† Twitter †

09/05のツイートまとめ

tomoichiro0001

RT @dessinatrice001: 「ボルヘス文学の遺産を受け継いだ著者が〈来るべき文学の可能性〉を提示した恐るべき恋愛小説。都市で生きる男と女の偶然の出会いを通して、緩やかに〈存在〉の迷宮が可視化していく」鈴村智久の最新作『アニエールの水浴』(装訂/門倉ユカ)http…
09-05 20:06

ちなみに、『アニエールの水浴』で登場する青年がバルザックについて語る箇所は、私自身の彼へのリスペクトの表れだと思います。バルザックは作品を執筆中、書かれた世界に極めて深く没入し、その中を「生きる」ことができた稀有な作家でした。ヘンリー・ジェイムズが敬愛したのもこの特質ゆえ。
09-05 20:05

八月は夏だけあり、プールサイドを舞台にした恋愛小説『アニエールの水浴』(個人的にもお気に入りの一作)の売上が伸びたのが嬉しかったです。カバーレイアウト担当の門倉ユカ様も尽力して下さったので、こうして読者様が増えていくのはありがたいことです。
09-05 19:49

ちなみにSR文学特集の前に、現在編集作業が進んでいる詩集が近日中に刊行されます。前作『薔薇苑』は恋愛詩集でしたが、今作は「来るべき神」やエクリチュールそのものをテーマにした詩や詩論を収録しています。どうぞよろしくお願いします。
09-05 19:42

現在執筆中のハーマンのOOO(オブジェクト指向存在論)を基礎コンセプトにした小説も、SR文学特集として後に収録予定です。SRは文学においていかに応用可能か、それがこれからの大きな課題の一つ。
09-05 19:36

RT @dessinatrice001: 「他の人間が、たとえそこに十全に現前していなくとも私に何か合図をするのは確かだが、林檎や紙やすりのような、感受性を持たない存在の深みを、私が決して汲み尽くし得ないこともまた確かなのである」グレアム・ハーマン「第一哲学としての美学」
09-05 19:32

RT @dessinatrice001: 「あらゆるオブジェクトは、他のものから隔てられた真空パックの孤立の中で存在しているのだが、それぞれのオブジェクトの内部はけして空虚なものではない――すなわち、その内部で起こっているのは、渦状の感覚的なエレメントのカーニヴァルなのである」…
09-05 19:32

『絶歌』何が読み取れるのか/斎藤環さん:朝日新聞デジタル「文学的な印象を残す表現が多いですが、象徴的表現をたくさん使うのは健全化の証拠なんです。再犯を抑止する意義はあると思います」 http://t.co/r6IHTmhLeF
09-05 13:38

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next