† Twitter †

09/19のツイートまとめ

tomoichiro0001

ボルヘスが『バベルの図書館』シリーズに収録しているジェイムズ「友だちの友だち」は、何度も映画化されている『ねじの回転』と同時期に書かれた重要な作品(ヒロインと似た語り手が再登場)で、非常に神秘的で謎めいた物語です。
09-19 20:19

昨夜はメイヤスー論文を再読。話題のブラシエのニーチェ/ドゥルーズ論「絶滅の真理」はもうすぐ読了。
09-19 20:15

RT @dessinatrice001: 「神はもはや歴史の脚光を浴びていない。しかし死ぬ前に彼は二つの神的な手を打っていた。まず〈主体〉という明瞭で凝集的な形態として個々人の内的な聖地へと移住した。その一方で自然の無限の外延として、彼自身を〈対象〉として外在化した」E・ヴィヴ…
09-19 16:23

RT @dessinatrice001: 「思考すること、それは、死が最も悪いものであると知りながら、そこへと引き返すことである。そうでなければ、いったいどうしろというのだろうか」Q・メイヤスー「減算と縮約」
09-19 16:23

RT @dessinatrice001: 「哲学者が(生成のカオス、あるいは能動的生成の担い手としての)communicateurに直面するとき、密かに(生命を能動的生成から保護し、穏やかな死を約束する)préreになることを望まないなどということがあるだろうか」Q・メイヤスー…
09-19 16:23

RT @dessinatrice001: 「発明し、創造する以上、ひとはカオスへと向かうのであるが、カオスと実際に合流すること以上に忌避されることは何もない。我々は創造する傾向を支配するカオスへと絶えず接近しなければならないのと同時に、カオスへ陥ってしまうことを絶えず防がねばな…
09-19 16:23

RT @dessinatrice001: 「ドゥルーズによれば、真に思考することは困難であるばかりか稀なことである。何故ならそれは、生命がカオスへと生成するという危険をおかすこと、生命が無限にクリエイティブなものに生成するという危険をおかすことなのだから」Q・メイヤスー「減算と…
09-19 16:23

RT @dessinatrice001: 「物質への生成とは、全宇宙のあらゆる運動、ノイズ、匂い、風味、光が我々に、ある瞬間に一度に訪れることである。ゆえに(communicateurタイプの)死としての無は単なる空虚ではなく、存在のおぞましい過剰として理解されねばならない」Q…
09-19 16:23

RT @dessinatrice001: 生命には二種類の死がある。一方で幽閉、すなわち遮断の環の漸進的な縮小による死(prére〔司祭〕タイプ)があり、他方で消散すなわち環そのものの漸進的消失に由来する死(communicateur〔情報伝達者)タイプ)がある」Q・メイヤスー…
09-19 16:23

RT @lunar_shirayuki: 蕪島神社かと最初勘違いしたけど、確かに漁港近辺だけは結構崩壊してたからなぁ。海を越え無事に見つかって良かったね! http://t.co/McfxYq2geS
09-19 03:59

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next