† 美術/アート †

ジョージ・コンドの「顔」の変容における<アニマロイド>の兆候について

jfjfjf.gif


  by George Condo


顔は身体の中で最も変容を来たす場所である。
顔という場所が持つ記号は常に変化し続けている、変化し続けているということが顔の表象における第一の特性である。
我々が知っているだけで、20世紀後半においてだけでも「顔」の極端なデフォルメに関係している画家が三人いる。
例えばレンブラントの描く肖像画における顔のデフォルメはその強度において弱い。
それは私に「異常性」を感じさせない。
異常性を感じるほどの、すなわち際立って顔に対して画家自身が攻撃を加えている画家として真っ先に引用すべきは、やはりアルチンボルドであろう。



アルチンボルドの系統に属する画家として私が考えているのは、先述した三人のフランシス・ベーコン、ジェニー・サヴィリー、そして今回紹介するジョージ・コンドである。



ちなみに私は彼の存在を『huge』で知った。
『huge』とはそういうファッション誌である。



gigigi.gif


思うが、コンドの場合は「変容」というと不正確である。
彼の顔は、注意深く見ると、その幾つかは明らかに「動物の頭部」と「人間の頭部」の「キメラ的な合成」によって生成している。
シスターと猪。
壮年の男と駱駝。
若い女性と狸。
どれもがウェルズの描いたあの悪夢の島の住人のようではないか。
事実として、そのような顔が描かれている。





xdghxdfghxfgh.gif



では、何故そのような顔を描いているのか?
この絵に現代文明の何を象徴化しているのか。
などと、穿つつもりは私には無い。
私が把捉したのは、この絵が先述したように、単純な視覚上の錬金術によってアニマロイドを創造しているということだけである。
それは一日目はシュールに感じるが、三日目になると飽きる。
ベーコンやサヴィリーの有する「衝撃性」も同様で、総じて衝撃的な画家に対する私の感情は、常に熱し易く冷め易いのである。
更にいうと、コンドは「狂度」においてベーコン、サヴィリー、アルチンボルドよりも弱いのである。



fghxfghxfghfgh.gif



jhcfgjhcgfjh.gif


dgdgsdgsdrrgdr.gif
関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next