FC2ブログ

鈴村智久の研究室

表象文化論、美学の研究者鈴村智久です。哲学・思想ブログランキング総合2位。

11/05のツイートまとめ

Posted by 鈴村智久 on   0 comments   0 trackback

afterfinitude01

ただ、映画内でカモッラに誘い出された青年二人組が殺されたのは彼らの判断の甘さだと思います。普通、街路から離れた砂丘地帯に誘導されている場合、「裏の事情」があると勘付くもの。私が同じ立場なら傀儡をまず動かせると思う。ただ彼らは仲間入りしていても内部で暗殺されていたでしょうが。
11-05 20:05

実際、『ゴモラ』ではカモッラ幹部が標的に手附金を用意した上で架空の標的を殺すよう依頼して、そのアジトでカモッラ構成員によって返討ちする方法を採用しています。こちらの方が第三者に依頼するより安上がり(手附金=依頼費と考えれば)で機密上も安全かつ合理的な気がする。
11-05 19:57

最近、マフィア映画や監獄映画をよく観るのですが、この手の映画に付き物の依頼を受けて動く職業的な「殺し屋」はコスト的、及び組織間のセキュリティ維持面で問題あるような気がしています。立場に不安定要因の多い殺し屋を雇うよりも組織内で暗殺専門のグループを予め用意していた方が合理的。
11-05 19:52

映画『ゴモラ』(カンヌ国際映画祭審査員グランプリ)観賞。本当の意味でイタリアマフィア、巨大麻薬密売組織カモッラの実像に迫る作品。コーエン兄弟のマフィア映画が子供っぽく感じるほどシリアスで苛酷な現実を淡々と描いたマフィア映画の至宝。 https://t.co/p96Ont90RD
11-05 19:46

RT @lunar_shirayuki: そういえば、倉橋由美子の『パルタイ』『聖少女』と読んでて、『ポポイ』は未読だった…
11-05 04:22

RT @lunar_shirayuki: パクチー好きが高じて栽培したいくらい(´-`)
11-05 04:21

関連記事
スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://borges.blog118.fc2.com/tb.php/2430-6ea1727d