† ファッション †

Yves Saint Laurentでニットを買いました。

Yves Saint Laurentでニットを買いました。

eyesyheuhya.gif


自分で服についての課題を色々決めていこうと思う。
ニットは買ったので、次はカーディガンだ。

イヴ・サンローランのカーディガンがガラージュ・D・エディットに幾つか並べられていたけれど、丈が長かった。
ガラージュだと、私はサンローランにしか関心がなく、あとはガラッと見回す程度だったが、やはり突出して素晴らしかったと思う(リック・オウエンスも素晴らしいレザーやニットがあったけれど)。

マックイーンの店員さんと多少の会話をしていて、ジャケット+カーディガン+シャツというスタイルで合わせるとベストだということを極めて親切に教えてくださった。
ただ、マックイーンにはデザイナーの死の影響もあって関心が強かったものの、カーディガンにも「スカル」模様が入っていたので、スカルにあまり関心のない私としては買うまでに至れなかった。
繰り返すが、イヴのカーディガンはディオールのジャケと合わせられないと思う(おそらく、カーディガンだけジャケからはみ出す)。
2010AWのディオールにはカーディガンが無かった気がするし、正直なところ今期のディオールにあまり惹かれないというのも相俟って、たぶん別のブランドで買うと思う。
その時は、ディオールジャケを着ていって、中に着ておかしくないカーディガンを選ばねば。

気になるのは、ヴィトンのカーディガンだ。
たぶんあると思うし、来月になると売り切れというようなことはない気がする。



4rtergerye.gif


サンローランのコレクションをGQでチェックしているが、スタイルとして「腰のラインで巻く」のが多いと思う。
私が買った↑のニットも、ほとんどコートくらいの長さになっている。
念のために2011SSシーズンのコレクションを見ても、やはりジャケでさえ腰のラインより下までの長さだ。

今、なんとなく予感したが、たぶんイヴで買い始めたら、イヴ以外では必然的に着丈の問題で合わしにくくなるのではないか。
ディオールジャケ+マックイーンカーディガンとかなら、まだしも。


w457w45u7y7w4.gif


服選びは難しい。
私の買ったこれも、最後の一着で、サイズは少し大きめだ。
本当ならぴったりサイズにしたかったが、店員さんがいうには、ニットなのでインナーの厚みを考えると少し大きいくらいがベストらしい。
元々、グッチでUOMO特集のVネックニットを買う予定だったが、私のサイズが完売+再生産見込み無しという人気ぶりだったのだ。
諦めきれずにガラージュでうろうろしていて、自然と足はサンローランに向かったわけだが、そこでもやはりカーディガンとニットの展開だった。

生まれて初めてサンローランで買った洋服なので、一生大事にしていきたい。
それにしても、カーディガンとニットがノンノやジョーカーでも目立つ季節になってきた。
私はジレ+シャツではなく、カーディガン+シャツへシフトしたい。


そういうわけで、次に必要なのはディオールのお気に入りジャケに合うカーディガンだ。
できればシャツは白で、カーディガンは黒、ジャケが黒、という組み合わせが良いとマックイーンの店員さんは教えてくれた。
カーディガンが白系統だと、そこだけかなり浮くからだ。

今のところ、カーディガン以外に必要なのは、新しい靴くらいしか思い当たらない。
サンローランのブーツを見たが、魔法がかかったように光り輝いていた(本当に輝いているのだ)。
あと、私以外の男性客も立ち止まって評価していたが、サンローランのメンズバッグが、やはり信じられないほど美しかった。
光り輝いているのだ。
一体、どういう加工をしたのだろうか。
雨が降って水がついたら一瞬で普通の色合いになるというなら、そこらのファストファッションと同じだが、サンローランなのでそのようなことは絶対にありえない。

足元と、バッグにおいて卓越化したければ、サンローランが最高峰だと思う。
あと、ガラージュでアンドメを少し探したが、見つけられなかった。
アンドメの小物を少し見てみたかったのだが。








Yves Saint-Laurent

イヴ・サン=ローラン(Yves Saint-Laurent、1936年8月1日 - 2008年6月1日)はフランス領アルジェリア出身のファッションデザイナー。または、彼の名を冠したファッションブランド。フランスが誇る世界的ブランドとなっている。

ココ・シャネル、クリスチャン・ディオール、ポール・ポワレらとともに20世紀のファッション業界をリードした。2002年の引退まで、トップデザイナーとして40年にわたり活躍し、「モードの帝王」と呼ばれた[1][2]。


プロフィール

生い立ち

イヴはフランスの植民地のオラン(アルジェリア)で、保険会社で働く中産階級の両親の家庭に、1936年8月1日11時15分に生まれた。

子供の頃パリに引越し、1953年17歳の時にパリのChambre Syndicale de la Haute Couture ファッションデザイン学校に入学。IWS主催のデザインコンクールのドレス部門においてカクテルドレスを発表し最優秀賞を受賞。 そのカクテルドレスの縫製はユーベル・ド・ジバンシーで、またその時の毛皮部門の受賞者はシャネルのデザイナーであるカール・ラガーフェルドであった。

ディオールとの出会い

この時の審査員であったVOGUEのディレクター、ミッシェル・デブリュノフは、無名の若い少年のポートフォリオを初めて見た時、新作として発表している友人のクリスチャン・ディオールと同じA-ラインの線を描くイヴに驚き、すぐディオールに紹介した。そして、独創的かつ想像力に富んだ彼のデザインは、ディオールに非常に強い感銘を与えることになる。

1957年10月、ディオールは自身のスタッフに「ここにある30のデザインはイヴの仕事に基づく私の最新のデザインであります。彼は特別な才能です。私は彼に認められたい」と言い、次のコレクションでイヴを連れ出すと言い出したという。彼のスタッフはイヴがまだ若かったので、「もう少し待たなければならない」と言った。

だが、それが同年のディオールの死によって現実のものとなる。イヴは21歳でディオールブランドを財政的な破滅から救うために主任デザイナーとなり、大きな力で仕事を始める。

「トラペーズライン」

1958年の、イヴのディオールにおける最初のコレクションにトラペーズライン(ブランコ線)と呼ばれるデザインを発表した。より広くより短く、裾の線がちょうど膝をカバーするくらいの台形のデザインを。秋のパリ・コレクションにはこのラインを採り入れたデザインの服を発表した。

新聞はその日一番大きな見出しに「イヴ・サンローランはフランスを救った。偉大なるディオールの伝統は続きます」と書いた。若いデザイナーのイヴがショーの最後にバルコニーに現れた時、群集から大きな歓声が上がった。イヴはディオールの為に6つのデザインを発表した。顧客は既に彼のデザインを崇拝していた。当時彼の多くの作品を買う顧客の中には、62歳のイギリスのウィンザー公爵夫人の名前もあった。

しかし1960年、アルジェリア独立戦争で戦っていたフランス軍に徴兵され、20日後に戦友の影響でストレスを被ったイヴはフランスの精神病院施設に収容される。そして神経衰弱のために、電気ショック療法を含む精神医学的な治療を受けた。

独立

1962年、神経衰弱の完治とともにディオールを去ったイヴは、芸術後援者で恋人のピエール・ベルジェ(Pierre Bergé)の出資により自身のレーベル「イヴ・サンローラン(YSL)」を設立、活動を開始する。


イヴ・サンローランのブティック(アメリカ・ビバリーヒルズ店)1966年、「イヴ・サンローラン」のプレタポルテ(既製服)ラインである「イヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュ」のブティックをパリに開設。イヴの最初のコレクションのミューズとしてフランス公爵の娘、ルル・ド・ラ・ファレーズ(Loulou de la Falaise)がモデルとして出演。その他にもアングロ・アイリッシュのモデル、ベティ・カトルー(Betty Catroux)やブラジル系でアメリカ外交官の父とフランスの装飾家の母を持つタリタ・ポル(Talitha Pol)、フランスの代表的な女優カトリーヌ・ドヌーブもランウェーに立った。

同年、カトリーヌ・ドヌーブの出演映画『昼顔』の衣装もデザイン。彼女は現在でもサンローランの香水や化粧品のイメージ広告モデルになっている。

1970年代後半から1980年代初期までブランドの紹介役を務めたのはイギリス・ロンドン社交界の名士であり資産家であったダイアン・キャサリー・ヴァンデッリ(Diane Casserley Vandelli)であり、ヨーロッパのジェット族(余暇を持て余す有閑階級)と上流階級に絶大な人気を得た。

1989年、ファッションブランドとしては初となる、パリ証券取引所に株の公開をする。1993年にパリで「デ・ドール賞」を受賞(デ・ドールとはフランス語で「金の指ぬき」を意味する)。

2001年には、フランスのジャック・シラク大統領よりレジオンドヌール勲章(Légion d'Honneur)三等勲章を授与される。 しかし同年には、自ら展開するプレタポルテ「イヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュ」がグッチ・グループによって買収される。

引退

翌2002年の1月22日に、パリでのオートクチュールコレクションを最後に引退。その後はマラケシュ(モロッコ)の家で殆どの時間を過ごしている。

同年10月31日にパリ・アヴェニューマルソーのアトリエが閉店。「イヴ・サンローランのオートクチュールメゾンは、彼以上の才能を持つデザイナー後継者を将来にも見つけることは不可能とし、歴史に幕を閉じた」とも言われた。しかし2004年3月10日、デザイナーがトム・フォードになって初めてのプレタポルテ「リヴ・ゴーシュ」のパリ・コレクションが発表された。

2007年、イヴは彼のF「utureSex/LoveShow」の為のジャスティン・バレーク旅行衣服をデザインした。同年12月6日、ニコラ・サルコジ大統領からレジオン・ド・ヌール勲章オフィシエ章を授与された。

死去

2008年6月1日、ガンのため逝去。71歳没。6月5日にパリで告別式が行われ、カトリーヌ・ドヌーブやサルコジ大統領夫妻ら800人が参列し、フランスだけでなく世界中のマスコミで大きく取り上げられた。

略歴(ブランド・会社組織)

1962年:オートクチュールメゾン「イヴ・サンローラン」ができる。
1966年:「イヴ・サンローラン」のプレタポルテラインである「イヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュ」のブティックをパリに開設。
1993年:サノフィ・ボーテ社に買収される。
1997年:男性服のディレクターにエディ・スリマンが就任。
1998年:ジーンズのブランド・サンローランを発表。デザイナーはエディ・スリマン。
1999年:ピノー・プランタン・ルドゥート(PPR)社がサノフィ社を買収。PPR社は、イヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュ及び香水部門をGUCCI社に売却。ただし、イヴ本人とオートクチュール部門はPPR傘下として残る。
2000年:リヴ・ゴーシュの婦人服デザイナーであったイスラエル人アルベール・エルバス(Alber Elbaz)が辞任。続いて、男性服のディレクターであったエディ・スリマンが辞任。
2001年:2001年S/Sよりリヴ・ゴーシュのデザイナーにトム・フォードが就任。
2002年:イヴ引退。これによりオートクチュール部門は閉鎖。リヴ・ゴーシュのみの展開となっている。
2004年:フォード辞任。
2005年:ステファノ・ピラーティがクリエイティブ・ディレクターに就任。

主なブランド名

Yves Saint Laurent rive gauche

評価

有色人種のモデルの起用

生前、親交の深かったナオミ・キャンベルは「彼はファッションの王様だった」と語っている。また、イブが亡くなった際に「私が彼に『イヴ、私は仏版ヴォーグ誌の表紙になれないわ。黒人の女の子を起用しないみたいなの』って言ったら、彼は『僕にまかせておいて』って答えてくれたの」というエピソードを明かしている。実際に後日、ナオミは黒人モデルとして初めて仏版ヴォーグ誌の表紙を飾った。

このことから、「彼はプレタポルテを生みだし、初めてランウェイに有色人種を起用した。私のキャリアにおいて、極めて重要な人物よ。初期の仕事のひとつを与えてくれた人でもあるの」と感謝の言葉を述べている[3]。

ナオミ以外にも初期の黒人スーパーモデル、ムーニアはフランスのラジオ局のインタビューに対し「彼のおかげで、肌の色に対する誇りをもつことができた」とコメント。アフリカ出身のダイヤ・グェイェもイブの協力によって国際的なキャリアをスタートすることのできたモデルの1人であり、「彼は天才だった。世界全体にとって大きな損失よ。兄というよりも、父のようだったわ」と死を悼んだ[3]。

脚注・出典

^ MODE PRESS (2008年6月2日). “仏ファッション界の巨匠イヴ・サンローラン氏、死去”. 2009年1月16日閲覧。
^ MODE PRESS (2008年6月2日). “「モードの帝王」サンローラン氏死去、各社トップのコメント”. 2009年1月16日閲覧。
^ a b MODE PRESS (2008年6月3日). “モデルのナオミ、サンローラン氏は「有色人種を支えてくれた」と感謝”. 2009年1月16日閲覧。


※ 出典/ウィキペディア

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next