† Twitter †

06/05のツイートまとめ

tomoichiro0001

先日、グエルチーノ展と併せて鑑賞した常設展側で、最も印象的だった一枚。神秘的なauraを放っていました。未見の方は、ぜひ画廊にて。アンリ=ジャン=ギヨーム・マルタン《荊冠を被った女性(沈黙)》(1897)(門倉ユカ撮影) http://t.co/61iHTARdCS
06-05 23:22

RT @editions_azert: 近刊。ジャック・デリダ著/守中高明訳『赦すこと——赦し得ぬものと時効にかかり得ぬもの』未來社、6月30日刊行予定。ポイエーシス叢書63。《デリダの晩年の問題系のひとつでもあった〈赦し〉の可能性=不可能性のアポリアを緻密に展開した論考。》h…
06-05 15:25

RT @editions_azert: 近刊。『芸術の言語』ネルソン・グッドマン著、戸澤義夫訳、慶應義塾大学出版会、6月22日予定。http://t.co/LZJ0QiCwZP 《20世紀美学の最重要書、ついに訳出! アメリカ現代哲学者のグッドマンが、記号論の視点から芸術を統一…
06-05 15:24

RT @parages: >RT 眠りかけの半睡眠状態のほうが、起きているときより覚醒している、逆に意識して書いていると思っているときほど無意識に置かれる、という奇妙な逆説を述べていて面白いよね。ところでこれ、映画『デリダ The Movie』の未収録の一シーンらしく、なぜネッ…
06-05 15:24

RT @lethal_notion: 「脱構築の問題系」なんて題だが、「書いている時は自信満々だけど、眠る直前とか不安になる」とかいうすごい普通のことをデリダが語っている(笑)Derrida On The Problematics Of Deconstruction http…
06-05 15:23

RT @editions_azert: 《著者に確認したところ、『王国と栄光』は欠番だった第II部第4巻に変更され、『スタシス』が新たに第II部第2巻となったことが分かりました。…なお第IV部第2巻『身体の使用』は某社で翻訳が進行中のようです。》アガンベン「ホモ・サケル」。ht…
06-05 15:20

RT @dessinatrice001: 【お知らせ】現在、S/K Studioでは鈴村智久の著書を御購入いただいた読者様からのレビュー(御意見、御感想、批評など)を募集しております。どなたでもお気軽にお寄せ下さい。以下のリンク先から販売中の全ての作品リストが表示されます。h…
06-05 02:57

RT @dessinatrice001: 「飽くことなき女色に耽った十八世紀英国の放蕩貴族ロチェスターに我が身を仮託しつつ、果てしなくセックスを繰り返す青年の物語《BUTTERFLY SEX》等、 挑発的言語を大胆に駆使した性愛文学」 鈴村智久『黒アゲハ』(装訂/門倉ユカ)
06-05 02:56

RT @dessinatrice001: Dieu n'existe pas encore(神はまだ存在しない)――現代思想において世界的注目を集めるQ・メイヤスーの神論に真正面から文学的応答を試みた表題作を含む、これからの時代の新しい文学。鈴村智久 『私たちの存在の墓で』 h…
06-05 02:56

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next