† Twitter †

11/10のツイートまとめ

afterfinitude01

ドゥルーズが『フーコー』で述べている、言説は常により少ないという点は非常に興味深い。テクストは常に実際に書かれたテクスト以下の情報しか発信できない、とも言えるでしょう。だからこそテクストは本質的に稀少であり、同時にいかなる平凡さを備えていても常に独創的であり得る。
11-10 20:38

昨夜はドゥルーズの『フーコー』の素晴らしさに賦活され、原稿が加速して85枚に。エクリチュールに携わる全ての人に読んでもらいたい宝石のようなテクストです。
11-10 20:34

ヴィゴ・モーテンセン『約束の地』は不思議な映画でした。自然美を愉しめるようなカメラワークが多いのですが、ラストの展開があまりにもエキセントリックで驚きました。ヴィゴはきっと、西部劇的な世界に審美的価値を見出すタイプの映画人だと思う。 https://t.co/sDcH1DQgpR
11-10 20:29

RT @swiftiana: 今回『群像』に載せた評論では、まさに「生まれている/いない」とか「終わっている/いない」という問いへの答えを留保することで『トリストラム・シャンディ』は成り立っている(&いない)という分析をしたつもりです。
11-10 15:48

RT @swiftiana: 『群像』12月号に、ローレンス・スターン『トリストラム・シャンディ』に関する評論を寄稿しました。奇書中の奇書とされるこの作品、全部読み通すのはなかなか大変なので、面白いところのダイジェストとしても読めるように書いたつもりです。https://t.c
11-10 15:48

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next