† Twitter †

12/08のツイートまとめ

afterfinitude01

RT @lunar_shirayuki: 愛聴していた10代の頃を想い出した。Dead can Dance-Into the LabyrinthからThe Ubiquitous Mr. Lovegrovehttps://t.co/G6mVdhNSjQ
12-08 22:33

2位に『日常に侵入する自己啓発』も入れておきます。こちらも素晴らしい研究でした。
12-08 20:48

@mundum_ipsum こんばんは。レスに感謝します。ヴィヴェイロスの本はまだ『食人の形而上学』と『インディオの気まぐれな魂』しか持っていないのですが、前者ではパースペクティブ主義が文体の強度を断続的に賦活している気がしました。「無限の横滑り」、まさにそうだと思います。
12-08 20:41

RT @mundum_ipsum: @afterfinitude01 突然失礼します。「思考の方法論」および「あいだへ向かう癖」について、全く納得しました。彼が論じる「翻訳」もそうですよね、「翻訳」は常に多重「翻訳」であるような。無限後退ならぬ(僕の語彙では)「無限の横滑り」だ…
12-08 20:35

私が今年読んだ知的興奮に満ちた論稿ランキングなら、こうかな。ほぼSRに集中していますね。1位/グレアム・ハーマン「代替因果」2位/カンタン・メイヤスー「亡霊のジレンマ」3位/カンタン・メイヤスー「潜勢力と潜在性」
12-08 20:35

もうすぐ2015年も終わりますが、今年の私のBest本3冊はこんな感じ。(雑誌掲載論文は除外)1位/エドゥアルド・ヴィヴェイロス・デ・カストロ『食人の形而上学』2位/金岡秀友『般若心経校注』3位/諸星大二郎「不安の立像」
12-08 20:30

RT @onaishigeo: 例えばこれ。「新古典主義の理論を代表するブロンデルはまた、建築を「男性的なもの」と「女性的なもの」に分別し、それぞれに特徴的な形態的性格を賦与している|〜鈴村智久の批評空間〜 https://t.co/hJdkvLIFCs
12-08 20:19

これからは男/女の二項対立も科学的に脱領土化されていく模様。ドゥルーズは人間にはn個の性があると言及していましたね。「完全な“男脳”と”女脳”は ほぼ存在しないことが判明(イスラエル研究)」 https://t.co/qMmdRzoyCT
12-08 16:16

RT @consaba: 筒井康隆「皆さんね、一生のうち一度は小説を書いてください。エンターテインメントと純文学を区別しないで書いていますから、それぞれの作家希望者やプロの作家はさらなる高みを目指して書いて欲しい」 『創作の極意と掟』https://t.co/Zo6yw5U2w7
12-08 14:18

ただ重要なのは、『食人の形而上学』がdevenir-jaguar(ジャガーへの生成)とdevenir un jaguar(あるジャガーになること)を峻別する点。外観を模した「獣人」よりも、内在性における相互的な変容が重視されます。「動物との新しい対話」への開かれ。
12-08 05:24



ル・ブランの依拠する17世紀当時の観相学は、「獰猛な肉食獣のような顔をした人は性格もそれに近い(内面は全て外化する)」という疑似科学的(当時は最先端の科学)なものですが、ヴィヴェイロスとの相関で重要なのは「異種混淆」的なその生成変化の揺らぎを描出した点でしょう。
12-08 05:14

『食人の形而上学』10章「生産がすべてではない」のp234-5で言及される「悪魔的縁組」から思わず想起した怪物の形象。17世紀後半に過去の「動物観相学」を集大成した画家シャルル・ル・ブランによる《観相学スケッチ》(『アベラシオン』) https://t.co/sMiNIHj0Cu
12-08 05:07

関連記事
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next