† Twitter †

09/21のツイートまとめ

tomoichiro0001

物語的なエクリチュールは実は書く主体の感覚様態と深く連動していて、本来は蛇足に過ぎないはずのメタファーから新しい物語の種子が発芽したりする。つまり自己のテクストの生成における予想外の要素こそが、実は後の物語において「散種的」な関係を結ぶことがあります。同一の種は二度実らない。
09-21 22:47

画家が一枚の絵を描くためにディテールに細やかな注意を払い、細部の充溢からやがて一つの統一された世界の像を提示するように、小説も本質的には細部にこそauraが宿る。プルーストもグラックも、なぜあれほど綿密に譬喩表現に意匠を凝らしたか、その理由が今少し分かります。
09-21 22:42

長い物語を一章、また一章と書き足し、その中での主人公の息遣いを感じられるようになってくると、やはり楽しい。日々生きる中で書き足された一文字一文字のテクストの堆積に不思議な安心感を覚え、とにかく何らかの文字を紡いで物語をゆっくりでも続けたくなってくる。やはり小説は書くのが最高です。
09-21 22:38

小説原稿、順調に原稿換算で75枚に。SRに対して私が抱いているどこかミステリアスなイメージが根にあって、それを私なりに物語として悪夢的に再編成している感じでしょうか。やはり不安や不気味さを感じさせるモートン・フェルドマンのピアノ曲が執筆中によく合うBGMです。
09-21 22:34

RT @lunar_shirayuki: こんな写真もあったね http://t.co/6c12WTGNai
09-21 22:29

RT @lunar_shirayuki: 恋人と一緒に暮らし始めて一年半になるけど、今だに手を繋ぎながら眠ってる
09-21 11:50

昨日は良い休日でした。洋服を買いに出かけたり、遊歩道を散歩したり、読みかけのSR論文を読み終えたり、眠る前に彼女と家族のことや安保法案について色々話し合えたり。こういう日常生活の平穏なリズムが実は一番大切です。
09-21 11:29

RT @omnivalence: ところで、強い相関主義批判の立場を採るメイヤスーが、相関主義に徹しつつそこから抜けると言っているとき、どう徹してどう抜けるつもりでいるのか、考えてみる必要があるな。。
09-21 10:13

RT @omnivalence: 流動の遮断は流動の線に沿って移動しなければならない。(『減産と縮約』メイヤスー)。 離接的な経験、すなわち経験の項と項がバラバラで連続しないことだけを伝統的経験論は強調するが、ジェイムズは経験の項から項への連接的な推移を、それじたい経験として捉…
09-21 10:11

RT @lunar_shirayuki: 彼氏と洋服の買い物に行ってきて今からケーキをいただきます❤
09-21 09:28



RT @dessinatrice001: 「一塊の物質は、どんなに微小なものであっても無限の情報を含むと考えられる。だが身体は、それをinterruption(遮蔽)することでfinitude(有限性)を獲得する」Q・メイヤスー「減算と縮約」
09-21 00:16

RT @dessinatrice001: 「科学に、事物の状態、すなわち流動の状態を記述し思考する役割が与えられているとすれば、哲学には、潜在的生成を記述し思考する責務が残されているだろう」Q・メイヤスー「減算と縮約」
09-21 00:15

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next