたしが天の女王であなたがテレーズならばあなたに天の女王となっていただくためにわたしはテレーズになることでしょう…!!! 1897.9.8 幼きイエスの 聖テレーズ(絶筆) ht…
05-28 16:19

凄いな。立て続けにカトリック関連の重要書が、ちくま学芸文庫などのメジャーどころで刊行されている。俄かに「カトリック・ルネサンス」が日本でも始まるのではないでしょうか。できれば是非、女性信徒から圧倒的な人気を誇る幼きイエスの聖テレーズの自叙伝も大手の文庫サイズで刊行して欲しい。
05-28 16:05

RT @nekonoizumi: ちくま学芸文庫7月。「神の知恵への人間の参与とは何か。近代日本カトリシズムの指導者・岩下壮一が公教要理を詳説し、キリスト教の精髄を明かした大著。解説 稲垣良典」⇒岩下壮一『カトリックの信仰』http://t.co/qNgGBhZjZn
05-28 16:01

RT @nekonoizumi: 『カトリックの信仰』http://t.co/qNgGBhZjZn、岩波文庫の『信仰の遺産』http://t.co/rD9TkW8vhJ、輪倉一広『司祭平服と癩菌―岩下壮一の生涯と救癩思想』吉田書店http://t.co/mNjjnc7ySlと岩…
05-28 16:00

RT @201yos1: 新約聖書では、四つの福音書において、重なりつつもずれた仕方で「イエスとは誰か」という問いに対する複数の答えが提示されます。これら複数のイエス像に触れることを通じて、読者の中に植え付けられるのは、答えではなく「問いとしてのイエス」であり、「イエスとは誰か…
05-28 15:59

RT @parages: 明日発売の『現代思想』、目次出てますね。特集は「新しい唯物論」。翻訳文献も充実していてたいへん楽しみです。ギャロウェイやサッカーは本邦初訳。いわゆる「思弁的転回」以後の現代思想の展開をつかむには必見の特集になってますね。http://t.co/M2vs
05-28 13:48

そう、『判断力批判』は岩波文庫版を持っておりましたが、熊野訳の存在はウラゲツで知って気になっておりました。美学上の最大の古典でもありますし、これは買っておくべきかも。
05-28 13:37



RT @Philo_Shinkan: 【本日発売】『判断力批判』(イマヌエル・カント著  熊野 純彦訳 作品社)【Amazon紹介文】「美と崇高なもの、道徳的実践を人間理性に基礎づける西欧近代哲学の金字塔。カント批判哲学を概説する第一序論も収録。」【Amazon】→ ht…
05-28 13:34

RT @jimbunshoin: 明日発売の『現代思想』6月号「新しい唯物論」特集に序章の翻訳が掲載される、アレクサンダー・R・ギャロウェイ『プロトコル』は弊社から刊行します(来年予定)。http://t.co/EZTaxB3LtX 原書はこちら→http://t.co/4zT
05-28 13:33

RT @Philo_Shinkan: 【本日発売】『現代思想 2015年6月号 特集=新しい唯物論』(青土社)【Amazon紹介文】「モノの只中でモノとして生きることの意味を根底から思考し得るマテリアリズム(唯物論)が大きな注目を集めている」【Amazon】→ http…
05-28 13:33

このテクスト、ゼーバルトがなぜ「記録」的な散文を採用し続けたかの理由として読める気がします。
05-28 13:24

RT @WG_Sebald: 「炎の餌食」「宿命の夜」「ごうごうと燃えさかる」「地獄がはじまった」「われわれは地獄を見た」「ドイツの都市を襲った怖ろしい運命」といった一連の表現が用いられるや、潰滅の極限における想像を超えた現実は生色を失ってしまうのである。(空襲と文学)
05-28 13:23

そろそろ『現代思想』最新号が届く頃。メイヤスー楽しみ。
05-28 13:19

RT @dessinatrice001: 「映画界のみならずオペラ、演劇界に決定的な影響を及ぼし、後世の文化人に未だ深い感銘と陶酔を与え続けるイタリアの名門貴族の血を引くルキノ・ヴィスコンティ。その美的原理を最新の美学によって徹底的に分析する」鈴村智久『ヴィスコンティの美学』h…
05-28 13:16

RT @dessinatrice001: Dieu n'existe pas encore(神はまだ存在しない)――現代思想において世界的注目を集めるQ・メイヤスーの神論に真正面から文学的応答を試みた表題作を含む、これからの時代の新しい文学。鈴村智久 『私たちの存在の墓で』 h…
05-28 13:16

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next