† Twitter †

09/14のツイートまとめ

tomoichiro0001

先ほど、彼女に話すと落ち着いてきました。それまでジェイムズのダヌンツィオ論を読もうとしていましたが、文字が泳いで読めなかった。皆様も不審な人には気を付けて下さい。
09-14 22:10

だから別の出口から出たのですが、今でも胸の動悸が辛いです。帰る間際に追いかけてくる気がしたので何度か振り返りましたが、おそらくまだ店内にいた。日常に不意に侵入してくる「不穏なもの」というのは、実際に体験すると異様な感覚に襲われます。何か得体の知れないものを感じてしまった。
09-14 21:28

思ったら、小さな声で「...プしてくれませんか?」と言われ、よく聞こえず聞き返すと、「あの...レイプしてくれませんか?」と口にしました。私は一驚すると同時に危険な雰囲気を感じてその場を離れましたが、会計を済ませてスーパーから出ようとすると、その人が扉口でうろうろしていました。
09-14 21:24

このような日常で起きる瑣末な事柄について書くのは半ば憚られるのですが、実は今日、私が普段よく行くスーパーで海鮮物を探していると、突然エメラルドグリーンのシャツを着た若い女性が「すみません」と、驚いたような表情で声をかけてきました。何か食べ物の場所でも探しているのかな、と
09-14 21:19

RT @dessinatrice001: ヤン・ファーブル、入沢康夫、ジルベール=ルコントなど、今日もラディカルな議論を呼び覚ます危険な詩人たちのテクストを分析しつつ、詩作を通して〈来たるべきエクリチュール〉を召喚する革新的な批評詩集。鈴村智久『神のhttpステータスコード』h…
09-14 11:44

RT @dessinatrice001: なぜ愛は詩の形式に至るのか? 〈貴族〉、〈薔薇〉、〈輪廻転生〉、〈オペラ〉など様々な詩的概念を駆使して愛の迷宮を生成させた、鈴村智久による二十三篇の魔術的な恋愛詩集『薔薇苑』。ドゥギー、デリダ、ヴァレリーについての詩論を併録。 htt…
09-14 11:44

RT @amaebooknew: HTTP STATUS CODE OF GOD: 神のhttpステータスコード <鈴村智久> が、Kindleストアで販売開始されました。http://t.co/0dHq32mOvT
09-14 11:43

RT @queequeg: そういえばジジェクのまたなんかやたら分厚い本が訳されてて、「主著」とか謳ってるんだけど(Ticklish Subjectじゃなかったのかよ…)分厚すぎるのでまず読まないとは思うんだけどinterludeとしてヘンリー・ジェイムズ論!が入っていた。そこ…
09-14 11:14

RT @yumebleu: 猫と並んでソファに座り本を読んでいました。ちょっとだけと読み出した本がやめられず、夕暮れが迫ってもう7時です。ヘンリー ・ジェイムズの「大使たち」だんだん面白くなってきました。
09-14 11:11

RT @uuaaai: ヘンリー•ジェイムズを好まない人に会うのは寂しい。世界的な最高の小説世界のひとつというのに。入りやすい適切な作品に出会っていないからか。いつも中編『荒涼のベンチ』を勧める。岩波文庫の短編集の最後にも入っているので、手頃。
09-14 11:11



RT @demi_maroquin: 最近の高山宏先生は、ヘンリー-ジェイムズをよく引き合いに出すのが非常に興味深い。HJ だけで3回の講義をやってほしい。
09-14 11:08

RT @mariatiaraymond: ヘンリー・ジェイムズという作家をどうして私はこれまで眼中に入れてこなかったのだろう?ゾラやハーディと3歳しか違わないのにあれだけ当時としては前衛的な小説を書いてプルーストやウルフに多大な影響を与えた作家なのだぞ。「ある夫人の肖像」と後期…
09-14 11:05

中でも最近、本腰を入れて読みたくなっていたのが、ジェイムズ文学の中で最高峰の完成度と文体力学を誇る『使者たち』(The Ambassadors)。早速、第一部第一章まで読みましたが、訳文も研究者から高評価だけあって非常に素晴らしい。 http://t.co/dlso9WnXYE
09-14 05:22

昨日、ヘンリー・ジェイムズ作品集(国書刊行会/全8巻)を手に入れました。ジェイムズは私がその文体の様式美、心理描写の丁寧さ、作品の忘れ難い印象において最も敬愛する20世紀文学最大の巨匠の一人。ドゥルーズ棚の下に並べてみました。 http://t.co/US1IYfSSqu
09-14 02:35

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next