FC2ブログ

鈴村智久の研究室

表象文化論、美学の研究者鈴村智久です。哲学・思想ブログランキング総合2位。

10/16のツイートまとめ

Posted by 鈴村智久 on   0 comments   0 trackback

tomoichiro0001

ジュリアン・グラックの『アルゴールの城』も陰鬱な幽霊的気配に覆われていますが、彼の場合メタファー〉プロットなので実は物語構成上の怖さは抑制されている。他方、ジェイムズはメタファー〈プロットタイプの作家。必要以上に譬喩を散種せず、あくまでストーリーラインにしっかり乗せる。
10-16 19:39

『ねじの回転』の映画化作品は『回転』からマーロン・ブラント主演の作品や『アザーズ』まで4作ほど観賞しましたが、言うまでもなく原作が最も怖ろしく美しい。冒頭の、皆で古い館の暖炉を囲って幽霊談に耽る場面からして既に得体の知れない不気味さを感じます。
10-16 19:34

『ねじの回転』を久々に再読。蒼色のワンピースを着たブロンドの髪のフローラが幽霊の蠢く廊下を愉しげに踊る場面で、思わず嘆息した。やはり文学は再読する度にイメージがその都度更新されている。
10-16 19:28

RT @amaebooknew: Danaïs: ダナイス <鈴村智久> が、Kindleストアで販売開始されました。http://t.co/ZRdiqpKvC7
10-16 16:37

関連記事
スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://borges.blog118.fc2.com/tb.php/2410-1096d8fa