† Twitter †

10/07のツイートまとめ

tomoichiro0001

『群像』で今月号から連載されている熊野先生の『判断力批判』入門は、「美」を「目的なき合目的性」として捉えたカントを分かりやすく読み解きながら、「直感的判断」の上で成立する自然美の豊穣さを改めて再評価する内容で、評価が高い熊野訳カント批判書への素晴らしいプレリュードになっています。
10-07 19:32

ノーベル文学賞に関しては、本人も辟易しているお馴染みの方よりも、危険な紛争地帯や貧困下で生き延びながら人間性の快復のために命懸けで文学に尽くしているような方にこそ贈って欲しい。そこは文学賞も平和賞と同じく、世界文学〈界〉内部のバイアスよりは政治性を重視して良いと思います。
10-07 17:32

改めて感じるのですが、日本人ノーベル賞受賞者の数は人口比で考えた場合、やはりアジア圏でも突出している気がします。日本人の勤勉な民族性が、地道な研究の蓄積に対して高い評価を与えるスウェーデンアカデミーの方向性とも合っているのでしょうか。文学賞以外の分野の方が、むしろ希望を感じます。
10-07 17:25

これは私の持論ですが、実は小説はプロ作家よりも「作家を目指したり、同人活動をしている有志」の荒削りの作品の方が面白かったり、こちらの創作意欲を異様に掻き立てるケースが多いのも事実です。一般書店には並ばない分、稀少価値も高い。だから私は自分も含め、彼らを応援しています。
10-07 12:11

その代表例はKDPです。これによって、「書いても浮かばれない作品」というのは原理的には消えました。たとえ何年か黙殺されていても、数十年後に新たにキュレーションされる可能性は常にある。フォーマットさえ生きていれば、作品は百年後にも読まれ得る。私は長いスパンでこれらを眺めています。
10-07 12:05

皆様も御存知のように、専業作家として経済的にも安定している方は非常に稀です。私自身、筆一本での生活は初めからリスク要因が多過ぎて視野に入れていません。むしろこれからの時代で重要なのは、「表現したい」という欲求とそれに見合う対価が生まれるフォーマットに自分を乗せることだと思います。
10-07 11:55

あと、以前利用していた幾つかの小説投稿サイトでも、固定ファンの読者層が常にいる状態だったというのも大きい気がします。プロの芥川賞作家でも収入が不安定な今の時代で、私のように半ば趣味の副業で多くの読者様に恵まれているというのは本当にありがたいこと。
10-07 11:42

私の場合、長年運営している「鈴村智久の批評空間」の認知度が読書家ユーザー層の間でけっこう高くなって、いつの間にか哲学・思想ブログランキングでも総合2位になっていたという経緯があるから、AmazonでKindle本を販売し始めても一定の販売数を確保できているのかもしれません。
10-07 11:32

ちなみに、私が最近ブログを書かないのには以下のような理由があります。⑴Twitterの方が時間をかけずに気軽に書ける⑵ブログの無料記事の場合、労力に見合う対価が得られない⑶ブログサービス自体がいつ終了になるか不明な有限なサービス以上は個人的な意見で、無論メリットもあり。
10-07 11:27

検索方法を少し変えると、「鈴村智久の批評空間」からの参照ツイートが続々と見つかって、改めてブログの存在意義を感じました。Twitterはタイムラインに乗れる点、ブログはタイムラグ前提で届く点がメリットかもしれませんね。
10-07 11:20



RT @solitaryisland_: 偶然にみつけた「孤島性」という概念と絵についてかかれたブログ。その中にこう記されていた…「孤島性」――ある大通りで、不意に意識の深奥から静かな島が生起する瞬間、その性質。http://t.co/JZfHCRCA0c
10-07 11:11

RT @Tfd_sz: 「苦とは、美の本体が身体の内に入ることである」 ――シモーヌ・ヴェイユとミシェル・アンリの思想をめぐって http://t.co/JsoCk80fhB
10-07 11:11

RT @chiatarou: ラース・フォン・トリアーの『メランコリア』における「アダムの家」の描写についてーーM・エリアーデ、J・リクワートを参照軸に http://t.co/2TBpmokBQy
10-07 11:11

RT @KoichiWAKUI: @8azuki なるほどね! ぼくは美術館で骨董を鑑賞するまなざしが、美術館で映像を鑑賞するまなざしと入れ子構造になっていて、面白いなーと思ったよ。「イメージは鑑賞者なしには成立しない」ってフィオナ・タンが言っているらしいよ。http://t.…
10-07 11:10

RT @rose_fierte: Black Rococo(ブラック・ロココ)の世界 http://t.co/KXwXoA86Dpロココの時代に黒は忌避されていたという話を聞いていたけれど、着てはいけないわけではないのね。
10-07 11:10

RT @saa_takumi: フーコーの取り上げる空虚な空間に対する広場恐怖というのが気になった。文学や地理学からWebまでの拡張された空間概念における歪みについて。キリコやホッパーの絵画を参考事例として、面白い内容。http://t.co/uCDa4fdJ0x
10-07 11:09

RT @passiflora_24h: 神秘的な夜の海岸を描いたベルギー象徴主義の画家、レオン・スピリアールトの世界 http://t.co/inPd95qhi2 これ、先日もリンクしたけどもう一度。好きな人はたまらなく好きな世界でしょう
10-07 11:08

RT @itikomirugu: ジョルジュ・アガンペンの「開かれ」の非常に優れた解説ページを見つけた。なぜ、今「動物」が重要か?ーー動物の存在論的なステータス、あるいはドゥルーズの「マイノリティへの生成変化」についてーージョルジョ・アガンベン『開かれ』の世界http://t…
10-07 11:08

RT @Qua_moon: 入沢康夫さんの「ランゲルハンス氏の島」読みたいなー 初版1000部、復刻版200部しかないみたい 古本で3万円………… このHPでバルテュスの作品と並べてあるのは挿絵に使われてるってこと??http://t.co/y7F89a7lj6
10-07 11:07

RT @gc_cic: 宮廷人たちの仮面の体制ーーノルベルト・エリアス『宮廷社会』(2) http://t.co/aeeeuM4bhO 面白い読み物ですね。
10-07 11:06

RT @clouddance2020: http://t.co/XtIL9xSfWqドゥルーズのアンソロジーと解説。氾顔論とかGoogleやネット社会を人間知の神経系と見抜いていた先見性などが、興味深い。
10-07 11:06

RT @lunar_shirayuki: Brian Eno & David Byrne - The Carrierhttp://t.co/IasUE78Y6Y
10-07 00:51

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next